2009年 12月 04日
アズールとアスマール
思わぬ感じでぴょこっと時間が空いたので前から興味があったDVDを鑑賞。
とっても感動したので、記録しておきます。

*Azur et Asmar アズールとアスマール* 
c0086674_0312191.jpg



監督はフランス人のMichel Ocelot ミシェル・オスロ。
切り絵風のシルエットのみを使ったアニメーションなど、個性的な作品の多い人。

Azur et Asmar は、とあるアラブ諸国を舞台に広がるファンタジーの世界。
その鮮やかな色合いと繊細さ、大胆なイマジネーションは驚きの連続。
目に飛び込んで来るのは、ショッキングピンク、カナリアイエロー、ターコイズブルーなどの派手色。
下手すると目がチカチカしちゃうような色合いですが、あくまでも上品さをたたえて。
とっても美しいアニメーション。

兄弟として育てられたある2人の男子が成長していく様子を描いています。
ストーリーは「毒気」が一切なく、純粋にそして静かに進むのです。優しいストーリー。
ただ1人だけ「ちょっと世の中に磨れてしまった」人物が登場し、ストーリーにスパイスが加わりますが
そのコントラストがまた心地よく、心を打つのです。優しい辛味、という感じ。

日本語でもDVDが出ているようです。是非おすすめ。

実はつい最近、評判が良いと聞いて観た映画があったのですが
それがあまりにも乱暴なシーンが多いため、かえって現実感がなく
この映画って何が言いたいんだろう?と全然心に響かなかったのですが
映画はやっぱり…見る側に余韻を残すものがいいですね。
無理やり乱暴シーンを連発せずとも
美しいものを1つ見るだけで、人間愛の大切さはちゃんとわかるものです。


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2009-12-04 16:27 | 日々のこと… d'habitude


<< 白だと思ったらグレーだった      ゴッチュモン >>