2007年 05月 05日
ハイドシェック東京公演まで、あと1週間を切りました。
(昨日のブログ記事への追加です)

問い合わせがありましたのでもう1度、
今回のハイドシェック公演スケジュールを載せます。
ご参考下さい♪


*****************************************
5月10日(木)、5月11日(金)
日本フィル交響楽団 第509回定期演奏会
指揮:アレクサンドル・ドミトリエフ
曲目:ベートーヴェンピアノ協奏曲 第2番など
会場:東京オペラシティ コンサートホール
プレイガイド:日本フィルサービスセンター 03-5378-5911


5月25日(金)、5月26日(土)
札幌交響楽団 第499回定期演奏会
指揮:高関健
曲目:モーツァルトピアノ協奏曲 第18番など
会場:札幌コンサートホール Kitara
プレイガイド:Kitara チケットセンター 011-520-1234
*****************************************



さて。。
突然ですが、ハイドシェックの若い頃のポートレート写真です。

c0086674_17205679.jpg
すでにご存知の方も多いと思いますが
ハイドシェックって若い頃とってもイケメンだったのです。
細身で繊細そうで…ロマンティックかつ華やかなお顔立ち…。
しかも身長もかなり高いので、若い頃は相当目立っただろうなぁ、と想像します。



以前、ハイドシェックと一緒にコンサートをさせてもらう、という素敵な経験をしました。
向かった先は、ロワール地方。オルレアンの近く、Meung-sur-Loire という街。
宿泊を招待して下さったご家庭に、まさにこの写真がサロンの暖炉の上に飾ってあって、
それを見つけるなり、
「ハルミ、見た見た?僕の若い頃!いけてるでしょ~!今も面影ある?ある?」
と、すごい勢いだったのを思い出します。
こっちが言う前に自分で自慢しちゃう辺り、ハイドシェックらしすぎます。
いや~思い出し笑いしちゃうな~。



***そのときのスナップたち
c0086674_1750281.jpg
リハーサル中…


c0086674_17513474.jpg
コンサート会場となった場所です。
ジャンヌ・ダルクに縁のある場所でした。
(すぐ近くに戦場の舞台となったPont de Meung-sur-Loire という橋があります)


c0086674_1751142.jpg
入り口は雰囲気があって…本当に素敵な場所でした♪


c0086674_17574040.jpg
ハイドシェックと私。コンサート翌日の写真。





現在は月日も経って、人間味溢れる魅力がありますね。
本人は美貌が崩れた崩れたと残念がっていますが(もう…自分で言うなっ!て感じ)
ドイツ系血統から来る長い顔立ちには、一般的なフランス人のふにゃららとした雰囲気は無くて、
かなりカッコイイオジサン、なのではないでしょうか。

気になるのはお腹辺りのサイズ…。広がったり縮まったり…(笑)
あ、これ怒られますから、あの子ブログで悪口書いてましたよ~なんて
ハイドシェックに言っちゃダメですよっ。すごく気にしてますから!

東京公演まであと1週間を切りました。
そろそろ日本に到着する頃です。
今は気持ちのよい季節ですので、日本好きのハイドシェックは喜ぶでしょうね。
今回はコンチェルト、という事でソロとはまた違ったハイドシェックの魅力を味わえるはずです。
本当はオケの部分も自分で演奏してしまいたい、そんなハイドシェックですが(笑)
きっと素晴しいコンサートになること、間違いなしです。
私は11日の公演に行く事にしています☆




これ、な~んだ?
c0086674_1891774.jpg


・・・・・・・ふふふ。

これ、れっきとした、ト・イ・レ です。
先ほどのコンサート会場のおトイレ。
あんまり面白いアイデアで思わずパチリと撮った一枚です。
[PR]

by moncheminparis | 2007-05-05 18:12 | ハイドシェック来日ツアー2007


<< ば~らが咲いた♪      ビクター & 仏CHARLIN... >>