2006年 09月 04日
我が家に洗濯機がやってきました。
c0086674_23165774.jpg
          ←わたくしの名前 chachat にちなんで…。 
        「le chat」(ネコ)という名前のフランスの洗濯洗剤デス。






実は引っ越してから2ヶ月間、我が家には洗濯機がありませんでした~。
買わないとなぁ、と思っていたところにタイミング良く朗報が。
日本に帰国するピアニストの友人から譲ってもらえるとの事。
そして昨日が引取り日でした。

生まれて初めて洗濯機を自力で運んだんですけど
洗濯機って結構重いんですネ。。。
ニコラの若かりし日の経験(引越しやのアルバイトをした事がある)
が役に立って、私はほとんど何もしなくても運び出せましたが
それでも今日ちょっぴり背中がイタイ。
今日はピアノはちょっとお休み。とほほ。

あ、背中が痛いのは運び込んだせいじゃないかも。

家に到着、いざ設置という段になって大きな落とし穴がっっ。
なんと、床がまっすぐじゃない(笑)。

よ~く見なくても分かるほどの斜めぶり。
このままじゃ使えないよね、という事になって
さぁ、どうする。。。
何か下に小さな板でも敷くとか?

昨日は我が家の界隈は粗大ごみの日。
夜中のうちに家の外に捨てたいものを出しておきます。

「板、落ちてるかもよ!」
というわけで、夜中に懐中電灯を持ってゴソゴソ物色。
ズバリ的中~。板、たくさん落ちてました。
捨てられた家具たちの残骸から、
良さそうな厚さの板を何種類か頂戴しました。

そこからが大変。
重い洗濯機を何度も持ち上げて
ようやくちょうどいい厚さの板を見つけて終了。
もう、なんで床がまっすぐじゃないのよ!

床が斜め、というのはいかにもフランスらしいなと思いましたが
こういうピンチの時にちょうど良い物が落ちてる、というのも
またフランスらしいかなぁと思った私。
ちなみに、道で物色中だったのは私たちだけではありませんでしたよ。
みなさん結構、不用品をリサイクルされているようです。

今日からさっそくお洗濯。
あ~最高。なんて文化的生活。
洗濯機は縦型のドラム式。音も静かでなかなかです。
ゆずってくれたTちゃん、ありがとう!
大事に使うね。

*******************************************************

●おまけ●

レトロな洗剤の広告。
「奥様方、こ~んなに白くなるんざます」「まぁ、ビックリですわ」


c0086674_23363836.jpg



これはfigaro誌の風刺かしら?


c0086674_2337319.jpg
[PR]

by moncheminparis | 2006-09-04 23:39 | 日々のこと… d'habitude


<< わたしについて。      お寿司 >>