2016年 04月 26日
Le clavecin bien tempéré de J.S. Bach
久しぶりに、ハイドシェックの新譜が発売されました。
POLYMNIEレーベルサイト(フランス語)
(注:現在、CDの紹介が載っているだけでまだ注文できる状態になっていないようです)


レーベル公式サイトからもまだ手に入らないようなレアモノですが
ハイドシェック本人より一足先に現物をプレゼントして頂いたので
プライヴェート写真にてみなさまにご紹介(笑)。



CDジャケット表紙
c0086674_20291653.jpg

写真は2013年の日本ツアーで撮影されたものです。
コンサートに行かれた方の中には、
あそこだ!ピン!と来る方もいる事でしょう。

独特の前傾姿勢での演奏の様子が
自然光の中で捉えられています。



CDジャケット
c0086674_203419.jpg

詳しい内容が掲載されています。
今回のプログラムは、
バッハ:平均律クラヴィーア曲集第2巻より、12曲抜粋

公式な曲順ではなく
ハイドシェック自らが選んだ調性感で
プログラムは進みます。

piano: Eric Heidsieck
prise de son et montage:Gérard Durantel




CDジャケット中開き
c0086674_2042214.jpg


CD1枚と、フランス語と一部日本語で翻訳された説明パンフレットが入っています。


今回の録音はハイドシェックにとって特別な意味がありました。
あえてその詳しい内容はここには書きません。
実物を手にとってパンフレットを読んで、録音を聴いていただくのが一番です。
ハイドシェックのバッハは、他の誰とも違う!それだけここで名言しておきましょう。

今回、パンフレットは私が日本語翻訳をしました。
この大切な録音に、ハイドシェックの名と共に私の名前もパンフレットに入れて頂けたこと、それをとても大事にしたい。
この数年なかなか大変な思いをしてきたハイドシェックの言葉を私なりに心込めて翻訳したつもりです。
人生は時に荒波。戦って戦って、乗り越えてこその優しさをハイドシェックは持っています。素晴らしい人です。



【ちょっと番外編】
頑張ってバッハを一生懸命練習したご褒美に...(笑)なんちゃって。
c0086674_2055452.jpg



山盛りのフロマージュプレートに、ご満悦のハイドシェック。
フランス人はやっぱりチーズが大好き。
なんでも、現在フランス全土で1200種類以上も作られているそうです!

この日は、パリの老舗レストラン
Le Taillevent にて
ハイドシェック旧知のご友人の方と共にシックなディナーを味わいました。
普段着のお手軽カジュアルなパリもいいけど
時にはこうして本物も知っておくべきと感じたひとときでした。



**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2013
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音

[PR]

# by moncheminparis | 2016-04-26 21:22 | ハイドシェックの録音
2016年 02月 22日
Des musiciens dans la guerre
昨日から二週間の冬休みに入りました。
ちょうど良いタイミングで音楽院の同僚たちが我が家の近所でコンサートをすると言うので、
友人と誘い合わせて聴きに行ってきました。

c0086674_2016225.jpg

Des musiciens dans la guerre
戦争と音楽家達



チェロのLaurence(中央)とクラリネットのEmmanuelle(左端)が私の同僚です。




テーマは第一次世界大戦下のフランス音楽家たち。
同時の手紙や、映像、写真などを美しい歌曲や室内楽などと共に当時の様子を振り返ります。


戦争というテーマは今、特にデリケート。避けて通りたいような気がしなくもない。
あまりにも暗いコンサートだったらどうしよう?なんて思ったのも正直な気持ち。

美しいフランス音楽に、戦争を重ね合わせてみたことなど私は一度もありませんでした。
ラヴェルや、サン=サーンスなどが、戦争を支持し自らも戦場に向かったり、
自らの音楽でプロパガンダに参加するような同時の情勢を私は全然意識していなかったので
今同じような状況になったら私達音楽家はどうなるのだろうか、、なんて
ちょっと生々しく考えてしまったりしました。

音楽の持つ力を、主旨に反して戦争に利用されると言う状況は避けたいものですが。。


こちらに住むようになってから、遠くに感じていたユダヤ人迫害の歴史や
フランスのレジスタンスの存在などを、とても身近に感じることがあります。
ボクの私の家族が、、、収容所で亡くなったんだ。地下に篭って命からがらレジスタンスをしたんだ。
家族の歴史を語れない事情を持っている方も多くいます。許されない関係で生まれた子供たち。
そんな話を聞くたびに、起こったことはつい最近の話なのだと思うし、
たくさんの犠牲者が出たのに、その報いなく今も不幸の連鎖が止まらないと思うと悲しい。


c0086674_20371840.jpg

Mon violon m'a sauvé la vie
(Destins de musiciens dans la Grande Guerre)







この本を元にコンサートの雛形を作ったと聞いたので入手してみようかな、、、
最近は怖いのと落ち込みたくないの両方で
すっかりニュースを見られなくなった臆病者の私ですが、無関心も罪です。

[PR]

# by moncheminparis | 2016-02-22 20:48 | 日々のこと… d'habitude
2016年 02月 15日
Cabu au Japon
また気ままにブログを再開したいと思います。
ついでにちょっとあちこちリニューアル。
名前も改名。【はるみのパリ通信】へ生まれ変わりました。

******

ブログを書かなかった間にパリでは残念ながらもう一度大きなテロが起こりました。
今やヨーロッパ全体が、テロありきな日常となっています。
どこで何が起きてもおかしくない。


さて、今日は楽しみにしていたモノが届きました。
c0086674_5382131.jpg


Cabu au Japon 
1993年発刊


Cabuは昨年シャルリエブド襲撃テロの際に犠牲になったイラストレーターの一人。
福島の原発関連でギリギリの風刺画を書いたため、日本では賛否両論かと思います。
放射能を浴び腕の数が増えたお相撲さんが、、、的なジョーク。
こういうギリギリでキツーイのは、フランス人は大好きなんです。
私も実際に職場で同じタイプのジョークを飛ばされ、なんにもおかしくないっ!と本気で怒ったら冗談なのに、、、って。
(大き目のオレンジを食べていたら、それ福島産?って言われました。しょーもないジョークです。)
問題を真面目に取り上げたって誰も聞きはしない、ジョークこそが問題定義のきっかけとなるのだ。
だそうです。日本とはかなり考え方が違いますね。


このCabu au Japonもギリギリっぽいのが多くありそうです(笑)。


c0086674_5562245.jpg

何故日本人はナショナリストなの?
何故日本人は移民を嫌うの?
何故ブティックのマネキンはみんな金髪なの?



うっ。
日本旅行から戻ったCabuの鋭い視点が次々と。

この本、フランスでは高く評価されていて
実はシャルリエブド直後に一度購入を試みたのですが
なんと発送後紛失。あの時期でしたので、盗まれたのではないかと私は思っています。
オークションでかなりの値段で取引されていたのを後から知りました。


最近になって思い出しまたトライしてみたら、それほど高くない値段で中古が手に入りました。
Cabuへのオマージュとして、彼の見た日本を興味深く読みたいと思っています。



**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2013
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音

[PR]

# by moncheminparis | 2016-02-15 22:30 | パリ日常
2015年 02月 09日
祈り Prière .....
c0086674_344663.jpg










憎むは人の業にあらず。
この言葉を暖め続けたい。





**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2013
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音
[PR]

# by moncheminparis | 2015-02-09 03:47 | 日々のこと… d'habitude
2015年 02月 03日
ある生徒のこと 
9月の新学期から私は以前から勤務を勤めているコンセルヴァトワールにて
新しいクラスのピアノ講師へ選任されました。

新たな出発と共に、私に1つ、課題が課されました。
「自閉症の子供を教えてもらえないか」

勤務先ではなるべく積極的に障害のある人たちにも音楽を学んでもらおうと
数年前から少しずつではありますが、環境を整え受け入れの準備をしてきました。
何故私に白羽の矢が立ったのか。私よりもっと経験のある講師もいるのです。

何をもって判断されたのか私には分かるような、分からないような
自分でも自問自答し、何となく出来るような、出来ないような。
言葉の壁はあまり、気になりませんでしたが
少し心配したのは、その生徒は「難しいタイプ」の子供で、
相手を試すようなところがあると聞いた時でしょうか。

私がたった一人でその生徒を見るのではなく
障害者専門の先生のサポートもあり、無理ならやめてもいい、
という条件で、とにかくまずは受け持ってみることに。
サポートの先生と、ノート交換して情報を共有することにもなりました。

もともと私は、初めての経験に恐怖を感じないお気楽人間です。
やってみないとわからない、実践あるのみで今までやってきました。
自閉症について少し調べたり、周りに話を聞いたりして、少しだけ初めてのレッスンの準備をしました。

初めて現れた彼は10歳の男の子。お母さんと一緒にやってきました。
目を全く合わせません。落ち着きがない。私の話が伝わったかどうかの判断が出来ない。
音符を読むのは難しすぎて出来ない。なんでも耳で覚えてしまおうとします。
レッスンは30分。手ごたえと言うものは感じないまま1回目のレッスンは終わりました。

2回目は、お父さんと。
お父さんはレッスン室に入りません。
入ってもらおうかと一瞬迷いました。
でも、2人きりだとこの子はどうなるのか、興味があったのでそのまま進行。
案の定言う事は聞かず、好き勝手にピアノを弾こうとします。信じられない大きな音で。
私は言いました。そんな大きな音は好きではない、と。
その時初めて、彼は私の目をちらっと見ました。
ピアノを乱暴に扱わないで、私の友達だから、優しく接して欲しいともう一度頼みました。

その日は、それ以降乱暴な音は出さなくなりました。
でも2人きりのレッスンは、何かを教えるという事は出来ないまま終了。
あまりにも集中力がないので、静めて待つ、その繰り返し。
後で聞けば、何でもその日の午前中にワクチン接種をして、腕が痛かったことから
自分の感情コントロールが出来なくなり、その波を午後も引きずったのではないかという話でしたが。。

私に出来ることって何ナノかなーーーーと正直、2回目にして自信がなくなる。


3回目のレッスン。
ボンジュールハルミ、と名前を初めて呼ばれました。
前回のレッスン終了時、レッスン室に入るときには挨拶してね、そして静かに入ってねと約束。
ちゃんとそれが出来た。その日の彼は落ち着いていて、やっとレッスンらしき雰囲気に。
わかるかな?こうでしょ?話しかけると時々、私の顔を見るように。
苦手なことは少しずつ分けて教える。今回ダメなら次回に持ち越す。
出来たことを心から褒める。笑顔が見えるようになりました。
間違ってもいいよと伝える。
少しだけ自由に好きな曲を弾かせる時間を持たせることも始めました。

レッスンの方向性が少し見えてきたのがこの頃。


その後現在も進行中。


最近は彼の笑顔がますますいい感じです。
忍耐強さのようなものが、少しずつ育っているような印象もあります。


調子が良ければ、自ら少しだけ音符を読んだり、伴奏を見つけたり、リズムを作ったり。
上手くできたら、私と拳をあわせて「チェキ!」ってするのが最近の約束です。
浮き沈みはあります。ダメな日はダメ。そう言う日は、静まるのを待ちます。
寄り添って様子を見つつ指導する。関係を少しずつ築く。

私は障害者に対して、専門でもなく知識もありませんので
何が正しく、何が間違っているのかはわからないのです。
学長に「どう?」と聞かれても、「私には判断が出来ない」としか答えられません。

彼の両親と話す雰囲気では、多分、、、、相性は悪くはないのかもしれないのですが
レッスンとしてのクオリティーは私は正直、未だに全く、自信がありません。
1つだけ言えるとしたら、彼はすごく努力してくれていると感じています。



コンセルヴァトワールでは1年を2回に分けて成績付けをするのですが
前期の評価を書き終えて、まずはここらで一区切り。


続く、、、、



**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2013
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音
*****************************************************
[PR]

# by moncheminparis | 2015-02-03 14:41 | ピアノ piano
2015年 01月 12日
私はシャルリー....???
世界中に衝撃が走ったパリの事件。もうみなさんご存知のことでしょう。

1月7日、パリ11区で新聞社の襲撃事件。犯人は逃走。
翌日パリ南郊外モントルージュで警官射殺事件。犯人は逃走。
2日後パリの北郊外で新聞社襲撃犯人が、人質を取り立てこもり事件。
同日パリ市内ヴァンセンヌにてモントルージュ事件犯人が、ユダヤ人経営スーパーで人質を取り立てこもり。

新聞社襲撃の衝撃で麻痺している間に次々と起こった一連の事件。
最初の襲撃は悪夢の幕開けでしかなかった。。。

事件についてはもう詳しく書きません。
私は疲れました。前を向いて生きて行きたい。
悲しみや怒りの矛先をどこに向けたらいいか全く分かりませんが、
また今日から新たに頑張ります。1日1日を大切に。
一般市民に出来ることはまずそれしかない。


この数日で多く叫ばれたキーワードがあります。


laïcité 非宗教性
宗教と言う観念を超えて、お互いを認め合う。人はみな違って当然。

宗教について私は上手く書けません。
小さい頃、プロテスタントの幼稚園に通っていました。
毎日礼拝堂で祈り、十字架の前で賛美歌を歌いました。
クラシック音楽の根源は教会音楽だよと習いました。
イエス様は素晴らしいお方だよ。自分を犠牲にしてまで真実を貫いたのだよ。
小さい頃に刷り込まれた事というのは、なかなか強い影響力があります。
今でも苦しいときに何かにすがりたくなれば、私は両手を握り締めて十字架を思う。
イエス様ご先祖さま仏様、私の祈りの順番はこうです。お助け下さいと祈る。

祈りは、誰にでもある自然な感情と思います。
ここで話が終われば、それほど物事はこんがらがりません。
でも、宗教は権力や政治に利用された。多くの争いで血が流れた。
そこから狂ってしまった。方向性を失い多くの矛盾が生まれてしまった。

非常に難しい問題です。


c0086674_1852784.jpg

私のパートナーニコラは
イラストを描く人でもあるので
この4名のイラストレーターへのオマージュ。
このプラカードを掲げて昨日1月11日の大行進に参加しました。

70年代のテレビシリーズ、チャーリーズエンジェルと
新聞社のシャルリー・エブドをかけています。
(仏語でチャーリーは、シャルリーと発音)
輪っかの意味は、多くの宗教で天国(のようなもの)の概念があるので
このようなデッサンになったようです。彼らの冥福を心から祈りたい。




amalgame 混同
一般イスラム教信者とイスラム過激派を混同にしてはいけない。

いけません。
過激派・原理主義者は宗教同士の相容れない部分をうまく利用し、煽る集団です。
相容れないのは当然なのに、そこを許さない。そして相手を暴力で倒す。命を奪う。
利権も絡んでいるでしょう。あんなに大きな組織となって、経済力もある。
単に相手を許せないから事件を起こしているのではない。
理由つけて争いごとを世界中にばらまき、大きな動きとなるのを狙っているのです。

挑発に乗ってはいけない。


ちょっとテーマをずらしますが
例えば肌の色、なども、まだまだデリケートな問題です。
フランスでも多くの民族が暮らしその二世三世、、、混ざり合って混沌としています。

c0086674_19222975.jpg
実は、大行進に行くのにひとつエピソードがありました。
何本もメトロを見送っても満員で乗れないので、困り果てていた私達。
思い切って運転手席に乗せて下さい!プラカードもあって困ってるの!
と図々しいお願いをしたら何と、乗せてくれた(笑)。
運転手の黒人の気のいい兄ちゃん。ありがとう。

今日のオレの使命はちゃんとみんなが目的地に安全に着くこと。
そう言い切って。クールでした。

黒人は、、、ってすぐ一括りにする傾向は
残念ながらフランスにも多少あるのです、、、
そう言うのも、amalgameだなって昨日はつくづく思いました。

兄ちゃんとはぎゅっとハグして別れました。




liberté 自由
このキーワードが私には一番、、、難しく感じます。


シャルリーエブドが襲撃されたのは彼らの発信する風刺が原因。
ここで強調しておきますが、彼らは決してイスラムだけを標的にしていたわけではありません。
あの新聞社はありとあらゆる宗教政治権力をすべて風刺にし、からかい続けていました。
フクシマのこともかなり辛らつに描かれました。悔しくて涙が出るほどです。
臭いものに蓋をする日本人にはなかなか理解しがたい表現かもしれません。

表現の自由が侵された、
ただペンを紙を使って表現していただけなのに殺害された、
風刺はヘイトではない、表現なのだ、笑ってなにが悪い、

色々、色々。。。

今回、Je suis Chalrie 私はシャルリー というスローガンが発生しました。
確かに、表現は自由です。気に入らないからと暴力で排除するのは間違っている。

例えば戦時下、色々な国で表現の規制があったのは、
表現はなによりも民衆の力になると権力者はよくわかっていたから。
私の思いつく表現規制は、ポーランドがドイツ占領化でショパンの音楽を禁じられたこと。
祖国ポーランドへの誇りが常に鳴り響くショパンの音楽はナチスの敵でした。


私は昨日の大行進には参加しましたが、、、
私はシャルリーでしょうか。
あのスローガン。私は掲げることは出来ませんでした。
風刺やジョークをすべて、面白可笑しく笑って良いのか。
傷つく相手を見て、ふふん、ざまみろ!みたいな風潮がはびこっていいのか。

誰が正しく誰が間違っているかなんて
今の世の中で誰が判断するのでしょう。
誰にも、他人を傷つける権利はない。

シャルリー・エブドは、私は決して手にはしない新聞でした。
あの不快な画。目を逸らしたくなる下品な手法。生理的に受け付けません。
ギリギリすぎるなといつも、見るたび思っていました。
挑発的なので、メディアには受けるのです。そして時には良い話し合いの機会にもなり得る、、

悔しいことに、私の狭い価値観、無知な自分を思い知らされることもあります。
でも私はあの新聞は好きでないし、これからも手にはしないでしょう。


c0086674_19391293.jpgc0086674_19392631.jpg




昨日の大行進はパリ市内は150万人(パリの人口は225万人)、フランス全土で350万人の参加者があったと発表されました。
何はともあれ、そのフランスの団結力、民衆の力は素晴らしいものと思います。
あれだけの大規模なデモが、事故もけが人もなく、つつがなく行われたことも、ここに加筆したいと思います。

長々とした文章最後まで読んでくださったみなさま、ありがとうございました。
私にはまだまだ、わからないことばかりです。

c0086674_203353.jpg



**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2013
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音
*****************************************************
 音楽ブログランキング 応援クリック、シルヴプレemoticon-0159-music.gif
[PR]

# by moncheminparis | 2015-01-12 11:48 | パリ風景 Paris
2015年 01月 02日
謹賀新年 BONNE ANNEE!!
新年明けましておめでとうございます!

c0086674_2345710.jpg

元旦から元気にバターを舐めてる
ピッコロさん。。。
写真がブレるほどに、必死。



本当は年が明ける前にもう少し更新する気でいましたが
何とまさかのインフルエンザ。。しかもダブル。一家全滅です。
クリスマス直前に発症し、今日になってもまだ体調がイマイチという冴えない年末年始。

この私が、この飲み食いシーズンに
*食べたいものが分からず
*お酒も一滴も飲んでない

という、先祖が聞いたら嘆き悲しむであろう最近の私。

今日になってちょっと買出しに出かけたら
フランスでは1月恒例のエピファニーで食べる
ガレット・デ・ロワを売っていて、ものすごい違和感。。
クリスマスもお正月もなかった私には
どっか地球以外の場所で埋もれていたような気分になりました。


他にも目標はあるのですが、とにかく健康第一で!
今年も本ブログ、どうぞよろしくお願いいたします。


**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2013
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音
*****************************************************
 音楽ブログランキング 応援クリック、シルヴプレemoticon-0159-music.gif
[PR]

# by moncheminparis | 2015-01-02 19:33 | 日々のこと… d'habitude