2010年 03月 14日
非常にショックな出来事
私の住んでいる地域は一軒家が多い、非常に静かで過ごしやすい地域なのですが…


先日、いじめられて逃げてきた子供を保護する、というショックな状況を経験してしまいました。
このブログで書くかどうかも迷ったのだけども…



保護した子供はたったの12歳の女の子でした。
つまらない女の子同士の喧嘩から、大きな事件へ発展。
泣きじゃくっているので、初め話が全くわからなかったのですがよく聞けば
なんと、総勢50人ほどの男の子ばかりの集団から殴る蹴るの暴力を受けた、と言うのです。
必死になって学校から逃げてきて、家の敷地内に逃げ込んできました。門を乗り越えて。
あちこち怪我をして血を流し、服もあちこち痛んでいるし、髪は引っ張られてぐちゃぐちゃ。
そんな子供がいきなりドアを叩いて助けを求めてきたのですから、こちらも相当動転しましたが
外で酷く騒ぐ大勢の子供の声が聞こえたので、ただ事ではないと判断しすぐに保護しました。

様子を伺うと、どうも他にも被害にあっている子供がいるようで、近所の人がすぐに警察へ通報。
男子が50人も寄ってたかって女の子に暴力を振るう、なんて話、さすがの警察もすぐには信じてくれません。
そんな大げさな、って言ったらしいです。こっちだって余程の事が無ければ警察へ連絡したりしない!
その間にも、通りでは騒ぐ子供の声があちこちから聞こえ、恐怖でパニックになる女の子。
なだめ鎮めて、怪我を手当てし、震えているのでソファーへ横にさせて毛布でくるんで。
最終的には警官3人で駆けつけてくれましたが、時既に遅し。集団は引き上げて後の祭りでした。

もう1人被害にあった女の子は
運よく自分の家に逃げ込み親に保護されましたが、酷い怪我をしているとのこと。
警察が我が家までやって来て、家で保護した子も無事に警察の手で自宅へ連れて行かれましたが…


大勢で暴力を振るった、という所に問題はあります。
目撃し警察に通報した人の話によると、まさに「50人全員参加」で暴行を振るったらしいのです。
誰1人それを止める子供はいなかった。もうやめようよ、と言う者が1人もいない。
そして時間帯も悪かった。
午後4時頃でどの家庭も仕事に出ている人が多く、特に大人の男性が少ない時間帯。


あんなに怪我をするまで大勢に追い掛け回されたあの子はこれからどうなるのだろう。


男子ばかりの集団は、年頃は10歳~13歳くらい、それともう少し大きな男子が2名ほどいました。
信じられますか???私は自分の目で見たことが今でも信じられません。
特に、男性は女性に優しく、と子供の頃から文化として浸透しているこの国で、こんな事が起きるとは。
集団という事実と、それが男子による女子への暴力だった、というダブルショックです。


とにかく、私が在宅していて良かったし、家に駆け込んで来てくれてよかったです。
あんなにブルブルと震えて、大声で泣いていたあの子を思うと心が痛みます。
『警察になんかに通報したら殺される』って彼女は言ったんですよ。
その恐怖心、どう救ってあげたらいいのか。
私はただ「ここにいれば大丈夫だから」ってぎゅっと抱きしめてあげる事しか出来ませんでした。


こういう一大事な時に限って、留守なニコラ。。。私も正直心細かった…
でも、男の人ではうまく対応できなかったかもしれないなと今になって思います。
保護した女の子の家族と連絡が取れるようになっているので、しばらくしたら、そっと様子を聞いてみるつもりではいます。


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2010-03-14 13:30 | 日々のこと… d'habitude


<< 春ボケな私      新譜の予感など… ハイドシェック情報 >>