2014年 12月 15日
夏のヴァカンス:バスク地方 その2
c0086674_18514042.jpg


サン・ジャン・ド・リュズ市内のマルシェで見かけた
立ち食いメインの簡易レストラン的なお店。
色合いが気に入って思わず撮った写真。


この写真にも見られる独特のフォントは(バスク文字??とでも訳せばよいのか)
他でも色々なところで良く見られました。
ポップでクッキリ読みやすい。可愛いです。

c0086674_18584074.jpg

こちらはフランスではポピュラーな銀行。
銀行名の書体がバスク風になってます。
建物の赤いアクセントも効いてる。
まるで銀行じゃないみたいー。




c0086674_1925856.jpg
こちらは赤唐辛子で有名な
エスプレットにて。
バスク文字と、唐辛子。

ちなみにこの唐辛子、
辛味は弱くデリケートなスパイス。
味に深みを出す隠し味的な存在と私は思っています。
プーレ・バスケーズ
(唐辛子をトマトソースに加えて鶏を煮込んだお料理)が有名。
↑↑うみゃい♪ &わりと簡単なので自分でも作ります


c0086674_1974212.jpg

とにかく唐辛子が有名なので
街のあちこちでこのように
束ねられて飾られたり売られたり。



c0086674_19132052.jpg

一番圧巻だったはここかな。
壁一面が、とーがらしっ!
赤と黒に金文字のコントラストが高級感。

でもね、ここ、壁は唐辛子なのに
店内はお菓子屋さん。



へ?と一瞬不思議に思ったのですが
良く見たらここはお菓子やと惣菜やが両立しているお店でした。
バターをこれでもかと混ぜ込んだ焼き菓子:ガトーバスクが有名。
作る過程は見ないほうがいいという、、、う わ さ 。。。

間に黒さくらんぼのジャムが挟んであるのが伝統的なレシピと聞きました。
クリーム入りとかも、美味しい。
これ食べらた太るだろうなぁーとか、考えないで味わうべき。


c0086674_19214950.jpgエスプレットにあるこの店で
お土産などを少々買いました。

有名なアペリティフ酒、Gratte Cul も。
酸味甘みのバランスよい飲みやすいお酒ですが
このネーミング。

「かゆいお尻の穴」   

え、なんですって???
(おそらく原料になる果物の形がそれっぽいから)

他にも色々と下ネタ的ネーミングのお酒があって
ください!と言うのもはばかられるような。。。
でも店員のお姉さん(美人)は全く躊躇せず
放送禁止用語をにこやかに駆使。いやはやー。




では。

お尻の穴と言われるとそればかり考えてしまいますので
ここらで仕切りなおし。

【世界の車窓から】的な上品な写真で気を取り直しましょ。
c0086674_19274886.jpg

ちょっと足を伸ばして
スペインの国境あたりまで。
クラシックな列車で山の斜面をのんびりとーーー。

c0086674_193144.jpg



山の途中にあるラ・リュヌ駅から出発です。
この日は良いお天気。
紫外線に、、、ちとやられました。
(私は紫外線アレルギー)



c0086674_19335170.jpg

登りと下り列車が途中で出会う場所。
いってらっしゃい!と、どうだった?が交流中。

この列車。
キュンとしませんか?
あたたかな木造で、
ドアなどはみな人力で開閉するのです。



c0086674_19363616.jpg

到着した私達を出迎えるのは
こんなパノラマ。
向こう側はスペインです。

ちなみに反対側を向くと海。

この大きな岩に座ってひたすら、ぼー。。。




ちょうどここにいた頃、実は1つ心配事があって
うーんどうかなぁーーと考えていたら
携帯に良いニュースが入り、ホッとしたタイミングでこの景色。

すごく心救われました。


さて駆け足でご紹介しましたバスク地方。
また行けそうな雰囲気もあるので今後が楽しみ。
次回は国境を越えてスペインにも行ってみようかなー。




**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2013
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音
*****************************************************
 音楽ブログランキング 応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2014-12-15 11:47 | 旅 voyage


<< 謹賀新年 BONNE ANNEE!!      夏のヴァカンス:バスク地方 その1 >>