2013年 07月 20日
出会いに感謝
フランスバレエ界の宝、マニュエル・ルグリ氏を監督に迎え、
新しい風を身にまとって上昇中の「ウィーン国立歌劇場バレエ団」が現在シャトレ座で公演中ですが、
そこで専属ピアニストとしてご活躍中の滝澤志野さんと直接お会いする機会に恵まれました。

c0086674_411722.jpg

天気の良いパリで、テラスで出会いの祝杯♪







貴重なお話沢山聞けて本当に楽しかった!
年齢が近い事も会って、ピアノ以外の話でもかなり盛り上がったり。
お酒弱いのーーと言いつつ、おしゃべりのお供はいつもアルコール系でしたねぇ、、志野さん!

ウィーンとパリの違いについてのおしゃべりも面白かった。
なんでもパリに到着早々、
バレエ団のみなさんは早速「おフランス式試練」を経験したそうで。
色々な意味で常に予想を覆すフランス式生活に早く慣れて下さいとしか言えません(笑)。



彼女の計らいで、バレエ団の公開トレーニングに招待して頂きました。非常に稀な機会!
c0086674_4131291.jpg

この日の担当ピアニストはもちろんご本人。
即興制豊かな伴奏で、トレーニングの要となって引っ張ります。
コーチが指示するトレーニングの目的にあった音楽に、即対応する世界。うーん、刺激的!
どれだけのレパートリーをお持ちなのだろう。。。引き出しがいっぱい無ければ出来ない仕事。

バレエ団の素顔も見られて楽しめました。みんな、若い!結構、お茶目!
細かなトレーニングから大きな動きになるまで、徐々に身体をあたためて。
公開なので、見られる意識が高く、個人技を披露しちゃう人もいたのが可笑しかった。
ああいう、目立ちたい&見られたい意識は、あって当然だろうと想像。


先日のガラコンサートの印象がとても良かったので、
もう1度観たい!と思い立ち、昨日は「ドンキホーテ」鑑賞。非常に楽しい演目!

**シャトレ座内部**
c0086674_7203057.jpgc0086674_7205333.jpg




バレエはもちろんのこと、演技の要素もかなり要求されるであろうこのコメディー調作品。
会場は笑顔と拍手に包まれ、かなり楽しいことに。
特筆したいのはこの日の主役キトリを演じた日本人の橋本清香さん。大きなブラヴォーを贈りたい!
すかっと若々しい、お転婆でキュートなキトリ役が魅力的でしたーー。


滝澤さんには気さくに会って頂いて、お陰で色々な話が出来て沢山刺激になったここ数日。
感謝感謝。まだまだ続くパリ公演の大成功を心から祈ります!
素敵なフィナーレを迎えられますよう!



**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2013
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2013-07-20 03:54 | パリ風景 Paris


<< 今年も暑かった日本の夏。      ロンドンへ小旅行! >>