カテゴリ:ハイドシェック来日ツアー2008 ( 30 )

2008年 05月 16日
J-12  進化するベートーヴェン
c0086674_175695.jpg



スケッチ画によるベートーヴェン。

このスケッチはあまり正確な描写ではないそうですが
頑固そうなあごとか、がっちりした体型などは
私のイメージと合います。


ちなみに後ろで手を組む姿は
ベートーヴェンが散歩をする時
よく見られたポーズだそうです。





ハイドシェック来日ブログラムの中に
創作主題による6つの変奏曲 ヘ長調作品34」という曲が入っています。
この曲、実は最近のお気に入りで、気がつくとテーマを1人で歌っていたりします。

ベートーヴェンは、この曲を出版する際に
「全く新しい手法」を用いた作品であると言った、と伝えられています。
では何が新しいのでしょう?


♪新しいこと、その1

変奏曲の多くは、オペラのアリアなどを主題にしていたるものが多いです。
聴き手に覚えのある、有名な旋律を用いて各変奏を即興的に演奏するのが魅力。
でもこの変奏曲では、ベートーヴェン自身による主題が使われています。
当時の聴衆には「あら?知らないテーマだわ…何の曲かしら」という印象でしょうね。


♪新しいこと、その2

主題、そして各変奏間の転調に注目。

   主題 :ヘ長調
   第1変奏:ニ長調
   第2変奏:変ロ長調
   第3変奏:ト長調
   第4変奏:変ホ長調
   第5変奏:ハ短調―ハ長調
   第6変奏:ヘ長調



楽器をお持ちの方は是非、鳴らしてみて欲しい(出来れば和音で)。
6つの変奏の調性が3度ずつ下行しています。
この転調、ベートーヴェンの時代には全く新しい響き。
まるでドビュッシーなど近現代を思わせる、斬新なアイデアです。


♪新しいこと、その3

さらに。
変奏曲間は、調性だけでなく拍子や速度表示も変化しています。
各変奏が、それぞれ全く違った性格を持っています。
一瞬、変奏曲なのにそう聞こえない…と思うほどです。


この作品は
ピアノソナタで言えばあの有名な「テンペスト」と全く同じ時期に作曲、出版されています。
中期のピアノソナタ、と呼ばれる時期です。
この時期の作品たちは、1つ1つが非常に新しい。
ベートーヴェンは着実に「ロマン派」の扉を叩いています。
心の叫びを熱く表現する事は、当時まだ新しく革命的であったのです。

***********************************************
♪2008年ハイドシェック来日♪ツアー情報、詳細はこちら


音楽ブログランキング
ランキングから訪問して下さる方もいます。ありがとうございます!
[PR]

by moncheminparis | 2008-05-16 11:37 | ハイドシェック来日ツアー2008 
2008年 05月 15日
J-13  ベートーヴェン:ピアノソナタ「悲愴」 作品13
c0086674_17514646.jpg


以前も掲載しましたが
6月6日、サントリーホール公演のチラシです。


***********************************************
来日ツアープログラムは「オール・ベートーヴェン」
ちょっと、おさらいしてみます。

<プログラム内容>
ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」 Op.13
創作主題による6つの変奏曲 ヘ長調 Op.34
6つのバガテル Op.126
ピアノ・ソナタ第31番 Op.110


<ツアー日程>
5/28(水) 仙台・電力ホール (仙台放送 022-268-2174)
5/30(金) 札幌・コンサートホールKitara (オフィス・ワン 011-612-8696)
5/31(土) 米沢・置賜文化ホール (0238-26-2666)
6/4(水)  名古屋・宗次ホール (052-265-1715)
6/6(金)  東京・サントリーホール (コンサートイマジン 03-3235-3777)
6/8(日)  神奈川・グリーンホール相模大野 (チケットMove 042-742-9999)
***********************************************

To be, or not to be, that is the question.
生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ。

(シェイクスピア「ハムレット」より)

仏語バージョンも、どうぞ。
Etre ou ne pas être, telle est la question.


ベートーヴェン:ピアノソナタ第8番「悲愴」の大テーマです。
ベートーヴェンのピアノソナタには表題の付いているものがいくつかあり
どれも有名なものばかりですが
ベートーヴェン自身が付けたものは意外にも2つだけ。

第8番「悲愴」ソナタ Patétique
第26番「告別」ソナタ Les Adieux



「悲愴」ソナタは、初期のピアノソナタの頂点と言えると思います。
すでに耳の疾患に悩み、音楽家としての大問題に直面していた時代の作品。
ベートーヴェンにとって耳の疾患は大きな痛手であったはずですが
この苦しみがあったからこそベートーヴェン作品には独特の深みが生まれた
という風に考えると、人生とは何とも皮肉なものですね。

偉大なアーティストであればあるこそ、その人生は波乱万丈で不幸に満ちたものであったりしますが、
安定平和な精神状態では芸術作品は生まれにくい、とも言えると思います。

ざわめく第1楽章、究極の美・第2楽章、再度ざわめく第3楽章
という構成はベートーヴェンのピアノソナタにはよくあるパターンですが
「悲愴」ソナタの第2楽章は本当に美しいですね!
ハイドシェックの演奏が楽しみです。

****************************************
♪2008年ハイドシェック来日♪ツアー情報、詳細はこちら


音楽ブログランキング
じわっとランキング上昇中です。ありがとうございます!
[PR]

by moncheminparis | 2008-05-15 11:49 | ハイドシェック来日ツアー2008 
2008年 05月 14日
J-14  去年の今頃は
昨日のブログ。
早速沢山の「行きます宣言」ありがとうございます!
どんどん書き込んで、大いに盛り上がってくださいね~~♪


さて。
ハイドシェック公演に伴い、私もあと10日ほどで日本に出発するのですが
パリがあまりにも暑いので、今頃の日本の気候ってどんなだったかしら?と思って
去年の今頃のブログを見直してみました。

まさにハイドシェック、一色!
去年の今頃はハイドシェックのコンチェルト公演だったんですね。
東京札幌にて、レポートしたものがありますので、お時間ある時にでも覗いて見て下さい。

c0086674_1815546.jpg


目黒雅叙園にて。
去年の5月に撮影したものです。
この日は天気が最高で
ハイドシェックの白髪がキラキラと光っていたのを
思い出します。


そうそう。
ハイドシェックは東京に詳しくてビックリしました。
JP、メトロ、徒歩、スイスイのスイ。
さすが都会っ子(笑)。



あれから1年も経ったのかと思うと、なんだか不思議です。
去年ハイドシェック公演関係で新しく出会った方々のおかげで随分と人間関係に広がりが出来ました。
随分昔からアイデアだけはあったハイドシェック日本語サイトも
BBさんを大いに巻き込んで(笑)実現しましたし
(こちらです→「エリック・ハイドシェック通信」 どうぞよろしく♪)
米沢公演も「ひょっとして…出来るんじゃないか」と思う気持ちをストレートにぶつけた所から話が進みました。


全ては出会いに感謝、ハイドシェックに感謝。
この気持ちを忘れてはいけませんね。
今年のハイドシェック公演は私にとって、また特別な意味で思い出深いものとなりそうです。

*************************************************
♪2008年ハイドシェック来日♪ツアー情報、詳細はこちら


音楽ブログランキング
こちらからのアクセスが最近増えてきました♪メルシーです!
[PR]

by moncheminparis | 2008-05-14 11:19 | ハイドシェック来日ツアー2008 
2008年 05月 13日
J-15 ハイドシェック来日まで約2週間!
パリは相変わらず、毎日毎日暑いです…
日本からのメールで「寒くて暖房いれてるよ」なんて言われると(東北にお住まいの方)
この暑さ、分けてあげたいくらい。。
正直、バテています。まだ5月なのに…夏バテ?

フランスでさえこの暑さですから
今頃カリブ海クルーズコンサートなんかに行っているハイドシェック夫妻は大丈夫なんでしょうか。
イタリア、トルコ、クロアチア…と周るそうなんですけど、聞くだけで暑そうですね。
(素敵!とキャッキャ出来ません…だってもう暑いのはイヤ…)
♪ちなみにリンク先はこちらです。
主催者のチェリスト、ドミニク・ドゥ・ヴィレンクール氏によるこのクルーズは
毎年行われていて、かなり有名です。優雅ですね~!


そしてクルーズから戻り、しばらくすればハイドシェックの来日です!
数えてみたらあと15日なんですね。早いです。
暑い暑いとバテてないで、このブログでも盛り上げて行かなくては。
最近のブログへのアクセス、キーワードトップはやはり「ハイドシェック」。
このブログを通じて、少しでも多くの方にハイドシェックの姿をお伝えして行きたいです。

28日仙台から始まる6公演。
みなさんはどちらの公演に行かれますか?
私は米沢、名古屋、東京の3つに行く予定です。
見かけたら是非気軽に声をかけて下さいね。

***********************************************
♪2008年ハイドシェック来日♪ツアー情報、詳細はこちら


音楽ブログランキング

[PR]

by moncheminparis | 2008-05-13 14:05 | ハイドシェック来日ツアー2008 
2008年 04月 23日
♪ハイドシェック一言メッセージ募集中♪ <しばらくトップ固定>
ブログを読んで下さっている皆様へ
ハイドシェック一言メッセージ受付締め切りの4月一杯までこの記事を固定します。
新しい記事は下へスクロールしてご覧くださいませ。
*******************************************

再度のお知らせとなります。
現在、コンサートイマジンさんでは
ハイドシェック来日公演パンフレットへの一言メッセージを募集中。詳細
締め切りはもうすぐ!4月一杯までです!


募集方法は次の3つです:

♪コンサートイマジンへ直接郵送 〒168-0802 新宿区改代町35
郵送用あて先:コンサートイマジン「ハイドシェック一言メッセージ」係宛

♪コンサートイマジンへFAX (03-3235-3855)

♪専用メールへ送信 ericmessages.imagine@gmail.com

注:4月10日に掲載した募集用メールアドレス表記にミスがありました。
すでにメールを送って下さった方、お手数ですがもう一度ご確認いただけないでしょうか?
正しくは今回の表記です。(以前の表記では、@前の.imagineが抜けていました)
申し訳ありませんでした。ここにお詫び申し上げます。


******************************************************
♪2008年ハイドシェック来日♪ツアー情報、詳細はこちら
ツアーに向けハイドシェックへメッセージ募集中!←ご覧下さい



音楽ブログランキング

[PR]

by moncheminparis | 2008-04-23 11:31 | ハイドシェック来日ツアー2008 
2008年 04月 10日
ハイドシェック米沢公演チケット発売開始&一言メッセージ募集について
ハイドシェック来日ツアー開始まで、気がつけばもう2ヶ月を切りました。
そんな中、今日4月10日に米沢公演(5月31日、伝国の杜にて)のチケット発売が開始されました。
詳細はこちらを参照して下さい。

以前も少し書きましたが今回私は米沢公演の言いだしっぺを務めました。
母の実家であるこの地でハイドシェック公演が実現できないかと働きかけ、
お陰さまで沢山の方のご協力のもと、めでたく実現の運びとなりました。
米沢の暖かな土地柄がハイドシェックの心にきっと響くことでしょう。
是非、みなさんで盛り上げて公演成功に繋げていきたいです。

尚、チケットはハイドシェック公演としては破格の、1枚3000円という大変良心的な設定になっています。


米沢公演に行かれるご予定の方は、是非私に声をかけてくださいね。
私は当日、現地におります。

***

さて、さらにお知らせがあります。
コンサートイマジンHPBBさんのブログmagnetさんのブログ等でも紹介されていますが
ただ今「ハイドシェック一言メッセージ」を募集中です♪
頂いたメッセージは公演パンフレット上で紹介されます。
来日40周年を記念した素敵なパンフレット作りに、みなさんも参加してみませんか?
以前からの募集方法に加え、メールでの受付も開始しています。
ericmessages.imagine@gmail.com
郵送やFAXはちょっとおっくう…という方も、メールならもう少し気軽に書けませんか?
注:掲載した募集用メールアドレス表記にミスがあり、2008年4月23日加筆しています。
すでにメールを送って下さった方、お手数ですがもう一度ご確認いただけないでしょうか?
正しくは今回の表記です。(以前の表記では、@前の.imagineが抜けていました)
申し訳ありませんでした。



メッセージ受付は4月一杯行っています。


*********************************
♪2008年ハイドシェック来日♪ツアー情報、詳細はこちら
ツアーに向けハイドシェックへメッセージ募集中!←ご覧下さい



音楽ブログランキング

[PR]

by moncheminparis | 2008-04-10 14:04 | ハイドシェック来日ツアー2008 
2008年 03月 11日
☆ハイドシェックへメッセージ募集中☆ <<改訂版>>
最近くどいほど「ハイドシェック」関連ニュースに満ちているこのブログですが(笑)
またまた今日も。。

c0086674_21132236.jpg

3月4日の記事と内容が重なりますが
コンサートイマジンさんがハイドシェックへのメッセージを募集しています。
今年はハイドシェック来日40周年。メモリアルなツアーです。


それを記念して
♪サントリーホール公演・プラチナ席をご購入の方へスペシャルCDをプレゼント!(オリジナルの非売品です)
♪公演パンフレットに皆様からの一言メッセージを掲載!

というステキな企画があります。

すでにどっぷりエリック歴の長いアナタも、これからもっとエリックに染まりたいわっていうアナタも、
是非、パンフレットに熱いメッセージを寄せませんか?
そして皆さんで愛に満ちた40周年パンフレットを作りましょう!

メッセージは
コンサートイマジンへ直接郵送
〒168-0802 新宿区改代町35

もしくは
FAX(03-3235-3855)
または、メールでも受け付けています。
ericmessages.imagine@gmail.com

注:メッセージ受付は4月末まで。

郵送用あて先は:コンサートイマジン「ハイドシェック一言メッセージ」係宛 です。
どしどし、お寄せ下さいね!

**************************************************
♪2008年ハイドシェック来日♪ツアー情報、詳細はこちら
[PR]

by moncheminparis | 2008-03-11 21:06 | ハイドシェック来日ツアー2008 
2008年 03月 06日
2008年 ハイドシェック来日ツアー日程 <改訂版>
ジャ~ン038.gif
c0086674_17292217.jpg

サントリーホールのチラシです。
フランスにはこういう「立派な」チラシって
存在しません。
師匠…近寄りがたいわ(笑)。。



ちなみに
なんでブドウがぶらさがってるのか?
という疑問をお持ちの方は
BBさんのブログ内「シャンパン・チャーリー」トピックを
ご参照に。
ハイドシェックのルーツが明らかに。
(こういう調べものが得意なBBさんにブラヴォー)



さて。
ハイドシェックの来日スケジュールですが
改訂版を入手しています。
以前お知らせした日程に、さらに追加公演がありますのでご確認下さいね。
(追加公演をで表示しています)

****************************************************
5/28(水) 仙台・電力ホール (仙台放送 022-268-2174) 詳細
5/30(金) 札幌・コンサートホールKitara (オフィス・ワン 011-612-8696) 詳細
5/31(土) 米沢・置賜文化ホール (0238-26-2666)詳細
6/4(水)  名古屋・宗次ホール (052-265-1715)詳細
6/6(金)  東京・サントリーホール (コンサートイマジン 03-3235-3777) 詳細
6/8(日)  神奈川・グリーンホール相模大野 (チケットMove 042-742-9999)詳細
****************************************************

全部で、6公演となります。
コンサートイマジンさんのマネージメントに、謝謝。
なんと待望の名古屋公演まで!(名古屋は私の地元なので…実現して欲しかった)
宗次ホールは名古屋で一番新しいホール。
私はまだ行った事がないのですが…
ある音楽ファンの方からはなかなか良い音響と聞いています。

米沢公演に関してはもう薄々お気づきの方もいるかもしれませんが
ちょこっとだけ公演の実現に言いだしっぺを務めました。
米沢は私の母の実家、私にとっても大事なふるさと。(米沢について
公演実現には多くの方のご理解とご協力が必要でした。
ここに深く感謝申し上げたいと思います。
是非、素敵な公演となりますように!
そして米沢公演にいらっしゃる方は是非、私に声をかけてください。

その他の公演も、お近くの方は是非足を運んでみてください。
(近くなくとも追っかけてしまう「エリック会」のみなさんも、もちろん!)
注→エリックのファンであれば即、エリック会のメンバーです。そして架空団体です…あしからず(笑)



音楽ブログランキング
エリック・クリック・シルヴプレ♪
[PR]

by moncheminparis | 2008-03-06 18:09 | ハイドシェック来日ツアー2008 
2008年 03月 04日
ハイドシェック、サントリーホール公演新情報!
コンサートイマジンのサイトが更新され、
ハイドシェックサントリーホール公演新情報が掲載されています!

以前このブログで
<サントリーホール公演に関してのちょっと「楽しみ」なニュースは
プラチナ席をご購入の方へ「ハイドシェック来日40周年記念プレゼント」があるようです。>

と、お知らせしましたが
その内容が明らかに。
そして、いよいよチケット発売開始日も発表されました。

以下、コンサートイマジンサイトよりコピペ(&少し付け加え)

*********************************************
2008年6月6日(金)19:00開演(18:30開場)

サントリーホール 大ホール

チケット(全席指定・税込):
プラチナ席¥9,000(限定150席) S席¥6,000
A席¥4,500 B席¥3,000 学生席¥2,000
※ 3/15(土)一般発売開始 (注:DM会員は3/8先行発売です)
※ プラチナ席、学生席はコンサートイマジンのみ取扱い
コンサートイマジン03-3235-3777


≪来日40周年記念スペシャル企画≫

その1: プラチナ券ご購入者に、記念CDをプレゼントいたします!
マエストロのメッセージと自作曲を収録した、今回限りの非買品CDです。
~収録内容~
ハイドシェックからのメッセージ
ハイドシェック自作「ラ・マルセイエーズによる変奏曲」より、「ピアノのための4つのエレメント」より
※チケットをお送りする際に引換券を同封いたします。6/6会場にてお引き換え下さい。
※CD-Rに録音された、非買品となります。
※内容は変更になる可能性がございます。

その2: マエストロへのひとことメッセージ(1行程度)”を募集します!
皆様からいただきましたメッセージを、公演パンフレットに掲載いたします。

下記宛先まで郵送あるいはファックスにてお寄せ下さい。
〒168-0802 新宿区改代町35
コンサートイマジン「ハイドシェック一言メッセージ」係宛
FAX03-3235-3855

************************************************

c0086674_17501228.jpg

プレゼントCDなんて、素敵な企画ですね!
そして「ひとことメッセージ」も。
皆様からの愛に満ちたパンフレットになるでしょう。
是非是非、メッセージをお寄せくださいね。



そして。
以前お伝えした来日スケジュール日程に加え、さらに新たな公演情報も入ってきています。
詳しくは近日中にアップ!お楽しみに♪



音楽ブログランキング

[PR]

by moncheminparis | 2008-03-04 17:57 | ハイドシェック来日ツアー2008 
2008年 02月 05日
2008年、ハイドシェック来日情報 (注:3月6日ブログに改訂版有り)
ハイドシェックファンの皆様は、そろそろコンサートイマジンさんのこんなページをすでにチェックされた方もいらっしゃる事でしょう!
2008年のハイドシェック来日スケジュールが段々固まってきている様子です。

プログラムは「オール・ベートーヴェン」
期待が膨らみます。

<プログラム内容>
ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」
創作主題による6つの変奏曲 ヘ長調 Op.34
6つのバガテル Op.126
ピアノ・ソナタ第31番


公演は、札幌、米沢、東京の順で行われるようです…。

…と、ここで!
072.gifホカホカアツアツの新情報がたった今、入ってきました。

どうも、札幌の前に仙台公演が入ったようです。
現地の方より情報を頂きました。
既にチケットを先行予約したとか。。なんて積極的!うれしいです!
仙台公演は5月28日、とか。

という事はオジサマのツアースケジュールは

訂正:仙台札幌米沢東京 という事になりそうです。(←それぞれ詳しいサイトへリンクしてあります)
東日本~東北、北海道、というわけですね。
ハイドシェックの東北地方公演は今までそれほど多くなかったはずなので
今年は2公演も入って、新たなファンも増えるのではないかしら。
とても良いニュースですね。


サントリーホール公演に関してのちょっと「楽しみ」なニュースは
プラチナ席をご購入の方へ「ハイドシェック来日40周年記念プレゼント」があるようです。
なんでしょうね?プレゼントって。
プレゼントは「開けてビックリお楽しみ」が一番。
イマジンさんからの発表を楽しみに待ちましょう。

「エリック・ハイドシェック通信」も負けていられません(笑)。
新鮮な情報と独自のコンテンツをどんどん、増やしていくつもりです。
お楽しみに♪



音楽ブログランキング

[PR]

by moncheminparis | 2008-02-05 15:51 | ハイドシェック来日ツアー2008