カテゴリ:ハイドシェック来日ツアー2007( 16 )

2007年 03月 07日
ハイドシェック大阪公演 in いずみホール
昨日無事にハイドシェックの4公演全てが終了しました。
その疲労感でしょうか。
頭の奥がビ~ン…と痺れています。。。
って言うかなぜ私が疲れているのだ?
本当は当人が一番、大変ですよね。

その本人は今頃、高知のご友人と共に楽しくヴァカンスしているのでしょう。



ここ十数日間は寝ても覚めてもハイドシェック、みたいな毎日でした。
何してるかな~とか、元気かなぁとか、調子どうかなぁ…なんて。
多くのご友人のみなさん、ファンのみなさんも同じ気持ちの日々を送っていたのではないかしら。

ハイドシェックってどこか、心配ですもん(笑)
わ~こんな事言っちゃっていいかなぁ。
(あ、あくまでもピアニストとしてのハイドシェックが心配なのではなく、素顔のハイドシェックが微妙に心配、という意味です。)



さて、前置きはここまで。
昨日の大阪公演も、素晴しかったです!

東京の浜離宮朝日ホールとはまた違った響きのホールでしたので
両方の違いも興味深かった。
いずみホールのほうが、音色&響きが明るいかな?
ピアノもきっと明るめの華やかな音がでるピアノだったかなと思います。
浜離宮の響きはもっとシックというか、クラシックな響き。
残響はいずみホールよりは少ないでしょうか。

個人的には
モーツァルト、ショパン、ドビュッシーはいずみホールの響きの方が、
ベートーヴェン、フォーレは浜離宮の響きの方が好きだと思いました。

大阪公演で私が特に素晴しいと思ったのは
モーツァルトとドビュッシー、そしてテンペストの2楽章。
あぁ、あとショパンの舟歌、あの出だしは天下一品だと思います。
品があって、情感たっぷりで…。涙が出ました。

モーツァルトはハイドシェックの創意工夫が全て、クリアーに聞こえてきて
自由自在、でも決して奇抜ではない(ここは私は特に強調したいポイントです)。
なんとチャーミングで音色のキラキラしていること。
生きている音楽、とはまさに、という演奏。

ドビュッシーは東京でもすごくいいと思いましたが
昨日の方がさらに良かった。
彼の弾くドビュッシーは輪郭がくっきりとしていて、1つ1つの音、ハーモニー全てに意味がある。
印象派の絵を見て、「キレイだな~」とか「パステル調で優しい感じ」と思って
彼のドビュッシーを聞いた人は、その色彩の鮮やかさに驚くかもしれません。
今回ハイドシェックはドビュッシーをスペイン風の3曲で選曲しましたが
スペインの大地の香りが、ハバネラの憂いのあるリズムに乗って会場に満ちてくるようでした。

テンペストの2楽章。
このソナタは、3楽章を通じて切迫した緊張感&恐ろしさ、
心臓が締め付けられるような息苦しさが全体を支配している曲で、
2楽章はその緊張感が常に楽曲の底の方に響きながらも、
祈りのような深いメロディーがとても美しいのですが
ハイドシェックのそれはまさに、彼の人生そのものというか、
何層にもなった音の響きから心の声が彫り出されるようで、私は深く深く感動しました。


ファンサービスが大好きなハイドシェックはアンコール5曲。
疲れているのにそんなに弾いちゃっていいの?と聴衆もどよめくほど(笑)
いつものサイン会も楽屋で行われました。

その後、全ての公演が無事に終了しリラックスした様子のハイドシェックと
公演中の強力サポートで本当にお疲れ様♪のコンサートイマジンの方々、
そしてハイドシェックのご友人のみなさんと共に
夕食を取りながら短いながらも楽しいひと時を過ごしました。



ハイドシェックは幸せそうでした♪
彼を取り巻く全ての人々の大きな愛を感じているのだと思います。
今回の公演が今後の更なる活躍の礎となり
これからもずっとハイドシェックの演奏を聴いていけるよう祈っています。
[PR]

by moncheminparis | 2007-03-07 20:45 | ハイドシェック来日ツアー2007
2007年 03月 05日
♪ハイドシェック通信 3月4日藤沢市公演

東京の興奮冷めやらぬうちに、昨日は神奈川県藤沢市民会館にて
ハイドシェック今回3度目の公演でした。
私は行けなかったのですが、大成功に終わったようです。

今朝、電話で元気一杯のハイドシェックと藤沢公演の話をしました。
どんどん、乗って来ているみたい。
会場のピアノと響きもとても気に入ったと言っていました。
本人の体調、ホールの環境、聴衆のみなさんの熱意…
それらがハイドシェックの神業のような演奏を導き出すのでしょう。
なんと言っても本人が嬉しそうなのが一番!

最近あたたかいのもいいのかもしれませんね。
天気もいいし。公演の合間に気分転換をするにはピッタリかなと思います。


ところで昨日の夜は満月だったのでしょうか。
私は意識してなかったのですが、
ハイドシェックが言うには、満月の時はエネルギー&インスピレーションが満ちて
良い演奏が出来るのだ!とのこと。
昨日が、その満月だったようです。

確かに天候によって、微妙にコンディションが変わる事はあります。
私自身は気圧の不安定な時はダメ、とか
雨の日は少し苦手…など、感じた事がありますが
満月かぁ…今まで気がつかなかったなぁ。
不思議だね、ミステリーだね、と電話で盛り上がりました。

演奏する時は色々な意味で究極の状態になりますので
月のエネルギーを感じる事は不思議ではない、と私は思います。



そうこうしている間に明日は大阪公演。
明日も行きます。
ハイドシェックのご友人の方などにもお会い出来るので楽しみ。
成功を強く強く祈ります!

************************************

オマケ

c0086674_19264755.jpg
東京公演のサイン会の様子 その2
(ファンの方から写真を頂きました♪)

ハイドシェックの楽しそうな様子が伝わってきます。
[PR]

by moncheminparis | 2007-03-05 19:32 | ハイドシェック来日ツアー2007
2007年 03月 04日
素晴しかったハイドシェック東京公演 in 浜離宮朝日ホール
3月2日金曜日。
私は朝からドキドキでした。

ハイドシェックに対する思い、というのは皆それぞれだと思いますが
私は、自分の師匠でありながら身内の様な気持ちで…

コンサートが楽しみな様な、心配な様な…
コンディション良く当日を迎えたかしら、
時差の影響は大丈夫かな…
素顔のハイドシェックを知る私としては
心配な要素が他にも山の様にあります(!)
それはここでは語らない事にして(笑)

結果からお知らせしましょう。

素晴しかった。そして感動。
これに尽きます。


私はコンサート中ドキドキしながらも彼の演奏にのめり込んで行きました。
と同時にいろいろな思い出が頭をよぎったのです。

ひたむきな彼のこれまでのピアノ人生。
8年前に体調を崩し公演をキャンセルせざるを得なかったあの時。
それは同じ浜離宮朝日ホールでの出来事でした。

その後の彼のチャレンジに継ぐチャレンジ。
自分を信じて、前に進む。でも決して平坦ではないその道のり。
色々な思い、そして不安ももちろんあったことでしょう。
周りの激励も本人にはうつろに響いた、そんな時もあったはずです。

だからこそ、本当に感動的なコンサートでした。
そして暖かく真剣な会場の雰囲気。
録音も入り、ハイドシェックの集中力もすさまじいものがありました。
ファンが待ち望んだハイドシェックの姿。
音楽から彼の人間性そのものが聞こえます。
一流のマエストロでありながら、正直で自分を飾らない人柄。
自分に厳しく人に優しい、そんなハイドシェック。

演奏会後、電話で嬉しそうに話すハイドシェックの口調を聞いて
私もとても嬉しかった。
会場が良い静けさに包まれ、皆が集中して一緒にコンサートを作り上げている、
そんな聴衆の暖かい気持ちを演奏中に感じた、と言っていました。

本当は最後の方は疲れていたんだ…とハイドシェック。
何故なら当日、リハーサルから録音が入ったので
まるで1日で2ステージ終えたようなスケジュールだったのです。


その録音とは…

じゃ~ん♪
c0086674_17493626.gif(写真を提供してくださったBBさんメルシー!)


これは楽しみですね!放送日程が決まるのを待ちましょう。


疲れていた、と言いますが、プログラムを弾き終えた後は何とアンコール5曲!
ファンの皆さんのために、ここに書きます。

*バッハ:2台ピアノのためのコンチェルトより 第1楽章をソロで
*ヘンデル:組曲(ハイドシェック十八番の曲)
*ベートーヴェン:ピアノソナタ第2番より 第3楽章スケルツォ
*ハイドシェック作曲:「フランス国歌ラ・マルセイエーズによる変奏曲より グリーグ風
*同上:バッハ風


最後のバッハ風は感動的!
バッハ風は左手だけで演奏する曲。
朗々と格式高く弾き切るハイドシェックの姿、神々しかった。
勇気、そして強さ。


プログラムについて1曲ずつ感想を書くのは今日はやめにします。
何故ならまだ、ハイドシェックのツアーは続いているから。
今日も藤沢市で演奏していますね。
今朝、藤沢に出発する前のハイドシェックから電話をもらいました。
良い感じでハイテンション(笑)で、相変わらず楽しく話をしました。
ファンのみなさんに支えられている事をとても感じるそうです。



私は3月6日の大阪公演にも行く事にしました。
2日から1日おきで3公演。
ハードスケジュールですね。
でも、ハイドシェックは元気一杯です。
最後まで良い気分で、気持ちよくコンサートを終えられますように。

CDの売り上げも良いようです。
コンサートに行かれた方は是非、コンサート後のサイン会にも参加してくださいね。
CDにサインしてもらえますから。



*****************************

サイン会の様子♪
c0086674_18263698.jpg
あはは、実はこれ、私です(^_^;)
[PR]

by moncheminparis | 2007-03-04 18:33 | ハイドシェック来日ツアー2007
2007年 03月 02日
東京へ
今日はハイドシェック東京公演。
日にちが経つのは早いものです。

2月25日の相模湖でのコンサートは無事に終了したようで
EYASUKOさん、コンサート情報ありがとうございました)
アンコールも沢山演奏し、調子が良さそうだった、との事。

今回の日本公演はCD発売と共にとても注目されています。
特に東京公演は、やはりとても大事な公演だろうと想像します。

楽しみに今夜を待ちましょう!
個人的にはあちらでいろんな方と会えるのも楽しみだったり(笑)

コンサートの模様はおそらく、月曜日に反映します。
お楽しみに♪
[PR]

by moncheminparis | 2007-03-02 09:35 | ハイドシェック来日ツアー2007
2007年 02月 20日
もうすぐハイドシェック日本ツアー
数日前になりますが、
先週金曜日の夜、ハイドシェック邸にご招待頂きました。

2月末から始まるハイドシェック日本ツアーのプログラムを演奏してくれたのです。
贅沢なる完全プライヴェートコンサート、というわけですね。

私もよく、演奏会前に度胸試しも兼ねて親しい人に聞いてもらったりする事がありますが
ハイドシェックもまた、コンサートに向け準備に余念がありません。
ターニャ夫人、私、ニコラの3人でその仕上がり具合に耳を傾けました。

プログラム構成はモーツァルトから始まり、ベートーヴェン、ショパン、フォーレ、ドビュッシーと続き、
時々話を交えたりしながらゆったりペースで全てのプログラムを演奏し終わった後、
アンコールには…おっと、これはまだ内緒の方がいいかな?当日のお楽しみですよね。

私の感想は
「さらに成熟したハイドシェック」という印象でした。
ハイドシェックらしさ、というものはファンの方々それぞれ意見があると思いますが
私はいつも、ハイドシェックの演奏を聞くと
広大な自然空間の中にいる感覚になるのです。
その中でうねりや伸び縮みを感じる音の流れを聴き、音楽の構成を感じるうちに
一気に曲の最後まで連れ去られてしまう、という印象。

演奏後にニコラが隣で
「まるで旅をしたような気分だ」と言ったのも良くわかります。

日本ツアーはきっと大成功に終わるでしょう!

演奏後はターニャさんのあたたかい手料理で(いつも最高に美味、そしてアイデアに満ちている)
おもてなしを受け、沢山食べ、飲んで、しゃべって、最高に楽しいソワレでした。
ハイドシェックと話すと、お腹をかかえて笑い転げる事がよくあるのですが
金曜日もまた、昔話から大笑いの渦になり、お腹痛い…苦しい~~!
となりながら、あっという間に夜もふけて行ったのでした。

2月25日、相模湖から始まる日本ツアー。
私は東京公演に行きます!


♪♪ハイドシェックコンサートスケジュールはこちら(コンサートイマジンHPより)
[PR]

by moncheminparis | 2007-02-20 11:52 | ハイドシェック来日ツアー2007
2006年 11月 29日
ハイドシェック日本ツアー! Tournées d'Eric Heidsieck au JAPON!!
c0086674_11402173.jpg

師匠のコンサートの宣伝をさせてください…。
3月2日(金)東京にて、 浜離宮朝日ホールで行われます。
実はこのプログラム、
先日ハイドシェック邸にお邪魔した時に演奏してもらっちゃいました~。
贅沢ですね!
(演奏にはハイドシェックのくわし~い解説付き((笑))←何故ここ
で可笑しいのかはファンの方・彼を良く知る方ならわかるはず)


日本のファンを大事にするハイドシェック。
あの宇和島の録音も復活、という事で
コンサートの成功を強く祈っています。
コンディション良く、コンサートを迎えられますように。

みなさん!ハイドシェックの気合もノリノリです。
ファンのみなさんで盛り上げて行きたいものですね。

コンサートに関するチケットなどの情報はこちら
[PR]

by moncheminparis | 2006-11-29 18:53 | ハイドシェック来日ツアー2007