カテゴリ:東日本大地震2011( 9 )

2013年 03月 11日
震災から2年。
被災者の方々のご冥福を祈りつつ。

***FACEBOOKから来られた方は内容が重複してますので、スルーでお願いします***


すでにご存知の方もいると思いますが
私には濃い東北の血が流れています。
あの日起きた事は、私の家族に直接被害がなかったとは言え
身の引き裂かれるような思いでした。


現実から逃げたい。忘れたい。なかった事にしたい。
このような気持ちになるのも、私はどこかわかるような気がします。
選挙しようとか、オリンピックしようとか。
もちろん明るい話題も、必要でしょう。
震災後、感動するような話もありますよね。人のつながりを強く感じられたり。

人生はずっと続くし。
日本で生きて行くしかないと思えば、出来る範囲で前向きにならなければならない。
ましてや、福島で、生き続けるしか手段がないならばなおさら。


でも、、、

あの日の事があったからこそ。起こすべき行動があるのではないか?
NONと言うべき時は今しかないのではないか。
難しい事は、分からないかもしれない。
偉そうな事も、全然言えないし。自分だって無駄を一杯生んでいる。
原発なしでどうすんの?と言われたら、その答えは分からない。
でも、考えていくのはいつでも出来るでしょ。
行動を起こすのは、今しかないと思うようになりました。
あの事故は、人災です。防ぐ事が出来なかったとは、思えない。
地震と津波だけなら、もっと早く立ち直る事が出来たはず。

問題は、見えない敵、放射能。
あんな事故を起こして、まだ「安全」だと思わせたい人が沢山いる。
記憶が薄れるのを待っている人がいる。

あの日、それぞれが感じた危機感。
いつもいつも、そればかり考えて欲しいとは思わない。
でも、忘れちゃだめです。

それから震災と原発事故は、別物です。
そこ、絶対に混ぜちゃだめ。
どれだけいいわけ並べられても、そうですかと言っちゃだめです。
原発は何重にもセキュティのかかった構造になっています。
地震が起きた、停電した、では本来は事故は起きないのです。
でもあんなことが起きた。そこに人間の限界があります。
強いセキュリティーを、活かす事が出来なかった。
何度も書きますが、あれは人災なのです。
《想定外》という言葉は責任逃れのご都合主義な便利なフレーズです。

そういう思いを強く持つようになって
震災の悲しみもようやく、1つの出来事として考えられるようになって
昨日やっと、パリで「人間の鎖」活動に参加してきました。
もっと早く参加するべきだったかもしれないけど、
何せ、震災直後に起きたフランスでの反原発活動にさえも
「かわいそうと思うより先に反原発活動なの?」、と
自分の気持ちとのズレを感じていた私ですので、今年がようやく区切りかな。


デモに必死で写真を全然撮れませんでしたが1枚だけ。
最後のフィナーレの時です。
右側にずーっと続く人の列が、人間の鎖。
c0086674_2541388.jpg


手をつないでパリのオペラ界隈をみんなで歩きました。
所々、囲んで反対の声を上げるポイントがあり
(オペラ界隈の場合は、KEPCO関西電力パリ支社、BNP&ソシエテジェネラル←原発開発に多くの資金提供をしている大手銀行)
私はKEPCOを囲むグループでの参加。
フランス人日本人多くの人の参加があり、
みなで日本語&フランス語で反対を叫びました。
暴力的な雰囲気ではなく、そこに通っているのは暖かい気持ちと団結力。
最後はオペラ界隈全ての鎖をみんなつないでのフィナーレでした。

《福島を、繰り返さない》
私は日本ならば可能なミッションだと思っています。信じたい。
長文失礼しました。最後まで読んで下さった方、ありがとうごさいました。




**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2013-03-11 02:59 | 東日本大地震2011
2011年 06月 27日
ギャラリーヴィヴィエンヌでの震災支援イベント
10日ほど前の出来ごとなのですが
パリで一番古く、また一番美しいと言われるギャラリー・ヴィヴィエンヌ Galerie Vivienneにて
震災支援のイベントがありました。パリでは沢山のイベントが、まだまだ沢山開催されています。
このギャラリーはデザイナーのKENZOさんの出発点でもあるそうです。


モザイクや細部の飾りがとってもアールヌーヴォー。
c0086674_1472082.jpg

写ってなくて申し訳ないのですが
この時、アコーデオン奏者のTACAさんが演奏中でした。






その奥では
お酒の試飲会や、日本人スタッフによるお菓子の販売など。
LAVE LAVOというグループによる焼き菓子、
募金になるという事で、いくつかピンと来た物を購入。
実はこれが、あなどれない美味しさで、ちょっと感動しました。
きなこクッキー、もっと買えばよかった。。




さて、この日の目玉は最後のスペクタクル。
«Contre les Flots »と題され、津波に負けない!というテーマです。

実は私、この題名を知らずに…何の先入観もなくスペクタクルを見ていたのです。
冒頭部分、日本人の日常…ジョギングしたり女の子が無心に遊んだり、携帯で話したり…
そこに不吉で巨大な物音がものすごいエネルギーで近づき、逃げ惑う人々、そして飲み込まれてしまう様、
それらを体感し心の底から恐怖を覚えました。
あの津波で失われた多くの命、思い出、生活…そこに住んでいた人々の全て。それを思って涙が出ました。


その後、復興に向けての力、勇気、信念。
赤いボールが象徴的に使われ演技が続きます。
それは、命。命をつなぐ。新しい生命。生きることの大切さ。



ふんどしで全身を白く塗ったダンサーたちが青白く浮かび上がり…
c0086674_233679.jpg





その迫力ももちろんなのですが
ふんどしで、生の肌をさらけ出しての演技というのは
人間の本能に訴えかけられる…と言うか
言葉では伝えきれない多くの勇気をもらったように思います。



演技のスタイルは私にはとても日本らしいものに感じました。
下へ下へ。重心低く。
昔、市川団十郎が歌舞伎について語ったドキュメンタリーを思い出しました。
日本では、自然界にある全ての要素に神が宿るのだと。





スペクタクルの最後は、みなで多くのろうそくを灯しての祈り
c0086674_2152366.jpg




311以来、私は以前のように物事を感じられなくなりました。
その重みに時々押しつぶされそうになります。
私の国はどうなるのか?生まれたときから、何の不足もなく育った私には
何もかもが根底から覆されるような出来事でした。



でも。その重みに負けたくない自分もいます。
こうして、パリで無事に生活できている自分をやはり改めて心に刻むのだと誓いました。
生きている私たちには、沢山出来ることがあるのですよね。
もっと生きたくても出来なかった人が沢山いる、誰にもその運命は変えられない。
沢山笑って感動して、涙して、山あり谷ありの本物の人生を、自分らしく生き切ってやる、と。


素晴らしいスペクタクルに感謝。



**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2011-06-27 18:35 | 東日本大地震2011
2011年 05月 16日
チャリティーコンサート ご報告
おかげさまで、BUSSY-ST-GEORGES市でのチャリティーコンサートは無事に終了いたしました。
当日は祝日でもあり、またピーカンの夏日という事で、コンサートより外で!という人が多いなか
250名以上の聴衆が集まり、沢山の方の熱気と日本への想いの中、充実のコンサートとなりました。
集まった義捐金は、入場料と有志の寄付を加え、合計2524ユーロとなりました。本当にありがたいです。

コンサートは簡単な挨拶の後(私も仏語で頑張りました。。。)1分の黙祷を頂き
その後、音楽院の同僚たちで合計2時間、バラエティーに富んだプログラムを繰り広げました。
聴きにきてくださった方、快く演奏を快諾してくれた同僚たちを見ていてとても心が熱くなりました。

震災の後も、次々と新しいニュースが世界を駆け回り
現在フランスでは、日本の様子を報道することが少なくなりましたが
こうして今でも、日本を想ってくれる人々が大勢います。日本の復興を強く強く願います。


さて、写真で様子をと思いましたが、
なかなかコンサートでバチバチ撮りまくるのも問題があって(笑)。
しかも、演奏中は激しく動くので、写真はブレるし、あまりお見せ出来るものがないのですが

c0086674_19482291.jpg


私&仲良しのサックス講師との競演中♪♪♪



c0086674_19501436.jpg


演奏するよりキンチョーの仏語スピーチ。
仲良しの同僚でピアニストYちゃんと。
彼女のイニシアティブが今回のコンサートの大きなきっかけとなりました。
ありがとう!!




**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2011-05-16 12:55 | 東日本大地震2011
2011年 05月 08日
**チャリティーコンサートのお知らせ**
♪♪コンサートまでこの記事をトップに固定します。ご了承下さい♪♪


この度、沢山の方によるご協力の下、チャリティーコンサートを開催させて頂く運びとなりました。
音楽院の同僚たちもたくさん出演してくれます。とても嬉しい。
ソロあり室内楽あり、とバラエティー豊かなプログラムとなりそうです。
やはり私たち音楽家は、音楽を通じて応援するのが一番。
たくさんの集客がありますよう。そしてなるべく多くの義捐金を送ることが出来るように頑張ります!
私は室内楽での出演となりました。息合わせてみなさまに音楽を届けます♪


c0086674_250473.jpg








ちょこっと身内びいきをお許し下さいませ。
ポスターはニコラの作品です♪



**********************************************************
Concert de soutien au profit des sinistrés du Japon
avec participation des professeurs du conservatoire de Bussy-St-Georges


Date : Dimanche 8 mai 2011 à 17h30
Lieu : Eglise Notre Dame du Val / 33 boulevard Thibaud de Champagne 77600 BUSSY SAINT GEORGES
Prix d’entrée : 10 € (adulte) /5 € (enfant)
***L’intégralité des fonds est reversée au fonds de soutien du Rotary Club de Tokyo-Nord***

Organisé par:
Ville de Bussy-St-Georges, Rotary Club de Bussy-St-Georges, Conservatoire de Bussy-St-Georges
Renseignements : 01 64 66 60 01


東日本大震災による被災者のためのチャリティーコンサート
出演:Bussy-St-Georges市立音楽院講師たち


日時:2011年5月8日(日)午後17時半開演
場所 : Eglise Notre Dame du Val / 33 boulevard Thibaud de Champagne 77600 BUSSY SAINT GEORGES
入場料:大人10 € /子供5 €
***収益金は全て東京北ロータリークラブhttp://www.tnrc.gr.jp/ を通じ義捐金として送金されます***

主催:Bussy-St-Georges市、ロータリークラブBussy-St-Georges支部、Bussy-St-Georges市立音楽院
お問い合わせ : 01 64 66 60 01

Musiciens出演者:
ABDULLAH Muzaffar (piano)
CATAURO Stéphane (guitare)
COMELLI Mathieu (guitare)
DARAS –MOCHIZUKI Yumeko (piano)
FIAT Jean-Louis (Basson)
FRICKER Corine (piano)
GUENET Nadia (flute traversière)
LEMOINE Véronique (piano)
MASSON Emmanuelle (clarinette)
NAULIN David (violon)
PARADIS Amélie (violon)
PAYET-MOUNAJI Flavia (chant)
QIN Jing-Jing (piano)
SEVENIER Laurence (violoncelle)
SUZUKI Harumi (piano)
TOSCANO Sophie (piano)
VIZINHO José (saxophone)





**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2011-05-08 21:00 | 東日本大地震2011
2011年 04月 19日
フランス原発事情
フランスは59基の原子炉があり、電力の80%を原子力エネルギーに頼っています。
私の住むVal de Marne県にも原子炉があります。
Nogent-sur-Marne市、今住んでいる場所から15km内、という立地です。
残念ながら、私も今まで無関心だった1人ですので、原子力についてはあまりよく知りません。
しかし今回の事があり、またフランスも原発大国だという事で、私も少々考えが変わりました。
原発についての自分のスタンスを決めたい、そう思い今少しずつ勉強をしています。

震災以来、原発についてはフランスも多くの意見や番組を見る機会が増えました。
昨夜もドキュメントがありました。
フランスでどんな内容の番組が流れているか、お伝えしようと思います。


Complément d'enquête du lundi 18 avril 2011 à 22h10
4月18日、22時10分から放送されたものです。
フランス語が分かる方もいらっしゃると思うので一応リンクを貼っておきました。
1週間くらいの間は見られるんじゃないかと思います。

99年にボルドーで起きた原発事故について。
99年と言えば私が留学を始めた年ですが、当時フランス語まったく分からずの私には耳に入らなかった事故でした。
強力な台風が上陸し、高波によって原発が浸水。冷却装置が停止した、福島と非常に良く似たケースです。
他の装置が作動したため、大事には至らなかったようですが、この事故、表ざたになったのは起きてから8日後。
高波の可能性を国が1年以上前から懸念し工事をするよう勧告が出ていたのに(書面が残っています)
それを伸ばし伸ばしにし、事故の1ヶ月前の再勧告も無視し、そして事故は起きました。

フランスの原子炉、平均建築年数は25年。
30年をめどに廃炉にする予定で建設されたものも、まだ現役で動いています。
10年ごとに修復と改善を繰り替えし、あらゆる事故にも対応、世界1レベルだと。
出来ればこのまま、どこまで持つか挑戦したい、60年は持たせたいという電力会社のコメント。
日本という安全大国で起きた事故を見ても、まだそんな悠長な事を言っています。

20年前より廃炉になったある原子炉。今もまだ完全廃炉には程遠い現状。
さらにあと15年はかかるとの見立て。
現場を1つ1つ解体していくのです。当然そこには放射能性物質があります。
被爆しないよう慎重に行うため、時間はあってもあっても足りない、と言うのが現実でしょう。

コントロール出来ていれば問題なし、の原発。いやいや、そうではありません。
放射能物質を含んだ廃棄物、の問題があります。あまり多くは語られない事実です。
300年は保管しないと放射能物質はなくならないため、入念に保管されるべきものですが、
どんなに厚く頑丈な50センチの壁でもっても漏れるものは漏れる。(50センチは厚いのでしょうか?)
じゃあ、このくらいならきっと大丈夫だからと法律が改正されてしまう。そんな馬鹿な。
もっと斬新な方法は、地下に埋めてしまう。あらゆるテクノロジーを使っての試みです。
シャンパーニュ地方の小さな村、その地下500メートルほどの深さで現在廃棄物処理場が建設中です。
調べによると16億年前からその土地は動いた痕跡がない、と言うのがその場所の理由。
しかし、お隣のドイツではすでに同じ試みが行われていますが、大地が目覚めてしまったため
そこに埋められた廃棄物を再度別の場所に移動させなけれないけない、という現実が起きています。
自然相手に、16億年動かないから大丈夫、とはまたずいぶん短絡的と言えないでしょうか。

原子力エネルギーからリサイクルエネルギーに段々移行していこう、という話。
今一番注目は、フランスでもあちこちで見かける風力発電。
ポルトガルに工場があるようです。
太陽エネルギーもどうか?という意見もあります。
しかし、風力発電には大きな風車が何台も必要で、町の概観を損ねます。
地元の反対にあって、計画が進まないことも多いようです。
また、建設には莫大な資金がかかります。

一番低コストで安定性に優れたエネルギーが、原子力だ、と言う論理。
これは本当のところ、どうかと言えば、フランスもやはり政治と原子力の癒着が強く
風力や太陽エネルギーが伸びてこないには、黒い理由がある、と主張する政治家もいます。
緑の党(エコロジストの党です)女性党首Cécile Duflotは、
原子力からリサイクルエネルギーへ移行する方法はあるのだ、と言います。
今ある原子炉を30年計画で少しずつ廃炉にしていきながら、上手に切り替えは可能だと。
しかし、現在与党のUMP所属、そして環境大臣のNathalie Kosciusko-Morizetは、
そんな綺麗ごとは残念ながら通用せず、いかに原子力を安全に使うか、それこそが第1の課題なのだと言うのです。

番組の最後は、3月27日にフランスから日本へ飛び立ったある日本人女性について。
フランスに20年以上住み、夫や息子もいる彼女の実家は仙台。
自分の目で現実を見るため、フランスの家族の反対を押し切っての日本帰国です。
(飛行場にいたご主人は「気違い沙汰」だと言っていました)
知りたいのは放射能のことであり、食べ物のことであり、安全について。
事故現場から80㎞地点で、有機野菜農家を経営する家族の協力の下、
そこで採った野菜(しいたけや白菜など)をフランスのCRIIRADでラボ検査した結果
(CRIIRADEとは、政治的影響をまったく受けない独自の放射能専門委員会です)
非常に濃い濃度のヨウ素やセシウムが検出され、食用には適さない、という結果が出ました。


私がこの番組中、ずっと不快感を覚えたのは
「絶対に安全とは言えないはずだ」という問いに、誰一人返事をしないことでした。
完璧にコントロールされていなければ、壊滅的なダメージを生む原子力エネルギー。
それは悪魔に魂を売ったと同じではないか?というジャーナリストの問いに
あらゆる可能性を考慮した上で最大の安全対策を取る、と答えるフランス電力。
ありきたりで、もっともらしい、返事です。
しかし同時に、それには答えられない、答えはない、とも読み取れる偽善の表情を私は見ました。
それが、原子力の現実なのです。

原子力は次の世代に、残していいものでしょうか?
廃棄物1つにしても300年。。あとはよろしくって事ですか?
よろしくと言うなら、私たちには十分な知識が必要でしょう。何をよろしく、なのか。
何も知らされず、だましだましの安全のまま事故が起こってやっと気が付く、では未来を託せません。


まだまだ勉強を続けるつもりです。




**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2011-04-19 18:16 | 東日本大地震2011
2011年 04月 01日
ハイドシェックによるチャリティーコンサート in ベルリン
災害の名称が『東日本大震災』と正式に決まったようです。
よってブログのカテゴリも変更しました。今後はこの名称で、関係記事を続けていきます。

さて急なのですが明日、ハイドシェックがベルリンでチャリティーコンサートを行う運びとなりました。
(いえ、決まったのが急なのではなく、私の対応が遅いだけです。。ごめんなさい)

どういう企画で、どこが主催で、その辺りをちゃんと掲載したいので何度も催促して色々な方面に聞いてますが
みな、それぞれ自分の事で一杯のようで、どうも良くわからないのが正直なところなんですが
(なにせハイドシェック本人も大忙しの大変なスケジュールなので詳しく話を聞くどころではない)
ハッキリしているのは、明日4月2日、ベルリンフィルハーモニー会場(おそらく室内楽用ホール)にて
次の内容でコンサートを行う、という事です。



2011年4月2日 プログラム
- ベートーヴェン:ピアノソナタ第25番 アラ・テデスカ
- シューベルト:楽興の時
- ショパン:遺作のエチュード&ノクターン ハ単調
- リスト:慰め 第4番&第5番
- ドビュッシー:前奏曲集第1巻より 第2、3、4番 &喜びの島



ハイドシェック夫妻はすでに数日前からベルリン入りしています。
たくさんの集客と、義援金がどうか、集まりますよう。
コンサートの様子など、おそらく夫妻から連絡が入ると思いますので
また続報をお伝えできたらと思います。


**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2011-04-01 20:07 | 東日本大地震2011
2011年 03月 31日
パリ及びパリ近郊でのチャリティーイベント情報ブログ
被災しなかった人間同士、出来ることもあります。
パリでは、日本を思う気持ちが形になり、最近多くのイベントが開催されるようになりました。
チャリティーイベントなんか、そんな余裕ないって人も多くいるかもしれません。
まだまだ緊張続く日本の状況の中、ギリギリの精神状態の方もいらっしゃるでしょう。
無理して参加する必要はありません。
元気なとき、気が向いた時でいいのです。

日本のみなさん。
パリでもみな日本を想って動いています。全てはなるべく多くの義援金を集めるため。
今、頑張るべきは元気で体力もある私たちです。それが少しでもみなさんの力になれますように。

日本人、フランス人、その他多くの国籍のプロ、アマ、有名、無名、学生、身分問わず、分野問わず。
そんな数々の企画をブログでまとめて下さっている方がいます。
了解いただきましたので、ここにリンクを貼ります。お時間あるとき是非覗いて見てください。

Solidarite-Japon a Paris パリの震災支援イベント情報

c0086674_22441383.jpg




**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2011-03-31 15:34 | 東日本大地震2011
2011年 03月 22日
誕生日。自分の中の日本を想う。
あの恐ろしい日から10日以上が経ちました。
まだまだ予断許さぬ状況なのは変わりませんし、避難中の多くの人々の生活を思うと心が苦しいです。
報道されている場所以外に、もっともっと酷い現実を味わっている人もいると岩手の友人から聞きました。
こうして元気で生きている私たちは、とにかく毎日に感謝して一生懸命生きるべきだと改めてここに書きます。

日本が安全ではない。
そんなこと、頭にも心にもどの隅っこにも、思ったことありませんでした。
先日のブログでは偉そうに「頑張りましょう」なんて言った私ですが。。
フランスでの報道が無駄に心配をあおるのもあって、一時は私の国が終わってしまう、とまで本気で思いました。
でもそんな時、私を支え、勇気をもらい冷静になれたのは、私の家族の態度のお陰でした。
こっちが驚くくらい、肝が据わってんですもん。
それで、日本は大丈夫だって信じることにしました。私が信じるもの、それは自分で決める。だからもうぶれない。
大変な時に、冷静で落ち着いて行動する日本人に賛美の声が各国から聞こえますが
日本人がなぜそう出来るのか、彼らにはわからない。
でも、私にはわかる。それが私の中にある日本。私はそれを誇りに思っています。

海外に住んでいると、現場の様子がわからないだけに不安が膨らんで
私の周りの友人もずいぶん沢山泣きました。もちろん私も。ある日の報道に我慢の尾が切れて。
泣いて泣いて、そしてまた充電する、楽しい事だってある、そういう時は健康的に笑う。
心配してくれて、思いやりある優しい友人とは何度も連絡を取り合いました。感謝しています。
解説者よろしくご意見番、もしくは家族をフランスに避難させるべき、とかそんなこという人たちは
悪いけど今回は連絡を絶ちました。はっきり言って、迷惑だったから。

人の立場に立つ、とは難しいことです。私も気をつけなければと思っています。


こんなタイミングですが、実は今日誕生日を迎えました。
誕生日なんかどーでもいいや…って思っていた自分もいました。祝う気分にもなれなかったし。
でも、よくよく考えたら、誕生日は私だけのものじゃないんですよね。。。。
生んでくれた両親のもの、じゃないかなって思って。
だから、自分の気持ちに整理付ける意味でも今日はニコラと祝杯をあげることに。
パリで一番老舗の日本料理レストランを予約してもらいました。
今までの自分、これからの自分にお祝いしてきます。

おめでとうメッセージもたっくさん、届きました。みんなありがとう。
一生忘れられない誕生日になりそうです。


ブログも通常の、お気楽パリ日記に戻すつもりでいます。
みなさんの、少しだけでも、元気のきっかけになれるよう。
がんばりましょ!


鈴木晴美



**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2011-03-22 14:02 | 東日本大地震2011
2011年 03月 14日
今私たちに出来ること 気持ちしっかり頑張ろう!
みなさんもご存知のように、私は現在パリ郊外に住んでいます。
日本の一大事を海外で知る。
現地で、同じ日本人で、今不便を強いられている人もいるのに、私は国の外で生きている。
無事だった自分を素直に喜べません。犠牲の大きさ、知れば知るほど涙が出ます。悲しい。
今もなお、余震や原発の不安で明るい将来が見えにくい日本。節電も始まりました。
でもここフランスは、日本のニュースに深く心を痛めつつも、毎日普段通りに生活が回っています。
そういう時差の中で、私に出来ることはなんだろうと考えています。

今はネットの普及で、ツイッターでほぼ時差なしに細かく情報が入りますし
ストリームでNHKなどのニュースをライブで観られることも出来ます。
ネットがなければ、海外に住む私たちは情報が得られずもう何も手につかなかった事でしょう。
まずは、この技術の進歩に感謝したい。今急に出来た事ではありません。今までの積み重ねなのです。

だから私も頑張る。
元気で無事なわたしたちは、とにかく自分の義務を果たすべきです。新たな積み重ねに参加しなくてはいけない。
頑張って働いて、勇気を与えましょう。気持ちしっかり持って。人間らしい笑顔も大事。1つでもいいから明るいニュースを。
まだ余震も続いて、原発だって不安だ、そんな早く前向きになれるか。海外にいるお前はのん気だとお思いになる方もいるでしょう。
ごめんなさい。でも、私はこうして生きている自分の命を大切にしたい。そして役に立ちたいです。
今日、パリのアンヴァリッドで日本人でピアニストの友人がコンサートをします。
昨日彼女に会いました。今日弾かなければならない曲は、ラプソディー・イン・ブルー。
とてもそんな気持ちではない、と。でも、音楽家として生まれた私たちは、何があっても演奏しなくてはならない。
頑張ろうねって昨日2人で話をしました。演奏で、勇気を与えらるかもしれない。
日本であんなに大変な事があっても、こうして立派に演奏できる姿を見せられたら素敵なことです。


今一番大切なことは、きっと、「冷静であれ」と言うことでしょう。
気持ちを張り詰めていても、どうかパニックにならないでください。
泣きたいときはみなで泣き、笑いたいときは笑えばいい。心をいつもフレッシュに、入れ替えを忘れないで。
人間の心がしっかりしていれば、時間がかかっても復興は出来ます。
私たちの先祖が、敗戦を乗り越えて頑張った、その日本人の魂をもう一度見つめなおしましょう。

1人1人の勇気、行動力、明るさ、優しさ、1人では小さくても人数が集まればそれは大きな力となります。
私も、パリで、どんな小さな事でもいいから、出来る事を探して頑張ります。

ネットなどで、重要な情報があればツイッターで流します。
ご自分の判断で、必要であれば情報を拡散してください。


昨日、ハイドシェック夫妻からお見舞いの電話がありました。
心の半分以上は日本にあるような人です。大変悲しんでいます。
もうすぐ来日ツアー。無事に行われるよう祈ります。
今回プログラムノートの一部、翻訳を手伝いました。
素晴らしい言葉が詰まったプログラムノートです。沢山の方に読んでいただきたい。


では、犠牲になってしまった方々のご冥福を心から祈ります。
そして、不安が続く日本で暮らすみなさんのご無事を祈ります。
明るい明日、普段通りの明日が感じられる日まで、頑張りましょう。
日本は大丈夫、世界も応援しています。日本の素晴らしさをみんな今再認識しています。




**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音
[PR]

by moncheminparis | 2011-03-14 10:27 | 東日本大地震2011