2006年 11月 12日
安全対策 Sécurité
パリは地区によってはやはり、少し治安の悪い地域もあります。
普段から少し気を引き締めて生活する事が大事ですし
私たちアジア人はどうしても「見た目」が明らかに違うので
やはり望まなくても目立ってしまう。
しかも女性となると、やはり夜のパリは気をつけたほうがいい場面もあります。

今日は18区に住む友人のアパートに友人と2人でお呼ばれ。
病み上がりの私にぴったりの
ヘルシーで優しいお料理でおもてなししてくれました。

さて、そろそろ帰らねば。
と、時計を見ると「気をつけて帰りましょう」タイム。
1人で帰るのではないので安心なのですが
やはり気をつけるに越した事はありません。

アパートを後にして
ちょっとメトロまで早足で歩いて行こうか



…と、歩き始めたとたん…

友人:「ね、ちょっとレズっぽくして歩かない?」

へ?

「こうすれば変なオトコの人に声かけられたりしないし…」
とおもむろに腕を組んでくる友人に、もう私、苦笑!

だけど良く考えると、もしかして、笑ってる場合じゃないかも?
確かに、言えてる…?

パリらしい、オリジナルな安全対策と言えるのでは。
これはもしや、使える技?

ちなみに私たちは誰にも声をかけられることなく
安全無事にメトロの駅まで到着しました。
やはりレズっぽさが大成功?
いやいや、実はだ~れにもすれ違わなかっただけ(-_-;)
ちゃんと、演技したのにね。

でも、真面目な話。
やはりパリの夜は気をつけたほうがいいです。
統計的には日本よりずっと治安は悪いですので。
[PR]

by moncheminparis | 2006-11-12 01:53 | 日々のこと… d'habitude


<< マルシェはやっぱり、いい。 A...      ハイドシェックマスタークラス ... >>