2010年 10月 25日
昨日と同じがいい
Toussaintのヴァカンスに入りました(日本で言うなら、お盆???)。
学校がお休み、なので、ヴァカンスに出かける生徒も多く、しばらく少し時間に余裕があります。
コンセルヴァトワールのお仕事はもちろんお休み、この間始まったばかり。。なんですけどね。

ヴァカンスを車で出かけようとする人々には、少々困った事態が最近発生しています。
長引く反年金改革ストライキで、ガソリン不足が益々深刻に。
我が家の近所のガソリンスタンドはどこも、閉まってます。ストックが底を付いている、という意味。
最初は一過性のものだと思って高をくくってましたが、こう長引くと迷惑ですねぇ。
我が家の車もガソリンがあと半分。まだ大丈夫だけど。。。
ギリギリにならないうちに満タンにしようと思っていたけど、もうすで遅いという感じ。

隣の町では、ストでごみ収集がストップ。
道路にごみが溢れています。もう1週間以上になるそうです。

この大迷惑行為がまかり通る国、不思議な国、それがフランス。
自分勝手でエゴイストで文句ばかりのフランス人が、それでも認めるストライキ。
国民の大半が、今回のストを支持している、とニュースで報道さてています。
私にはよくわかりません。ストで起きる損失、時間の無駄、意味があるのでしょうか。。。
ストで荒れると最初から予想していたかのような、冷静な国の態度は相変わらずですし
ぐっちゃぐちゃになってもいいから自分の意見を聞いて欲しい、スト中のみなさんの気持ちも変わらず。
出口の見えない封鎖状態になってます。

それからね、若い高校生とかが参加する気持ちも私にはわからない。
仕事をするとは、どういうことなのか。本当にわかってんのかな?
ストに情熱を注ぐもいいけど、もっと他に若い頃に一生懸命になれるものがあるんじゃないか?
国に守ってもらおうと思いすぎてない?自分の人生だよ???
今から62歳になった自分を想像したって、明日は何が起こるかわからないのに。

と。考える私は、外国人なので好き勝手なことを言えるのかもしれませんね。
私はフランスに守ってもらえる率は低いでしょうしね。


最近ストについて色んな人と話す機会がありますが
何故ストをするのか、という私の質問には、明確な答えがなく
だって今までそうしてきたから、とか。それがフランスのやり方なんだ、とか。
そうして国を動かしてきた歴史もありますね。有名なのはフランス革命。。
また、ある人は「フランス人って昨日と同じがいいと思う人が多いんだよ」と言うんですが
それってすごく保守的って言うか、将来性の無いメンタリティだなと思う私。

日本人が多くあこがれる国、フランスですが
日常は…なかなか大変です。。。



**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2010-10-25 13:36 | 日々のこと… d'habitude


<< 冬時間開始=長い冬の始まり、始まり…      110ユーロ。。。 と ストラ... >>