2010年 06月 08日
折り返し地点
ちょこっとお久しぶりなブログになりました。
現在学期末につき、恒例の伴奏依頼が次から次へ。。
ただ今真っ只中につき、毎晩寝るときはベッドに入った記憶もないほど。。


1人でメロディーだけ演奏して「あれれ?」なんて思いながらやっていた生徒が
ピアノとの出会いでビックリしながらも「なるほど納得」と感じるようになる様子、なかなかいいものです。
今年は管楽器、特に金管楽器がメイン。
個性的な教授陣目白押しで、私もかなり楽しませてもらっています。
出会いっていいですね。私は新しい出会いが好きだし、そこで気が合うとわくわくします。

今のところ私のお気に入りはトランペットの先生。
格闘家風だけど、めっちゃ優しくって楽しく明るい面倒見の良い人。
(すでに一度ブログに登場しました)
他の学校でも教えている彼。
そこに小さな頃から教えている非常に優秀な生徒がいるのだそうです。
その生徒の話をする時の格闘家先生は、誇らしげで嬉しそうで、見ていてなんかいいなって思います。

ホルンの先生は、どこもかしこも真ん丸い、声のよく響く人。
身体のほそっこい生徒に、自分のように丸いお腹を持つように薦めています。。。
この腹で吹くんだ!!と豪語。
身体が大きいので、レッスンは汗だくです(笑)。
汗かけば腹が引っ込むとかって、自虐ネタで周りを笑わせます。
実は、お腹気にしてんのかな???

チューバの先生。なんか恥ずかしそうな…そう、まるでモグラみたいな人。
と、思ったらそうでもなくって、話せば金管独特の大らかさがあって
酒に強い人は上手い(演奏が、という意味)、とかって言います。意味不明!
ちなみに、この先生の息子はホルン専攻。
彼の吹くホルンは、技術は間に合わないかもしれないけど
とても音楽的で流れがしっかりしいて、なかなか良いものを感じました。さすが、やはり血筋なのでしょう。

トロンボーンの先生。バイクで登場、ちょっとイケメン。
イケメンに弱い私はひそかに「ラッキー」なんて!こら!
試験曲に、しっちゃかめっちゃかな現代曲があるんですが、上手い!の一言。
模範演奏で私はちょっと感動しました。
笑うと口がでかく、豪快な感じの先生。怒るときはかなり厳しいです。
へらへらと言い訳する生徒には、つべこべ言わずまずやることをやれ、と一喝!



日本で大学に行っていた頃も感じたけど
金管の人たちって、気さくでオープンで大らかな人が多い。
届く楽譜は現代曲が多く、正直言って実は結構タイヘンなのですが
彼らのキャラクターにかなり助けられて、楽しく仕事させてもらっています。


現在、折り返し地点。
6月いっぱい、頑張りますっ!


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2010-06-08 21:07 | 日々のこと… d'habitude


<< 夢を見させてくれない、レ・ブルー      青い空と太陽!で全員集合 >>