2011年 10月 24日
新学期
9月から始まった新学期も、Toussaint のヴァカンス(日本語なら万聖節)で一区切り。
10日間は授業がないので、わたくしめも自動的にヴァカンス身分となります。



フランスで教師をやってますと、本当に本当に、ヴァカンスが多く、年の半分は休みじゃん?って感じ。



それなのに。。。



他の職業の方々より、きっとものすごく恵まれた仕事リズムであるはずなのに…


ヴァカンスがやって来たとたんにガクーーーっと疲れが出るのは、一体どういうことでしょう。
もともと私は、とってもインドアな性格なので、外出しなくていいとなると、とにかく家にこもります。
そして寝る。。。寝て、ぼーっとして、1人で自由に。。。この過ごし方が私の一番のリフレッシュ法。

そんなこんなで、この2日間はぼんやり過ごしていましたが
昨日は遠方からやって来た友人に会うため外出。
どーしたのそんな疲れた顔しちゃて。晴れてヴァカンスなのに。と言われてしまいました。


で、そう言われたためさすがに私もちょっと考えることがあって…
今ふっと気が付いたのですが、新学期って実は半分くらいは仕事になっていないのではないか?
という疑問が。(ええええ?)
あえて言うなら、新学期とは、この新年度を起動に乗せるための準備段階。。。


学校が始まって1週目なんか、生徒は夏ボケで頭スッカラカン
事務のみなさまは、新しい年度が始まる前から準備なんかしてませんので、ぐっちゃぐちゃに混乱、
講師たちはヴァカンスの間にリフレッシュし過ぎてなかなかエンジンがかからず…

いや別に…
告げ口しているつもりはないんですけどね、
なんかこう、それでいいのかみんな!と言いたくなる機会が何度もありました。
私なんか生粋の日本人ですから、新学期!ハイ頑張ります!みたいな気持ちが満ち満ちてしまうのですが
あまり鼻息あらいと、かなり浮きます…そして空回り…


だからって、みんなふざけているわけじゃないんですよ。
みんなそれぞれ、自分の出来る限りは(ここがポイント)頑張るのです。
でも、出来る限りの範囲がそれぞれ全然揃わないため、足を引っ張り合って物事は進まないのだけど
それでも何とかなっちゃう…え?そういうのもあり?と段々こっちも染まっていき…


フランスは、そういう新学期です。



きっと。


今私が疲れているのは…




レッスンや生徒に疲れたのではなく
切り替えの出来ないフランス全体の新学期の準備の悪さに振り回されたため、と思われます。
いわゆる、不完全燃焼。



えーい!
リフレッシュして、ヴァカンス明けはビシバシやるぞーーーーー!!





(カラカラカラン…)←すでに空回っている音




**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2011-10-24 18:00 | 日々のこと… d'habitude


<< ハイドシェックのマスタークラス...      ハイドシェック新譜情報♪♪ >>