2007年 10月 09日
トリコロール tricolore
今日はバタバタデーでした。

c0086674_17555740.jpg
午前中はフランス国旗めぐりをしてました。
わ~い!


って。。
違う…。


行ったのは、
préfecture 県庁
tribunal 裁判所
marie 市役所

心躍るでしょう?(笑)

「どこの国も役所は無愛想で不親切」
偏見もありますが、これは今までの人生で感じたことなので。

私が県庁に行くのは、滞在許可証関係の用事があるから。
なるべく外国人は残ってもらいたくないフランスは、この県庁で厳しい審査をします。
「厳しい審査」はあってしかるべきものと、私は思っています。
世の中にはいろんな人がいて、不法なやり方で入国し問題を起こす人もいる。

でも。
県庁で毎回うける待遇にはホントにうんざり。
まるで刑務所(って実際に刑務所を見たことはありませんが)
寒かろうが暑かろうが、とにかく立って並んで待ち(時には外で待ちます)、1つの質問に2時間も並んだあげく、答えは「?」という不明瞭なものだったり。
(申請用、問い合わせ用、なんていくつも窓口はありません)
人相の悪いヒステリックな窓口のおばさんを突破したら、次はチケットをもらってひたすら待つ。
順番が来ると呼ばれるのだが、その呼び方のまたヒステリックなこと。。
「マダ~ムスズキ~~~~ッッッ!!」
って…叫ばなくても聞こえるっば、という感じ。
その後のネチネチといやらしい質問攻撃、もう慣れましたが
うっかりこちらがカチンときて、一言返すものなら大変です。即刻退場(笑)。
出て行かないと警察呼ぶわよ、です。←これ、実際昨日聞いたセリフ。

まぁ、全員に親切に対応していたらキリがないし、
相談窓口じゃないんだから、とわけのわからない質問をしにくる外国人にキレる窓口の人の気持ちも少しはわかります。
「個人の問題を解決するためにここはあるんじゃない、ウィかノン、どちらかしかない」
と、言い切る彼ら。

厳しいです。これが現実。

私は毎回、県庁に行くとお腹が痛くなります。
話せるはずのフランス語もドキドキするので噛んでしまったり。

でも今回は、ニコラが一緒に来てくれたので気分はそれほど悪くなかった(かなり、並びましたが)。
窓口の対応も、ニコラのお陰だと思いますが、いつもよりは「まとも」でした。
問い合わせたかったことに関しては「う~ん」でしたが。
でも、一応門前払いではなかったので良しとしよう。
必要な書類もくれたし。

その後向った裁判所。
ここも問い合わせ。

窓口のマダム、超~~~~~親切。
聞いてもいないことにまで気をまわして、教えてくれる。(普通聞いたことにしか答えてもらえない)
県庁との差に気が抜ける私。

その後さらに向った市役所。
ここなんて、用事があるのはニコラだけだったし、窓口も空いていたので、なんと感じの良かったことか。
手続きが終わって、でも「あれ?これって…?」とごにゃごにゃ話していたら
「ご質問でも?」と向こうから聞いてくれる、この対応。

「なんかさ、県庁での対応って実はすごく特殊なんだね、全ての役所関係が県庁みたいだと思ってたけど違うんだね」
とニコラに言ったら、
やはり県庁は、今のフランスの政策(外国人を入れたくない)を直に受けてるから
あれも彼らの仕事なんだよね…と冷静に言われました。

c0086674_19112181.gifフランス国旗のトリコロールカラーは、青、白、赤。
青→自由 liberté
白→平等 égalité
赤→博愛 fraternité


この3つの精神は、フランス人だけのためにあって外国人にはない。
なぜなら、フランス国籍ではないから。
でも、フランスに住む限りフランスの習慣や文化を尊重しフランス語を話し、フランス憲法を守る。
守れないなら出ていけ、と新大統領は言いました。

日本にいたら、こんな事考えたりしません。
外国にいるから、人権ってなんだろうとか、難しいことを沢山考える。
これも人生の経験として、自分を鍛え豊かにしていくものだと思って受け入れるしかないのかな。


バタバタと午前中は終わり、2人とも1日分のパワーは殆ど使い切ったという状態でしたが
ニコラ君は午後からお仕事へ
私は午後から歌の子と初合わせ。

今回一緒に演奏するプログラムは全てフランス歌曲。
素晴しい曲ばかりです。美しい。
演奏するのが喜びです。
フランス語の発音や響きと、伴奏の絡みが他のジャンルにはない新鮮な感じで
合わせが終わった頃には私は午前中の嫌な気分はすっかり忘れてしまったのでした。

音楽、万歳。
フランス、万歳。
県庁だけがフランスじゃないもん。

単純です、私は。。



音楽ブログランキング

[PR]

by moncheminparis | 2007-10-09 23:18 | 日々のこと… d'habitude


<< ターニャさん      秋、そして週末 >>