2007年 06月 06日
たくさんの、ブラヴォー♪
昨日のNHK-FM「ベスト・オブ・クラシック」。
お聴きになられた方も多いと思います。


臨場感ある録音だと思いました。
当日の会場の熱気を再び思い出して、1人熱くなってました(笑)
録音ですから演奏の全てを再現したとは思わなかったのですが。
(特に音色についてはもっとピン!と緊張感があったし多彩でした。ペダリングなども会場で聞いたものとは少々印象が違いました。)

前半の少し固めな入りから、後半に向けて尻上がりに乗って行く、
聞き終わればそこには「感動」が心に残る、説得力のある演奏会だったなあと
再び思い出しては胸が一杯になっています。
私があの日好きだったのは、
モーツァルトのロンド、
ベートーヴェン:テンペストの2楽章、
ショパンの舟歌、
ドビュッシーの「ヴィーノの門」
(アナウンサーが思いっきりVじゃなくてBの発音で「ビーノの門」って言ってたのが気に入らなかった…(笑))
そして、アンコールのバッハ。


きっと全国で多くのファンの方が聴いているんだろうなぁ…
この放送で今多くの気持ちが繋がっているんだなぁ…なんて思って聴いてました。



☆ええと、ここでちょっと提案なのですが…。☆
このように電波にのってハイドシェックの演奏が流れた機会に
もしも宜しければ、
ハイドシェックへの感想やメッセージなと気軽にコメント欄に書き込んで頂けたら…と思っているのです。
今までコメントをちょっと躊躇していた方も、是非。
本当は伝えたいのに言葉がちょっと…という方も、是非。
私の「なんちゃってフランス語」でなるべく忠実にハイドシェックに伝えようと思います。
きっと、みなさんの声がハイドシェックの大きな喜びになると思うので。
もしも、他の方に読まれたくない…という方は
コメント送信の際に「非公開コメント」の所にチェックを入れると
私にだけ、読めるようになります。


会場からのたくさんのブラヴォーがとても印象的でした。
あの日の会場には、なんだか独特な連帯感みたいなものがあったように思います。
8年ぶりの、ソロリサイタルでしたもんね!
[PR]

by moncheminparis | 2007-06-06 10:01 | ハイドシェック来日ツアー2007


<< 通訳をする、という事。      自然いっぱい、富山にて… & ... >>