2007年 04月 14日
いよいよ最終戦!フランス大統領選の行方は?
ma_cocotte さんのブログ、
復活祭が過ぎ、待ちに待った戦いの始まり。を参考にしながら、
約1週間後に控えたフランス大統領選を思っています。

私のような、在仏わずか8年の外国人女子にはフランス共和国の政治について
なにか語れるような力量は全くないのですが
今回最有望といわれているサルコジ(SARKOZY)氏が
私たち外国人にとってかなりの影響力がある人物なので注目せずにはいられません。

彼は現在フランスに多く住む、移民にメスを入れようとしているのです。
(それだけが彼の打ち出す政策ではないのですが、そこにスポットが当たりやすい)
彼自身もハンガリー系出身でありながら、彼の叫ぶコトバにはかなりの毒があります。

フランスにいるならフランス語を話し、フランスの役に立て、
優秀でないなら自分の国に帰れ、フランスが嫌いなら国に帰れ。

このような思いやりに欠けた言葉を民衆の前で発する人物が
大統領になってもいいとは、私は思えません。

こぶしを振り上げメディアをフル活用し、吠えるサルコジに熱くこたえる支持者たちの姿。
本当にそれでいいの?と私は思わずにいられません。
生きている人間すべてそれぞれに歴史があり、フランスにいる理由がある。
今フランスに住むことに誇りを持っている外国人も沢山いるのに。

そもそも、今純粋なフランス人なんているの?と疑問に思います。

私の周りには、フランス国籍だけど家系を辿れば
イタリア系、スペイン系、ポーランド系、アフリカ系、アラブ系、ユダヤ系、アジア系…
1代もしくは2代前は他の国出身の家族を持つフランス人は非常に多い。
これは別に、私が外国人だから周りにそういう人が集まる、とかではなくて
日常のフランスはそんなもんです。
私の彼ニコラも、イタリアとフランスのハーフですし(国籍はフランス)。




ヨーロッパを統合しようという動きもある中
フランス国家だけを挙げ祭っているように映るサルコジ氏。
c0086674_1134746.jpg


そして初の女性大統領誕生か、と注目のロワイヤル(ROYAL)氏。
c0086674_114288.jpg


両者間の中立政策でバランスの良さを訴えるバイル(BAYROU)氏。
c0086674_114214.jpg



たぶん、この3名の三つ巴になるのでしょう。
おっと忘れてはならない、フランスには怖い怖い極右、ル・ペン(LE PEN)氏がいます…。
c0086674_1143684.jpg



前回の最終候補(2名)はなんとシラク氏とル・ペン氏だった!
この結果にはフランス中が揺れました。
ル・ペンなんてとんでもないっ!泣き出す若者、慌てる世論。

ル・ペン氏の支持者は投票前の世論調査では支持を公表しない傾向があるのだそうで
蓋を開けてみないと分からない。。。らしい…。
まさに闇のドン。この方実はかなりの高齢で。なんと78歳です。
もう無理っしょ。やめれば?(笑)

随分前に私がニコラに
「ねぇねぇ、もし最終候補がサルコとル・ペンだったらどうすんの?」
と、半分冗談で聞いたら
「ありえない話じゃない」と非常に怖い顔で言われたし。(彼は両方とも大、大、大キライ)


第一回投票日まであとわずか。4月22日です。
そこで最終候補2名が選出され、5月6日に決選投票で一騎打ち。
一体だれが最終候補に残るのか…。

今、日本の政治よりもずっと関心がある、私です。
[PR]

by moncheminparis | 2007-04-14 10:01 | 日々のこと… d'habitude


<< ハイドシェック5月来日まで1ヶ...      日本的なもの。 >>