2006年 12月 21日
日本のスーパー
日本に帰ってくるといくつか楽しみがあるのですが。
その中でも毎回「やっぱり日本はすごいな、えらいな」と強烈に感じる場所。



それは。
スーパー。食品部門。

私から見ると、すごい、の一言に尽きます。

フランスに住んでいるとスーパーにはあまり期待できない。
ハッキリ言って8年前から品揃えは一緒。
新発売!は1年に1回くらい、それも心踊るワクワク感はありませんね~。
いつも同じものしかないのでたまに本気でいやになります。
つまんな~~~いい。
日本とは企業努力レベルが全く違います。

渡仏する前は全く意識しませんでした。
当たり前のように一般の消費者をしていましたが今は違います。
スーパーで観光客してますもん!

日本の食品はすごい充実ぶりだと思う。
私は日本に年2回程帰りますが、まずその新製品の多さ。
行くたびにキャーキャー言っちゃいます…。
新しいものがいっぱい。季節限定商品もあるし。地域限定とかもありますね。
あとはレトルトとか、調味料、ソース類、サラダ用ドレッシング…
こういう調理済みタイプの食品の充実度は圧巻です。
しかも、ちゃんと、美味しい。

こんなに売っててあまらないの?

あまるんでしょうね、きっと。
飽食の時代だな~と複雑な気持ちにも正直なりますが
たまの日本、あれもこれも見るもの全部欲しくなります。
いろんなスーパーを比べるのも楽しい。

そんなわけで、毎回フランスに戻る時はトランクがはち切れそうにいっぱい。
一度空港でセキュリティーチェックにひっかかって
トランクを開けた事がありましたが
出てくるものほとんど全てが食べ物で、調べる方も苦笑って感じでした。

貴重な日本の食品。
いつも欲張って持って帰ります。
持って帰れない生鮮食品は。。。
ひたすら食べる!(笑)

あ~お腹いっぱい。
c0086674_9525042.jpg
え?
[PR]

by moncheminparis | 2006-12-21 09:54 | 日々のこと… d'habitude


<< JOYEUX NOËL!!      女王様の推定年齢 >>