2014年 12月 08日
夏のヴァカンス:バスク地方 その1
師走の真っ只中に季節はずれの夏のヴァカンスの話ですが
お付き合いいただけましたら嬉しいです。

この夏のフランスはあまり気候に恵まれず
太陽と青空を求めて南へ下っても、国境を越えないと(イタリアとかスペインまで)
青空が安定せず、ちょっと残念。
(国境を越えた方々からの自慢話は数々聞かされました、、、)


さて、8月の末に選んだバカンス地は、スペイン国境付近のバスク地方。(フランス側)
大らかな自然と美味しい食べ物、独特な文化を味わうことが出来るバスク地方。
天気の不安定さを除いては大満足のバカンス。良いリフレッシュになりました。



c0086674_0194211.jpg



のんびり、おおらかなビーチ。
この日は晴天!


c0086674_0211497.jpg


わたくしのバカンスの家へようこそ。



(うそ)


c0086674_0215924.jpg


間違えましたこっちがわたくしのメゾンでしたわ。







(うそ)


サン・ジャン・ド・リュズ市内には赤をポイントにしたお家が多いのです。
この地方の名産品、唐辛子にインスピレーションされたのかな?

c0086674_023443.jpg


おほほ、、ようこそ。。。。←しつこい








(本当は、作曲家ラヴェルの生家。サン・ジャン・ド・リュズの隣町、シブールにて。)


c0086674_0285233.jpg


やっとワタクシの、、、(誰かとめて)


c0086674_0302159.jpg

妄想はとまらない、、、、(やっと妄想だと認めた)



この2つのお家は、ゲタールにて。
サーフィンで有名な港町。
住宅地は高台になっています。
海辺に住むなら安全性から、やっぱり高台だよね。
なんて要らぬ相談をする私とニコラ。

夢は大きく持ちましょう。

ゲタールはかつて、大変有名なクジラ漁の街だったので
c0086674_0332993.jpg

街の道路標示モチーフに使われています。



美味しいものも食べました。
c0086674_036846.jpg

ホタルイカのグリル、パプリカ風味。
ホタルイカの仏名はシピロン。
こういうの食べ始めるとワインが止まらない、、、

やわらかーくて、とっても美味しい。
この類の料理、何度も食べました。



c0086674_03921.jpg鯛のグリル
c0086674_0393097.jpg赤ピーマンの詰め物

c0086674_0422954.jpg手づかみでワシワシ!
いろんな魚介のグリル(これが一番!)



c0086674_044559.jpg

ゲタールのマルシェにて。
その日の朝採れた天然物ばかり。貴重!


まぐろ、ムール貝、海老さんを買って、その日は、鉄板焼きにしましたー。
キッチン付きのお家を借りていたので、、おほほのほ。



なんちゃってうっそー。
実は今回、ボルドーに住む友人カップルと、まさかの、、、キャンプ再トライ!
鉄板焼きはキャンプ場にてワイルドに行ったのであーる。


もう2度とするまい!と心に誓ったあの日から6年 →「あの日」


我が家のおサルさん、反省を活かして頑張りました。
私は直前まで日本へ帰省していたため1人で入念に準備。
私がまた再度大爆発を起こさないように...。
(あの時別れていてもおかしくなかった)

まぁ、結果から言いますと、全然大丈夫でした。
キャンプ場そのものの清潔度が高かったのと
海の側なので、山のキャンプ場みたいに怖い虫とか恐ろしい真っ暗闇もないし
すでに現地を良く知るカップルと一緒だったので、精神的にすごくラクでした。
2人には感謝感謝。



ヴァカンスブログ、続きます。。


**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2013
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音
*****************************************************
 音楽ブログランキング 応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2014-12-08 17:04 | 旅 voyage


<< 夏のヴァカンス:バスク地方 その2      師走のパリでハイドシェックマス... >>