カテゴリ:パリ日常( 1 )

2016年 02月 15日
Cabu au Japon
また気ままにブログを再開したいと思います。
ついでにちょっとあちこちリニューアル。
名前も改名。【はるみのパリ通信】へ生まれ変わりました。

******

ブログを書かなかった間にパリでは残念ながらもう一度大きなテロが起こりました。
今やヨーロッパ全体が、テロありきな日常となっています。
どこで何が起きてもおかしくない。


さて、今日は楽しみにしていたモノが届きました。
c0086674_5382131.jpg


Cabu au Japon 
1993年発刊


Cabuは昨年シャルリエブド襲撃テロの際に犠牲になったイラストレーターの一人。
福島の原発関連でギリギリの風刺画を書いたため、日本では賛否両論かと思います。
放射能を浴び腕の数が増えたお相撲さんが、、、的なジョーク。
こういうギリギリでキツーイのは、フランス人は大好きなんです。
私も実際に職場で同じタイプのジョークを飛ばされ、なんにもおかしくないっ!と本気で怒ったら冗談なのに、、、って。
(大き目のオレンジを食べていたら、それ福島産?って言われました。しょーもないジョークです。)
問題を真面目に取り上げたって誰も聞きはしない、ジョークこそが問題定義のきっかけとなるのだ。
だそうです。日本とはかなり考え方が違いますね。


このCabu au Japonもギリギリっぽいのが多くありそうです(笑)。


c0086674_5562245.jpg

何故日本人はナショナリストなの?
何故日本人は移民を嫌うの?
何故ブティックのマネキンはみんな金髪なの?



うっ。
日本旅行から戻ったCabuの鋭い視点が次々と。

この本、フランスでは高く評価されていて
実はシャルリエブド直後に一度購入を試みたのですが
なんと発送後紛失。あの時期でしたので、盗まれたのではないかと私は思っています。
オークションでかなりの値段で取引されていたのを後から知りました。


最近になって思い出しまたトライしてみたら、それほど高くない値段で中古が手に入りました。
Cabuへのオマージュとして、彼の見た日本を興味深く読みたいと思っています。



**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2013
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音

[PR]

by moncheminparis | 2016-02-15 22:30 | パリ日常