2008年 04月 08日
ハイドシェックのマスタークラス:ブラームスop.118
3月17日に引き続き、今年に入り第2回目のハイドシェックによるマスタークラスが昨日開催されました。
場所は前回と同じ、スコラ・カントルム音楽院です。

音楽院の写真を載せた事がなかったように思うのでご紹介。
c0086674_18394799.jpgc0086674_18402062.jpg

c0086674_18405363.jpgc0086674_18411340.jpg


La Schola Cantorum
269 rue Saint-Jaques 75005 PARIS


←この風景は私のお気に入り。




ところで少し脱線しますが音楽院のすぐ側にこれまた素晴しい建造物が。
c0086674_18481014.jpg
Eglise Val de Grâce ヴァル・ドゥ・グラース教会


音楽院に行く時は
教会が真正面から見えるコースを選んで歩きます。
細い路地から広場に到着した時の迫力は、
なかなかの感動モノ。




話をマスタークラスに戻します。
昨夜のテーマはブラームス。
私が演奏したのはop.118 より第1曲~3曲まで。
ブラームスの作品118は私にとってかなり大きな位置を占める曲で
大学生の頃から段々その魅力に目覚め、機会があれば勉強してきましたが
その非常に内向的な、そして究極に純粋ともいえる美しさの表現をどのようにしたら手に入れられるのか…随分と考えたものでした。
多くの先輩ピアニストは「ブラームスを弾くには年齢を重ねないと」と、あまり多くのアドヴァイスをくれません。

私が作品118を初めて聞いたのは、中学生のとき。
当時の先生が目の前で演奏してくれました。ブラームスってこんなに美しいのか…と開眼。
初めて勉強したのは、大学生のとき。20代前半。
パリに留学してからも、再度挑戦。20代後半。
そして今回。30代前半。

確かに…私はピアニストとしてはまだ若すぎる程若いのですが
時を置いて、再度同じ曲に向き合うとき、私の中に変化が起きているのを感じます。
以前は気がつかなかった事に気がつく。より敏感になる、というか。
昨日レッスンを受けながら強く思ったことは、同じレッスンを20代のあの頃に受けても、
心の奥に深く刻まれることはなかっただろうな…という事。
楽譜から紐解いていくその1つ1つのアドヴァイスが、今の私にはかなり「直球」という感じで、
今回はかなり良いタイミングでレッスンを受けたように思いました。

音楽はいつでも、一期一会なのですね。
縁あって曲と出会い、曲と共に成長していく。
演奏する度に発見する喜び。
「解釈を深めながらも、新鮮さも忘れずに。」
これも、ハイドシェックがよく言う言葉です。

*************************************************
♪2008年ハイドシェック来日♪ツアー情報、詳細はこちら
ツアーに向けハイドシェックへメッセージ募集中!←メールでの募集も開始しました。ご覧下さい



音楽ブログランキング

[PR]

by moncheminparis | 2008-04-08 12:34 | ピアノ piano


<< ハイドシェック米沢公演チケット...      空間 L'espace >>