2008年 05月 21日
J-7  10年ひと区切り。
ハイドシェックは今年、来日40周年という事ですが、
私にとっても今年はメモリアルで、ハイドシェックと出会ってちょうど10年になります。

そんなに経ったかな?と思うような気もしますし
10年前の出会いを懐かしく思い出す気持ちもあります。


みなさん、一目惚れって経験した事ありますか?
私は、こんなところで公言する事でもないかもしれませんが、あまり惚れっぽくありません(笑)。
事に恋愛においては…実は慎重派です。
こんな私なので、一目惚れで恋する事はないのですが
ハイドシェックとの出会いは多分、私の数少ない「一目惚れ」だったのではないかと思います。

何故なら
相手が自分をどう思ってるかよりも、自分が相手を好き!
という、「恋は盲目」的な心境でしたので。
なんかよくわからないけど、ものすごく重大な事が今起こってる!と感じていました。
だから、あんまり良く考えなかったんですね。
ハイドシェックに教えてもらいたいからパリに行く!
信じたのはその直感のみ。
(なになに?もっとその話詳しく知りたい~って方はこちらにでも行って見て下さいませ。。)

そして、10年が経過。
私は自分の人生を「ハイドシェック前、ハイドシェック後」と区切っています。
出会う前はたまご。出会って殻が割れ、「私らしい私」の誕生。
ハイドシェックは優しい人なので、自分がきっかけでパリに来た見知らぬ女の子を
それなら面倒みてやろうじゃないか!と暖かく受け入れてくれたのだと思います。
だから、ハイドシェックとの交流はピアノを超えてもっと人間的、家庭的で
まるで父親のような視線で私を見てくれていると感じています。


私の目を通してハイドシェックの姿を多くの人に知ってもらいたい。
そう宣言するにはおこがましいほど、まだまだ未熟な私ですが
今年は、そんな気持ちが色々な形で実現しています。
あえてここには書きませんが、サプライズもあると思いますので
なんだろな?と思いつつ、ツアー開始までのあと1週間をお過ごしいただけたら…
なんて、思っています。

*************************************************
♪2008年ハイドシェック来日♪ツアー情報、詳細はこちら


音楽ブログランキング

[PR]

by moncheminparis | 2008-05-21 19:59 | ハイドシェック来日ツアー2008 


<< J-6  ハイドシェックが米沢...      J-8  音楽は精神のビタミン >>