2007年 06月 30日
ハイドシェック新譜&2004年「皇帝」ライブ録音
ハイドシェックツアーを挟んでだいぶ間が空いてしまいましたが、
録音紹介を再開したいと思います。

最近キングインターナショナルから復刻版が数多く出ていますが
これに関してはこちら(HMVサイトへ)をご参考下さい。
テイチクがクラシックから手を引いてしまって、
音源がお蔵入り?してしまっていたのですが
こうして復刻版で再び手に入るようになった事、ファンにとっては嬉しい限りですね♪


さて。

ハイドシェックの最新の新譜はこちら。仏INTEGRAL社からです。



♪Duo Tania & Eric HEIDSIECK : W.A. MOZART & J.S.BACH    INT 221.156
c0086674_19482073.jpg
モーツァルト:ピアノ協奏曲第17番 ト長調 K.453
モーツァルト:2台ピアノのための協奏曲 第10番 変ホ長調 K.365
J.S.バッハ:2台ピアノのための協奏曲 ハ短調 BWV.1060

ピアノ:(モーツァルト 第17番:エリック・ハイドシェック)
     (その他2曲:ターニャ&エリック・ハイドシェック)

オーケストラ:カメラータ・ジオン
指揮:田部井剛

録音年:2005年7月 ライブ録音 in 高知


2005年に「2人のハイドシェック」と題して行われたツアーのライブ録音です。
音源は高知公演のもの。
モーツァルトの17番はハイドシェックのピアノソロ、
他の2曲は奥様のターニャさんとのピアノデュオです。
指揮はハイドシェックとの名コンビでお馴染み、田部井剛さん。
(田部井さんとじゃないと、このツアーは引き受けない、と言ったとか言わないとか…)

そんなわけで?ハイドシェックが自由に、気持ち良さそ~に演奏しています。
ターニャさんとの息の合った「大人な」デュオも魅力的。
私は特に、バッハが好きです。
ぴったりと寄り添ったオケの音も上品でいいです。

でも…このCD、実はあまり音質が良くありません。
ライブだから仕方ないのかもしれませんが。
ちょっと残念です。

c0086674_2035152.jpg
ジャケットの裏表紙はこんな写真も載っています。
みんなで手を繋いで仲良し♪
なんだか楽しそうですね!
この日の高知公演は、かなり良かったみたいで。
パリに戻ってくるなり電話をくれて、高知の演奏がベストだった!
と大喜びだったのを覚えています。





次にご紹介するのはパリ郊外でのライブ録音。
同じく仏INTEGRAL社から出たもの。



♪Eric Heidsieck : BEETHOVEN   INT221.137
c0086674_2093283.jpg
ピアノコンチェルト第5番「皇帝」 op.73
ピアノソナタ第5番 op.10

ピアノ:エリック・ハイドシェック
指揮:ジャン・ジャック・ヴェルネール(Jean-Jaque WERNER)
オーケストラ:レオン・バルザン(Léon Barzin)オーケストラ

2004年2月8日ライブ録音 in フレーヌ(Fresnes)


コンチェルトもピアノソナタも第5番で揃えた、充実の録音。

コンサート当日は、何と日本から「皇帝」を聞くためにわざわざやってきた
ちょっとクレイジーな2人組と共に、リハーサルから会場で聞いていました。
指揮者のWERNERさんは、ハイドシェックとは軍隊時代からの旧友。
仲良しで息の合ったコンビ…と言いたいところですが
音作りはそう簡単でもなくて、結構あーだこーだとやり取りしていたのが面白かったです。

皇帝も良かったのですが、ピアノソナタ第5番がこれまたすごかった。
独特の緊迫感が会場全体を支配して…。迫力ありました。



なお、これら2枚のCDはHMVなどで手に入ります。
[PR]

by moncheminparis | 2007-06-30 20:28 | ハイドシェックの録音


<< ムジカノーヴァ 5月号      ふるさとっていいなぁ >>