2007年 11月 19日
ストとボジョレ・ヌーヴォーとハイドシェック
またまた、ぐぐっと気温の下がったここ数日。
外に出るとブルッと震えます…。

そして、寒いのに相変わらず交通機関は大混乱が続く、フランス。
ニュースとインターネットで毎日メトロの本数を確認する日々。
毎日すこ~しづつ、状況は改善されている「はず」なのですが結果は見えず。
相変わらずのメトロの状況にパリジャンたちはうんざり。
やってられない!と車通勤に切り替える人が多いのか、道路状況も日々悪くなる一方。
水曜日には政府と組合の話し合いが再度持たれるようで、そこに改善を期待したいところ。
パリ市内だけでなくフランス全土がこんな状況なので、いい加減にして欲しい!
ですが、明日は公務員の大ストライキが予告されていて、またまた大騒動になりそうな感じです。
EDF(電気)による一部停電もあるか、とも言われているほど。

もう、こうなったらストに反対するストを起こすか?
いや…冗談にならないかもしれません。とにかく今のフランスはあまり笑えない状況です。


そんなbordélique(めっちゃくちゃ)な中、
週末は11月の恒例行事ボジョレ・ヌーヴォーをちょっぴり楽しみました。
日本のようなイヴェントっぽい雰囲気はないのですが、どんな味かな~と食いしん坊パリジャンたちもこのワインのbébé(赤ちゃん)たちを味見。
私はお店のオススメの手ごろなボジョレを選んだのですが、フルーティなカシスの香りがしてクセもなくスッキリと飲みやすかった。

ボジョレ解禁の日には、テレビのニュースで日本の様子が映像で流れましたよ。
箱根だったかな?それとも、熱海だったかしら?
ワイン風呂を楽しむ、はしゃいだ様子の日本人の様子を「フフ…」て感じで放送してました。
ニコラはそんな映像をでかい目をさらに丸くして見てましたけど(笑)


そうそう。
ちょこっとハイドシェック情報も♪
もうすぐスペインへ演奏旅行出発のハイドシェック。
プログラムはブラームス。ソロ&ターニャさんとのデュオ、両方演奏するようです。
寒くてメトロもない中、パリジャンのハイドシェックはどこでも歩いて積極的に出かけているようですよ。
ホント、元気なオジサンです。。
来年1月からは数回に渉ってパリ市内で公開レッスンも行われますので、
詳細が分かり次第また様子をお伝えできると思います。
今の所、公開レッスンのプログラムは「ブラームス&フォーレ作品」になる予定です♪

そんなこんなで、色んな話題をごちゃまぜにした今日のブログでした。



音楽ブログランキング

[PR]

by moncheminparis | 2007-11-19 17:02 | 日々のこと… d'habitude


<< スト風邪      名門ベーゼンドルファー、売却へ。。 >>