カテゴリ:ハイドシェック来日ツアー2007( 16 )

2007年 07月 02日
ムジカノーヴァ 5月号
ハイドシェック情報はなるべくリアルタイムでお届けしようと心がけているのですが
なんだかお伝えする事が沢山あって、うっかりしていたみたいです。

ちょっと前になってしまいますが
ピアノ専門誌「ムジカノーヴァ5月号」(音楽乃友社)に
ハイドシェックの特集が2つ、掲載されました。

1つは、3月2日の浜離宮朝日ホールでのコンサート評。
これは表紙をめくってすぐ、1ページ目に2枚の写真と共に載っています。
タイトルは「自由な感性と緻密な構成」
このタイトル、すごく気に入っているんです(エラそうですね~私)。

紙面に書かれるハイドシェックは、「自由奔放」「即興的」「強烈な個性」、など
とかく「変わり者」のカラーを強調して伝えられがちで、
それもまた、ハイドシェックの個性ですし、大きな特徴だと思うのですが
実はその背景にある、深く掘り下げられた理論であるとか、緻密な分析、という部分に
スポットがあたりにくいような気がするのです。
その上、「賛否両論」な演奏、などと言われてしまうと、
ふ~ん…型破りな変わったピアニストだね、で終わってしまう傾向があるかな、
と私は勝手に思っているのですが、
このコンサート評は、当日、ホール全体を支配したあの独特の緊張感や
ハイドシェックの狙う演奏効果、表現、そして8年ぶりの待ちに待った公演の様子を
少ないスペースの中に凝縮した、充実の内容だと思いました。


2つ目の記事は
何故、ハイドシェックの演奏にはそれほどまでにメッセージ性があるのか、
という部分に踏み込んだ内容。
4ページにわたるインタビューによって構成されています。

ここにはハイドシェックの素顔(おしゃべりで伝えたい事がいっぱいある)が紙面にあふれ出ていて
ハイドシェックを良く知る人なら、笑っちゃうかもしれません(>_<)
常に探究心を持ってひたむきに取り組む、ハイドシェックの人間性が出ています。
70歳を越えた巨匠、そこには常に謙虚に音楽と向き合う姿が
このインタビューから感じられるように思います。


バックナンバーでおそらく手に入ると思いますので
ご興味のある方は、音楽乃友社からたどってみてください。
[PR]

by moncheminparis | 2007-07-02 12:04 | ハイドシェック来日ツアー2007
2007年 06月 20日
News!! MOSTLY CLASSIC 8月号
本日発売のモーストリークラシック8月号(産経新聞社)に
ハイドシェックの特集記事が掲載されました。
ファンの方、必見。芸術的写真が目に飛び込んできます。
写真の置き方…って言うんでしょうか、配置も素晴しい。
ハイドシェックの歴史を感じます。


音楽写真家の木之下晃氏による
「写真家・木之下晃のマエストロ列伝」~第123回 ファインダー越しの巨匠たち エリック・ハイドシェク


雑誌を実際に見るのとはだいぶ印象が違いますが
Web上にも4枚の写真と共に掲載されていますので
是非 こちら もご覧下さい♪
[PR]

by moncheminparis | 2007-06-20 18:55 | ハイドシェック来日ツアー2007
2007年 06月 06日
たくさんの、ブラヴォー♪
昨日のNHK-FM「ベスト・オブ・クラシック」。
お聴きになられた方も多いと思います。


臨場感ある録音だと思いました。
当日の会場の熱気を再び思い出して、1人熱くなってました(笑)
録音ですから演奏の全てを再現したとは思わなかったのですが。
(特に音色についてはもっとピン!と緊張感があったし多彩でした。ペダリングなども会場で聞いたものとは少々印象が違いました。)

前半の少し固めな入りから、後半に向けて尻上がりに乗って行く、
聞き終わればそこには「感動」が心に残る、説得力のある演奏会だったなあと
再び思い出しては胸が一杯になっています。
私があの日好きだったのは、
モーツァルトのロンド、
ベートーヴェン:テンペストの2楽章、
ショパンの舟歌、
ドビュッシーの「ヴィーノの門」
(アナウンサーが思いっきりVじゃなくてBの発音で「ビーノの門」って言ってたのが気に入らなかった…(笑))
そして、アンコールのバッハ。


きっと全国で多くのファンの方が聴いているんだろうなぁ…
この放送で今多くの気持ちが繋がっているんだなぁ…なんて思って聴いてました。



☆ええと、ここでちょっと提案なのですが…。☆
このように電波にのってハイドシェックの演奏が流れた機会に
もしも宜しければ、
ハイドシェックへの感想やメッセージなと気軽にコメント欄に書き込んで頂けたら…と思っているのです。
今までコメントをちょっと躊躇していた方も、是非。
本当は伝えたいのに言葉がちょっと…という方も、是非。
私の「なんちゃってフランス語」でなるべく忠実にハイドシェックに伝えようと思います。
きっと、みなさんの声がハイドシェックの大きな喜びになると思うので。
もしも、他の方に読まれたくない…という方は
コメント送信の際に「非公開コメント」の所にチェックを入れると
私にだけ、読めるようになります。


会場からのたくさんのブラヴォーがとても印象的でした。
あの日の会場には、なんだか独特な連帯感みたいなものがあったように思います。
8年ぶりの、ソロリサイタルでしたもんね!
[PR]

by moncheminparis | 2007-06-06 10:01 | ハイドシェック来日ツアー2007
2007年 05月 31日
自然いっぱい、富山にて… & 重要なお知らせ!

まず、重要なお知らせ♪

3月2日のハイドシェック東京公演(浜離宮朝日ホール)が
NHK-FM「ベスト・オブ・クラシック」にて放送されます!

放送日時:6月5日(火)19:30~21:10

♪プログラム等、詳細はこちら

みなさま、是非是非お聴き下さい!
東京公演のあの緊張感…今でも鳥肌。
おそらく、殆どノーカットで放送されるようです。お楽しみに♪

*********************************************

さて。。。


日にちがまたまた前後しますが
札幌に行く前、ハイドシェックと私は富山におりました。

こ~んな感じとか
c0086674_18404022.jpg


こんな感じの
c0086674_1841198.jpg
大自然に囲まれた、八尾町というところです。



で、そこで何をしてたかといいますと…

あれれ?
c0086674_1843416.jpg
ち~っちゃく映ってるピアノ弾いてるオジサンがいますね。。
なんだか見た事あるような。
取材陣もいるみたい?



…そうなんです。
実はハイドシェックは全校児童合わせても50人足らずという
山の中の小さな小さな小学校で演奏会をしてくれたんですね~。
そんな幸運な小学校の名前は、樫尾小学校。
小学生たちは、みんなキラッキラの純粋なまなざしをしてました。

富山にたくさんの友人を持つハイドシェック。
数年前にはtrefoglinefanさん始め、沢山の方々の尽力によりコンサートも開催されています。
今回の企画も、このtrefoglinefanさんの思い付き(笑)。

講堂のち~さな可愛いピアノを今回調律したのは
このブログにリンクも有り、ハイドシェックの悪友(笑)BBさんです。

ちなみにミニコンサートで演奏された曲目は
*フランスの童謡
*モーツァルト:ロンド イ短調
*ブラームス:小品 op.118より 第2曲&第3曲

でした。


もちろん演奏は本気入魂、本物のハイドシェック。
父兄や先生たちも、そしてもちろん小学生たちも、真剣に聴いていました♪

演奏会後には生徒たちからのインタビュータイムがあって
c0086674_1945385.jpg
最初は恥ずかしそうだった生徒たちも段々積極的になって
次々に質問が飛びました。


ハイドシェックは1人1人の子供にとても丁寧に対応して…。
優しいですね。
子供にちゃんと名前を聞いてから質問をうながすんです。
おっきなオジチャン怖いよぅ…と、尻込みしてしまうかな…
なんて私は心配していたんですが。
全然大丈夫でした!


これは私が今回で一番好きな写真☆
c0086674_164644.jpg
ハイドシェックのあったかい眼差しが、いいですね。

当日は地元の新聞やテレビの取材なども沢山来ていて
私は通訳のお手伝いをしました。
自然が大好きなハイドシェック。
この小学校の環境の素晴しさに感動していたようでした。


「なんでも成長するには時間がかかる…
植物が育つのにも、この素晴しい自然が育つのにも沢山時間がかかるでしょう。
人間も同じ、ゆっくり学んでゆっくり成長しないとね。」

ハイドシェックが子供たちに贈った、素敵な言葉です。
何でも便利で超特急の現代社会。
大切なものを失いたくないですね。


さて。
心温まる小学校での交流の後は、ヴァカンス!ヴァカンス!
次に控える札幌公演に向けて、気分をリフレッシュ。

山奥の秘密の宿に連れてってもらって…
そこのお湯はですね、ミステリーなんです。
なんでも、邪悪な人はお湯に入った次の日、熱が出るとか…。
実際、熱出した人を知っています(笑)誰とはここで公表しませんが。
え?わたし?
私のココロはキレイぴかぴかなので、このお湯から素晴しいパワーをもらいましたよ。
どこか疲れていた身体が、シャキン!となりました。完全復活しましたもん。
そしてピアニストのオジサンも、大丈夫だったようです♪

手間ひまかかった芸術的なお料理と、森の香り…そして素晴しい温泉。
贅沢でした。富山のみなさん、どうもありがとう!


おじさんもこんなに大満足(笑)
c0086674_16464052.jpg
いや~かなり気分良さそうですね。
良かった良かった。ばんざ~い。


とても楽しかったです。
お世話になったみなさま、そしてNさん宅で一緒に飲みあかしたみなさま、
またお会いしましょうね~。
ありがとうございました♪
[PR]

by moncheminparis | 2007-05-31 19:27 | ハイドシェック来日ツアー2007
2007年 05月 28日
ハイドシェック in 札幌 
札幌より戻ってきました。
いや~~寒かったです!
しかも予期せぬ旅行だったのでちゃんと用意してなかったし。
え?なんで札幌に行く事になったのって?
よくワカリマセン…(笑)なんだか知らないケドそうなっちゃいました。ははは。


とても楽しかったし、貴重な体験をしました。
飛び入り参加だったくせに、最後の方はスタッフみたいな顔してました…(苦笑)
ピアノ選定やリハーサルなどハイドシェックの公演の裏側をよ~っく見てきましたよ♪
札幌入り直後はまだリラックスした様子でしたが
その後段々ハイドシェックの集中力が盛り上がってくる様子が印象的でした。
ホテルの部屋にも、会場入りする時も、常に無音鍵盤を持ち歩いて練習。。。

c0086674_170021.jpg
リハーサル中…


リハーサルの時から感じていたのですが
札幌交響楽団メンバーの方たち、あったかい雰囲気で素敵でした。
ハイドシェックの演奏は時として、思わぬルバートなどがあるので
初合わせの時は特に、オケも指揮者もおっとビックリ、みたいな部分が結構あるのですが
それも楽しんでしまう、お互いに良い影響をしながらの新鮮な演奏作りが印象的でした。

ハイドシェックの日本滞在も3週間、そろそろ疲れてくる頃かなと少々心配しましたが
コンサートはとても、良かったです!
ハイドシェック自身は2日目の方が満足度が高いようですが
1日目も良かったですよ。ピアノの音が会場に降り注いでくるようで…。
特筆すべきは2楽章。これは本当に言葉を失う美しさでした。
モーツァルトの心、泣き笑いのような繊細な表現。。。
天国に連れて行かれそうでした。決して大げさではありません。

そして1楽章、3楽章のチャーミングなこと!
おしゃべりで、快活で。子供のような純粋さも聞こえてきました。
ハイドシェック独特の煌く音色、そして生き生きとしたフレージング。

18番特有の、内面的な音楽表現もハイドシェックの演奏にピッタリだと思いました。
彼が演奏すると、本当に説得力があって…脱帽、です。


次回8月の来日を楽しみにしつつ、ハイドシェックの5月公演は終了しました♪

そうそう。
札幌という遠方の公演なのに、
ハイドシェックのご友人があっちこっちから駆けつけてました。
遠くは高知から!そして富山、東京からも。
ハイドシェックを応援、と言うか心配、というか(笑)。
こういう「ハイドシェック応援団」が彼の大きな支えになっています。


そんな応援団のメンバーの一部を、写真でご紹介。
c0086674_1703044.jpg
後方左から時計回りに…

ピアニストの青柳いずみこさん、
ハイドシェック、
私、
指揮者の田部井剛さん、
ハイドシェックのあらゆるワガママを受け入れる大役(笑)の蕪木さん(コンサートイマジン)




みなさまお疲れ様でした~~~(^O^)/
[PR]

by moncheminparis | 2007-05-28 15:19 | ハイドシェック来日ツアー2007
2007年 05月 25日
実は…札幌にいます。。
コメントくださっている皆様、
実は私は今、札幌に流れ着いています…
ハイドシェック、札幌公演に来てしまいました。
なんでそうなっちゃったのかは、私にも良くわかりません(笑)

札幌に来る前には富山にいました。。
一体アナタ、最近何してるの?という皆様。
コメントにお返事出来ず、申し訳ありません。
詳しくはまた、近日中にアップしますのでお待ちくださいませ。

今日から札幌交響楽団との競演による
モーツァルトのピアノコンチェルト18番が始まります。

*****************************************
5月25日(金)、5月26日(土)
札幌交響楽団 第499回定期演奏会
指揮:高関健
曲目:モーツァルトピアノ協奏曲 第18番など
会場:札幌コンサートホール Kitara
プレイガイド:Kitara チケットセンター 011-520-1234
*****************************************

昨日よりリハーサルも始まり、なかなか良い調子のようです。

札幌は今季節も良く、そして美味しい魚が豊富。
あんまり飲みすぎないように注意しないと(笑)、ね。
[PR]

by moncheminparis | 2007-05-25 10:02 | ハイドシェック来日ツアー2007
2007年 05月 19日
東京での週末♪
日にちが少し前後してしまいますが
東京オペラシティ公演後、週末オフのハイドシェックと東京見物した時の
スナップたちを載せたいと思います。

コンサートを離れたハイドシェックのリラックスした様子が良い感じ♪


c0086674_2154783.jpg
ここ、素敵でした!
目黒の「雅叙園」内の日本庭園です。
天気も良かったので、本当にリフレッシュできました。
ハイドシェックはここの滝の景観がお気に入りだったようです。


c0086674_16535623.jpg
その滝の前で。マイナスイオンたっぷり♪


c0086674_165517.jpg
c0086674_16552017.jpg
色鮮やかな鯉がいっぱい。




麻布にテラスで食べられるところあるから、行こう!
と連れてってもらった小さなカフェ。
ハイドシェックは東京にと~っても、詳しい。。
c0086674_16555129.jpg
ここ、テーブルの下から木が生えてるんです!
面白いですね~。
いやぁ…師匠に負けず、私も相当顔がゆるんでますね…ハズカシイわ。
ビール飲んで、いい気分♪




c0086674_16561640.jpg
ここは、東京の方ならすぐ分かるかも。
六本木東京ミッドタウンの前、変わった形のオブジェがあったのでそこでパチリ。
美味しいイタリアン&ワインを飲んでちょっとほろ酔いです…。
ミッドタウンは建築が素晴しくて、内部もとても素敵でした。
期待以上だったなぁ。



散歩の途中に何度も
「たのし~いいなぁ!いい気分だなぁ~!」
と、連呼していたハイドシェック。
コンサート後の良い息抜きになったようです。
良かった良かった☆
[PR]

by moncheminparis | 2007-05-19 22:09 | ハイドシェック来日ツアー2007
2007年 05月 14日
ハイドシェック 5月12日東京公演
ブログのアップが少し遅れました…。


2日間のハイドシェック東京公演が無事に終わりました。
私が行ったのは11日。
演奏後、なりやまない拍手が印象的でした。

実は、ハイドシェックは前日少し熱があって
体調がどうかなぁと心配していましたが、心配は無用!
コンパクトな響きの日フィルと、ハイドシェックのキラキラ&一級品のルバートが
織りなすコンチェルトはとても素晴らしかったです。
東京オペラシティは天井がとても高い構造になっていて
特に2楽章の最後の部分、まるで天上から演奏が降りてくるようで…
天国にいるみたいでした。

ベートーヴェンの2番のコンチェルトは、私も何度か演奏し、大好きな曲なのですが
なかなか演奏される機会が少なく残念に思います。
ベートーヴェンのピアノ協奏曲は全部で5曲ありますが
2番は、王様のような他の4曲に比べて、演奏効果が低いのかもしれません。
普通に演奏してしまえば平凡に聞こえてしまう危険が…。

でも、1楽章のピアノソロのあのチャーミングな入りなどは
ベートーヴェンの純粋さ、美しいものへの憧れの象徴のように思いますし
2楽章では、最後のコーダの部分を聞くたびに、こんな風に人生の最後を迎えられたらなぁ、
と思ったり…。
3楽章のどこか素朴な、ぶきっちょな感じのするテーマも大好きです。

2番のコンチェルトってこんなにいい曲だったんだ…
と、今回ハイドシェックの演奏で再確認した人も多いのではないでしょうか。
ハイドシェックの演奏には
一度魅力に取り付かれてしまうと、あとは他の演奏家では満足できない、
そういう強烈さがあると思いますが
今回の公演もきっと、聴衆にそんな印象を強く残したのではないか、と思っています。


ハイドシェックと何度も何度も勉強し、一緒に演奏もしてきたこの曲。
実は彼がソリストとしてこの曲を演奏するのは初めて聞きました。
いつも2台ピアノで演奏する時には
私がソロパート、ハイドシェックがオケパートの担当だったので。


そうそう。
コンチェルトも素晴らしかったのですが、
アンコール(ベートーヴェン:ソナタ9番 第2楽章)がこれまたすごかった。
あの想像力、説得力はどこから来るのか。迷いのない、迫力の演奏でした。


実は、ハイドシェックやコンサートイマジンさん、御友人の方などと一緒に
演奏会後に夕食を食べていたら、
近くのテーブルに座っていらした御婦人の方が声をかけてくださって
コンサートの感想を伝えたいという事で、私が通訳をお手伝いしたのですが
そのときにアンコールについて
「今まであんな演奏は聞いた事がない、あまりの素晴らしさにビックリしている」
とおっしゃっていて、うんうん、分かる~と通訳しながら同感していた私。
演奏会直後にダイレクトに聴衆の方の反応が分かって、ハイドシェックも嬉しそうでした。

今回は残念ながら、恒例のサイン会はなかったので
な~んだ~と思われたファンの方も多いのでは。
札幌公演についても、サイン会があるかどうかはちょっと分かりませんが
8月の草津公演では大丈夫、ちゃんとサイン会が行われるはずです。
そして、ファンのみなさまに、素敵なニュース。
ハイドシェックはすでに来年、2008年の来日が決定しています!
なんと来年は、ハイドシェック来日40周年ですって。楽しみですね~!



コンサート後、週末は完全な休日だったハイドシェック。
東京見物に私もお付き合いしました。
と言うか、すでに何度も日本に来ているハイドシェックは
私なんかよりずっと東京に詳しくて、こっちが案内してもらっていましたが…(笑)
そんなプライヴェートの様子はまた近いうちにアップしたいと思います。

まずは東京公演、お疲れ様でした!!
[PR]

by moncheminparis | 2007-05-14 11:07 | ハイドシェック来日ツアー2007
2007年 05月 11日
東京、オペラシティ公演へ行ってきます。
昨日より始まった東京公演。

今朝のハイドシェックとの電話…
第一声で昨日の公演が大成功に終わった事がすぐにわかりました。
リハーサルではピアノの感触に少し不安があり、思うように行かなかったらしいのですが
「リハが上手くいかない時は大抵本番では上手くいくのさ!」
と、即気持ちを切り替え、
また指揮者のドミトリエフ氏や日フィルのコンマスの方などにも
本番前にとっても気持ちが落ち着く言葉をかけてもらった、嬉しかった、
オケとのコミュニケーションがとても上手く行った、とご機嫌でした。

コンチェルトはソロと違って、オケや指揮者との相性もとても重要。
経験豊かなコンビでこそ、多少のリハの不具合は問題にならない、
という事なのでしょう!
オケパートが始まり、すぐに今日は上手く行く!と思ったと言っていました。

昨日の成功がまた今日の公演の成功につながるでしょう。


1つ、とてもハイドシェックらしいエピソード。

昨日、ハイドシェックとはもうすでに何度も共演されている指揮者、
田部井剛さんが客席にいらして、
ちょうど昨日は彼の誕生日、ということで
ハイドシェックは即興で、ハッピーバースデーの主題による変奏曲を演奏したんですって。
実はこのサプライズ、私は昨日の朝、ハイドおじさんとの電話ですでに知っていたのですが、
即興で何をするのか、まではまだ固まっていなかったので、何をするんだろ?と気になっていました。

きっと会場も盛り上がったんだろうなぁ。
その場にいなかったのが残念です。
サプライズ大好きなハイドシェックの楽しそうな様子が目に浮かぶようです(笑)

では。
東京に行ってきます。
レポートお楽しみに♪
[PR]

by moncheminparis | 2007-05-11 12:05 | ハイドシェック来日ツアー2007
2007年 05月 05日
ハイドシェック東京公演まで、あと1週間を切りました。
(昨日のブログ記事への追加です)

問い合わせがありましたのでもう1度、
今回のハイドシェック公演スケジュールを載せます。
ご参考下さい♪


*****************************************
5月10日(木)、5月11日(金)
日本フィル交響楽団 第509回定期演奏会
指揮:アレクサンドル・ドミトリエフ
曲目:ベートーヴェンピアノ協奏曲 第2番など
会場:東京オペラシティ コンサートホール
プレイガイド:日本フィルサービスセンター 03-5378-5911


5月25日(金)、5月26日(土)
札幌交響楽団 第499回定期演奏会
指揮:高関健
曲目:モーツァルトピアノ協奏曲 第18番など
会場:札幌コンサートホール Kitara
プレイガイド:Kitara チケットセンター 011-520-1234
*****************************************



さて。。
突然ですが、ハイドシェックの若い頃のポートレート写真です。

c0086674_17205679.jpg
すでにご存知の方も多いと思いますが
ハイドシェックって若い頃とってもイケメンだったのです。
細身で繊細そうで…ロマンティックかつ華やかなお顔立ち…。
しかも身長もかなり高いので、若い頃は相当目立っただろうなぁ、と想像します。



以前、ハイドシェックと一緒にコンサートをさせてもらう、という素敵な経験をしました。
向かった先は、ロワール地方。オルレアンの近く、Meung-sur-Loire という街。
宿泊を招待して下さったご家庭に、まさにこの写真がサロンの暖炉の上に飾ってあって、
それを見つけるなり、
「ハルミ、見た見た?僕の若い頃!いけてるでしょ~!今も面影ある?ある?」
と、すごい勢いだったのを思い出します。
こっちが言う前に自分で自慢しちゃう辺り、ハイドシェックらしすぎます。
いや~思い出し笑いしちゃうな~。



***そのときのスナップたち
c0086674_1750281.jpg
リハーサル中…


c0086674_17513474.jpg
コンサート会場となった場所です。
ジャンヌ・ダルクに縁のある場所でした。
(すぐ近くに戦場の舞台となったPont de Meung-sur-Loire という橋があります)


c0086674_1751142.jpg
入り口は雰囲気があって…本当に素敵な場所でした♪


c0086674_17574040.jpg
ハイドシェックと私。コンサート翌日の写真。





現在は月日も経って、人間味溢れる魅力がありますね。
本人は美貌が崩れた崩れたと残念がっていますが(もう…自分で言うなっ!て感じ)
ドイツ系血統から来る長い顔立ちには、一般的なフランス人のふにゃららとした雰囲気は無くて、
かなりカッコイイオジサン、なのではないでしょうか。

気になるのはお腹辺りのサイズ…。広がったり縮まったり…(笑)
あ、これ怒られますから、あの子ブログで悪口書いてましたよ~なんて
ハイドシェックに言っちゃダメですよっ。すごく気にしてますから!

東京公演まであと1週間を切りました。
そろそろ日本に到着する頃です。
今は気持ちのよい季節ですので、日本好きのハイドシェックは喜ぶでしょうね。
今回はコンチェルト、という事でソロとはまた違ったハイドシェックの魅力を味わえるはずです。
本当はオケの部分も自分で演奏してしまいたい、そんなハイドシェックですが(笑)
きっと素晴しいコンサートになること、間違いなしです。
私は11日の公演に行く事にしています☆

♪オマケ♪ これ、な~んだ?
[PR]

by moncheminparis | 2007-05-05 18:12 | ハイドシェック来日ツアー2007