カテゴリ:日々のこと… d'habitude( 122 )

2010年 04月 21日
気が合う
**アイスランドの火山が大変です。ちょっと収まってきたとか???パリの上空にも灰が到着してます。**
c0086674_18543020.jpg



ここの所暖かな晴天が続くパリ。
もう、さすがに春…だよね?言い切っちゃっていいよね???(って言うかもう4月なんですけど)

気まぐれな天気とにらめっこしながら先週、パリ郊外にてお花見も開催。
その日は本当に暖かくて、(いや、暑くて←パリの天気は極端である)夕方日が沈むまで芝生でゴロゴロ甲羅干し状態。
のんびり出来て良かったです。

そう私は今、つかの間ののんびりモード満喫中。
イースターの学期ヴァカンスで、あと10日間ほどレッスンやら伴奏などから開放されるので
深々と深呼吸し、自由を満喫しています。心の洗濯。あ~気持ちよい。
ここでリフレッシュして、ヴァカンス明けの5月6月、ギッチギチなスケジュールに備えるのであります。


さて、ここからが本題。


私は有名な動物好きですが、先日ビックリ~な事がありまして。
前述のお花見でふにゃふにゃにふやけて帰宅中、車で自宅まであと100メートルか、という場所で
道端に白っぽい犬が1匹で歩いているではないですか。しかもなんか…まずい感じ。

こういうの、私ダメなんですよ。もうドキドキしちゃって。
捨てられちゃったのかな?とか。迷い犬??とか。。
ここで手を差し伸べても私は世話をしてあげられない。胸が苦しくなります。
(ここで道端にネコ、なら問題なし。どうせ自由気ままに散歩中に決まってます)
ドッキンドッキン。
運転手のニコラも、迷っています。助けてあげてどうするの?とマトモな質問をしてきます。
だけど…だけど…1匹でそこらじゅうの匂いをクンクン嗅いで、絶対に普通じゃない感じ。

しょーがないな。と、ニコラ、まず車を停車。様子を見ようよ、ということに。
ちと冷静になって観察してみると、それほど汚れてはいない(だから長い間迷っていない)。
マルチーズっぽい、そして結構ちゃんとした首輪をしている。
車を止めた私たちを時々、見返してきます。
目つきが…(本気で冷静になって観察したんです)あまり悲しそうではない。

そのうち、とある門の前で考え込むマルちゃん。(勝手に命名)
ちょっと立ち上がって、ガリガリ…ってして見せる。
あれ?もしかしてここの子か?と悩む私たちに希望の光が。

えいっと気持ちを振り絞って車から降りてマルちゃんに近づいてみました。
(ここで助けて、もしも迷い犬だったら、どうにか対処すると覚悟の上)
ジリッジリっと近づく私たち、夜中23時近く道路に座り込んで「アナタどこの子なの?」(もちろん、日本語)←結構怪しい。
マルちゃんは、ちょっと後ずさりしましたが、私たちが悪者ではないとわかったのでしょう。
さっきと同じ門をガリガリして見せて、そこにオチッコもアピール。何度も何度も。

間違いない!これは、ココの子!と確信した私たち。
在宅中の気配がある一軒家の呼び鈴を押します。どうかココの子でありますようにと祈りながら。
リーン♪顔をひょこっと出すムッシュー。
あの~~もしかして、犬を飼ってませんか?ここに迷ってる風なイ…

と途中まで言いかけたところで、ムッシュー。
「アー!なんでそんなトコに…$%&())=~’#$+*\@@@」

ドドドドド(階段を駆け下りる音)

マルちゃん、耳がピーン。

いや~さっき外に出したまんま、忘れて門閉めちゃったみたいだ~ゴメンよ~~~。ありがとね~。
あぁ感動の再会!



ホントーーーーに!良かったです!どんだけホッとしたか。。。
フランスは犬に優しい社会なので、私が知っている飼い犬はみんな幸せワンコばかりですが
悲しい話も時々聞きますしね。ヴァカンス中にペットを捨てるとか…もう信じられませんよ。


よかったね~よかったね~と大喜びな私たち。
こういう喜びを共有できるパートナーでよかったです。
ここで冷たく、「ほっときなよ」とか言われた日には、もうアナタ、大喧嘩そして最悪の結果ありかも。
ニコラは自分が動物アレルギーなくせに、私と同じくらい、動物好きなんです。


こういう、ちょっとした価値観の合うところが、長く続く秘訣かな?なんて思ってしまった私でありました。

なんだ~ただのノロケじゃん~~。。おしまい。



*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2010-04-21 19:39 | 日々のこと… d'habitude
2010年 04月 06日
春ボケな私
だ、だいじょうぶか、私???
c0086674_22561953.jpg



ボケな私が満開状態で、最近なんだか気合が入りません。
忘れ物などの失敗率、我ながらすごい。これが夢であって欲しいほど…トホホ。

生徒の家に携帯を忘れた(帰宅後気が付き、取りに戻る)、
ペンケース忘れた(注意書きが出来ず、仕方ないので生徒に鉛筆を借りる)、
財布忘れた(メトロ乗る直前で気付き家にリターン)、
洋服が後ろ前だった(夜シャワーを浴びるまで気付かず)、
コップ割った(しかも一気に数個)、
なんか変だと思ったらパンツの前が開いていた(やはり帰宅後気がつく。赤面!)、
夜寝る前にコンタクトレンズを保存洗浄液に漬けておくのを忘れた(だから今日は目がカピカピです)
買ったばかりの傘の上にドズンと座り、柄が曲がってしまった…(交換してもらえたのがえめてもの救い…)


あれやこれやで失敗大放出バーゲン中。これが春ボケ???
なんだか眠いし、寝れば変な夢ばかり見て寝た気がせず朝から頭がもーろーとしている私。
あーだるい~~~やる気でない~~とばかりも言ってられませんが。。。



そんな私を見かねてニコラが(彼は現在良い事づくめで絶好調)昨日映画に連れ出してくれました。
2週間前くらいから上映されている、フランス映画、ラブコメディー。
主演はバネッサ・パラディ と ロマン・デュリス。

いや~~~楽しかったので久々にゲラッゲラと笑いました、周りもみんな大爆笑。
映画の様子はまた別の機会にアップしようと思います
(ロマン・デュリスについても、かねてから書きたかったので)
笑ったら、ちと軸が戻りました。おや?私、元気かも?って思う自分にまた笑ってしまいました。


変なの!



長い冬から春の変わり目。
木の芽が出て、花が咲いて急に風景が変わる、風の匂いが、空の色が変わる…自然はすごい。
ってな分けで、ご利益を頂くためボケからどっこいしょと腰を上げて、パリでお花見を計画中です。
気まぐれなお天気とどう折り合いをつけるか。


チャンチャン!


P.S.
ところで最後になりますが
今月号のショパンにハイドシェックの記事(もしくは写真)が掲載されていると
風のウワサで聞きましたが、どなたかご存知の方いらっしゃいますか??


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2010-04-06 23:32 | 日々のこと… d'habitude
2010年 03月 14日
非常にショックな出来事
私の住んでいる地域は一軒家が多い、非常に静かで過ごしやすい地域なのですが…


先日、いじめられて逃げてきた子供を保護する、というショックな状況を経験してしまいました。
このブログで書くかどうかも迷ったのだけども…



保護した子供はたったの12歳の女の子でした。
つまらない女の子同士の喧嘩から、大きな事件へ発展。
泣きじゃくっているので、初め話が全くわからなかったのですがよく聞けば
なんと、総勢50人ほどの男の子ばかりの集団から殴る蹴るの暴力を受けた、と言うのです。
必死になって学校から逃げてきて、家の敷地内に逃げ込んできました。門を乗り越えて。
あちこち怪我をして血を流し、服もあちこち痛んでいるし、髪は引っ張られてぐちゃぐちゃ。
そんな子供がいきなりドアを叩いて助けを求めてきたのですから、こちらも相当動転しましたが
外で酷く騒ぐ大勢の子供の声が聞こえたので、ただ事ではないと判断しすぐに保護しました。

様子を伺うと、どうも他にも被害にあっている子供がいるようで、近所の人がすぐに警察へ通報。
男子が50人も寄ってたかって女の子に暴力を振るう、なんて話、さすがの警察もすぐには信じてくれません。
そんな大げさな、って言ったらしいです。こっちだって余程の事が無ければ警察へ連絡したりしない!
その間にも、通りでは騒ぐ子供の声があちこちから聞こえ、恐怖でパニックになる女の子。
なだめ鎮めて、怪我を手当てし、震えているのでソファーへ横にさせて毛布でくるんで。
最終的には警官3人で駆けつけてくれましたが、時既に遅し。集団は引き上げて後の祭りでした。

もう1人被害にあった女の子は
運よく自分の家に逃げ込み親に保護されましたが、酷い怪我をしているとのこと。
警察が我が家までやって来て、家で保護した子も無事に警察の手で自宅へ連れて行かれましたが…


大勢で暴力を振るった、という所に問題はあります。
目撃し警察に通報した人の話によると、まさに「50人全員参加」で暴行を振るったらしいのです。
誰1人それを止める子供はいなかった。もうやめようよ、と言う者が1人もいない。
そして時間帯も悪かった。
午後4時頃でどの家庭も仕事に出ている人が多く、特に大人の男性が少ない時間帯。


あんなに怪我をするまで大勢に追い掛け回されたあの子はこれからどうなるのだろう。


男子ばかりの集団は、年頃は10歳~13歳くらい、それともう少し大きな男子が2名ほどいました。
信じられますか???私は自分の目で見たことが今でも信じられません。
特に、男性は女性に優しく、と子供の頃から文化として浸透しているこの国で、こんな事が起きるとは。
集団という事実と、それが男子による女子への暴力だった、というダブルショックです。


とにかく、私が在宅していて良かったし、家に駆け込んで来てくれてよかったです。
あんなにブルブルと震えて、大声で泣いていたあの子を思うと心が痛みます。
『警察になんかに通報したら殺される』って彼女は言ったんですよ。
その恐怖心、どう救ってあげたらいいのか。
私はただ「ここにいれば大丈夫だから」ってぎゅっと抱きしめてあげる事しか出来ませんでした。


こういう一大事な時に限って、留守なニコラ。。。私も正直心細かった…
でも、男の人ではうまく対応できなかったかもしれないなと今になって思います。
保護した女の子の家族と連絡が取れるようになっているので、しばらくしたら、そっと様子を聞いてみるつもりではいます。


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2010-03-14 13:30 | 日々のこと… d'habitude
2010年 03月 03日
お知らせ@メール障害発生中
ここ10日間ほど、メールの送受信に障害が出ています。
何が原因かわからずのままですが、昨日からどうも回復しているようです。
私のフランスメルアドをご存知の方で
「最近メールしたのに返事がない」と言う方、もしいらっしゃいましたら
お手数ですがもう一度再送信していただけると助かります。
ご迷惑おかけします。。

*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2010-03-03 20:04 | 日々のこと… d'habitude
2010年 02月 26日
勝つ人
ちと寝不足な今日この頃。
時差の関係で、フランスではオリンピックの放送時間が夜に集中します。
注目のフィギアスケートなどは、明け方5時とか…

フィギアは昔から観戦するのが好きだし
やはり日本人選手をライブで見たいので
今回は日本から電話を入れてもらい、5時に起こしてもらって(笑)無理やり見ました。

いや~~キム・ヨナ。強かったですね。
日本で応援している方々には面白くないコメントでしょうが
私は彼女の演技を見たとき、彼女が金と直感的に思いました。彼女が勝つ、と。
たとえ浅田選手がノーミスであっても。

私の勝手な感想ですが
浅田選手は、どこか子供っぽさが残る「女の子」という雰囲気に対して
キム・ヨナは1人の成熟した「女性」。
その大人っぽさが芸術性の高さに繋がるのではないか。
それから、ジャンプ。
2人とも完成度高いですが、浅田選手はジャンプを準備している間
演技に隙間があくような気がしました。見ていてどこか現実に戻ってしまう。
これから難しい事するぞ、と分りすぎる。ちょっとしたことなんでしょうけど。
難しい事をいとも簡単にやってのける、そこが王者の貫禄かなと。
だから、くやしいし残念だけど、私はキム・ヨナの金メダルは、なるべくしてなったメダルかなと感じています。

さて。
フランスではフィギアと言えば必ず出てくる3人の定番コメンテイターがいますが
その中に日本でもおなじみ、ダルタニアンを演じて長野で銅メダルを取ったキャンデロロがいます。
どうコメントしたら面白いか、笑ってもらえるか、そんな事ばかり考えるタイプ。
よーくしゃべるし、ちょうど良い具合でクダラナイし(笑)、かと思えば元選手なので言うことに説得力もあるしで
フィギアの番組はとても楽しいことになっています。
コメンテイターの3人は、しょっちゅうゲラゲラと笑っています。

キャンデロロの日本での人気の高さはフランスでも有名で
「フィリップ、日本ではキャンデロロかアラン・ドロンかって言われてるらしいね」とか(ちなみに試合中の会話)
「日本では、キミの宿泊ホテルで部屋の前で一夜を過ごす女性がいるんだって?」とか(ホント????)
キャンデロロ本人も売られたジョークは買うタイプなので
「アラン・ドロン様、ごめんね~僕のほうが若いし…」とか(!)
「寄ってくる人を拒めないでしょ。でもファンの女性とは何も起きてないよ」とか(ちなみに彼は既婚者)

当然、キャンデロロはニホンびいきなので日本の選手、沢山応援してました。
浅田選手がジャンプで躓いちゃった時なんか、もうため息ついちゃってシーン…、みたいな。


男子フィギアではフランスのジュベールが何と大失敗でメダルから遠く離れたまさかの結果。
日本でも人気ですか?彼イケメンですしね。フランスでもモチロン人気です。
あの演技の後、フランスではジュベールは「c'est un petit con!」とかなり辛口批評を受けました。
(くだらない、バカだ、という意味です)
大体。ショートの演技が終わった時、ジュベールは暴言吐いちゃったし。。。
「オリンピックのう〇こタレ~!」みたいなレベルの暴言です。(マイクに拾われてしまった)
それも悪印象。私はちょっと引きました…世界レベルの人の言うセリフでしょうか。
オリンピック出場を喜びと思えず、楽しめなかったジュベールの精神性があらわに。

フリー演技でも精彩を欠いて全くいいとこ無しのジュベールでしたが
その後彼はちゃんと反省して、自分の悪いところを認めたのは偉かったかな。
彼の事をくだらないと言った人に対しては、その通りだと。
どうも彼は周りの意見に耳をかさず、井の中の蛙状態だったようです。
気がついたら世界レベルは自分からうんと遠いところにあった…


そんなこんなで、毎日ドラマなので観戦が大変ですがもうすぐ終わってしまいますね。
フランスは今のところ、メダル10個、だったかな?
一生に一度でいいから、自分の目で、生でオリンピックを感じてみたいなぁ。
ちなみに。
2018年冬季オリンピックに、フランスのアヌシーが立候補しているようです。


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2010-02-26 12:50 | 日々のこと… d'habitude
2010年 02月 10日
ちょっとお休み
風邪をひきつつだましだましやっていたら、相変わらずの寒さが良くないのか?
なんとぶり返し、久々にデカイ風邪をひろってしまいました…。
今も雪が降ってます。。。

というわけで、本腰入れて寝ます。ブログはちょっとお休み。
日本滞在記、のろのろ更新ですみません。お待ち下さいませ。


**ニコラが着々と更新しているようですのでよろしければどうそ**
Point de fuite (フランス語のみ)


chachat


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2010-02-10 19:02 | 日々のこと… d'habitude
2009年 12月 11日
白だと思ったらグレーだった
**パリの美術館。こんな階段部分も結構好きだったりします。**
c0086674_355221.jpg



意味深っぽいタイトルですが、ご心配なく。
早いもので、もう2009年もあと残すところ…という時期になってきました。
日本出発までも10日を切ったし。本当に毎日あっという間に過ぎて行きます。
年末留守にするので、ちょっと早いけど昨日から年末の大そうじを開始しました。
普段やらない部分の掃除は、ビックリの連続です(笑)。
ホコリは物を言わず溜まっていきますからね。いるならいると言ってよ!って感じです。
久しぶりに家中のカーテンを洗ったら、洗濯後カーテン越しの光が明るくなりました。
あら、アナタ…実はグレーだったのね…というわけです。



さて。この年末は私にとって思い出深いものとなりそうです。
ニコラとの初帰国ももちろんですが…実はもう1つ別の事で。
忘れられない別れがやってきました。
フランス生活10年間。色んな時期を一緒に泣いたり笑ったりしながら過ごして来た
大事な大事な友人がいよいよ日本へ帰国することになりました。
いつも当たり前のように近くにいた友人なので、全然実感が湧きません。

お別れ会なんてしたくない、という友人に先日サプライズを用意。
集められるだけの友人を集めて…レストランへ呼び出しました。
何も知らずに到着した彼女は思った通りに驚いてくれたので、幹事としては大満足。
しんみりしたくないし…だからずっと笑い通しでお腹がよじれるひと時でした。
天然キャラを最後まで大いに発揮した友人。最強です(笑)。

寂しくなるなぁ…と思うけど、これも人生。
一緒に過ごした濃い10年間の思い出を宝物にします。
色々沢山のこと、ありがとう。そしてこれからもお互いにポジティブに生きていこうね。


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2009-12-11 20:52 | 日々のこと… d'habitude
2009年 12月 04日
アズールとアスマール
思わぬ感じでぴょこっと時間が空いたので前から興味があったDVDを鑑賞。
とっても感動したので、記録しておきます。

*Azur et Asmar アズールとアスマール* 
c0086674_0312191.jpg



監督はフランス人のMichel Ocelot ミシェル・オスロ。
切り絵風のシルエットのみを使ったアニメーションなど、個性的な作品の多い人。

Azur et Asmar は、とあるアラブ諸国を舞台に広がるファンタジーの世界。
その鮮やかな色合いと繊細さ、大胆なイマジネーションは驚きの連続。
目に飛び込んで来るのは、ショッキングピンク、カナリアイエロー、ターコイズブルーなどの派手色。
下手すると目がチカチカしちゃうような色合いですが、あくまでも上品さをたたえて。
とっても美しいアニメーション。

兄弟として育てられたある2人の男子が成長していく様子を描いています。
ストーリーは「毒気」が一切なく、純粋にそして静かに進むのです。優しいストーリー。
ただ1人だけ「ちょっと世の中に磨れてしまった」人物が登場し、ストーリーにスパイスが加わりますが
そのコントラストがまた心地よく、心を打つのです。優しい辛味、という感じ。

日本語でもDVDが出ているようです。是非おすすめ。

実はつい最近、評判が良いと聞いて観た映画があったのですが
それがあまりにも乱暴なシーンが多いため、かえって現実感がなく
この映画って何が言いたいんだろう?と全然心に響かなかったのですが
映画はやっぱり…見る側に余韻を残すものがいいですね。
無理やり乱暴シーンを連発せずとも
美しいものを1つ見るだけで、人間愛の大切さはちゃんとわかるものです。


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2009-12-04 16:27 | 日々のこと… d'habitude
2009年 10月 24日
パリ生活、10年
c0086674_2062587.jpg


自分でも信じられないのですが、先日渡仏10周年を迎えてしまいました。
うそ?そんなに経った??と思う反面、懐かしくもあり。
パリに行く。とほぼ勝手に家を飛び出した私。あの頃の私は後先考えないお馬鹿さん。。


日本でビザを取って、フランス入りし、空港で入国のハンコを押してもらって。
その日付が、1999年10月22日。
フランスへ到着した日、(当時アパートはもう決まっていた)日本から持って来たインスタント食品で夜ご飯…
荷物はトランク1つだけ…その寂しさったらなかったですね。
これから始まるんだ~という高揚感と、1人暮らしの孤独を両方感じていました。

当時はネットも、常時接続なんてサービスはなくて
懐かしのダイヤルアップ、しかも海外ローミングサービス。
繋ぐとPCからピーガガガッとかって通信音が聞こえる、あれです。
いちいち接続を切って、オフラインでページを閲覧。そうしないとどんどん追加料金がかかる。
今なんて常時接続は当たり前、日本までは電話無料ですからね~。世の中変わりました。
(私の加入しているプロバイダは国際電話が世界各地ほぼ無料なのです)

10年前のあの日は電話線もまだ引いてなくて。
近所の公衆電話でやりとりしてた!懐かしいなぁ。もちろん携帯なんて持ってませんでした。
日本へ電話するのに、どのサービスが一番安いか、なんて躍起になって探していた時代です。

今や留学生は電子辞書が主流で、みんなスマートに単語を調べているけど
当時はもちろんそんなもの。。。贅沢です。
だから小さな辞書をいつでも一緒に持ち歩いて、わからなければ恥ずかしさも捨ててその場で調べる。
こいつフランス語出来ないんだ…の冷たいフランス人の視線を「いつか覚えてろ!」とガソリンに変えて。
出かける前には、色々とシミュレーションして、使うかもしれない単語をメモしておく。
英語を使うのは最後の手段、と心に決めて。
小さな辞書を持ち歩く習慣は、フランス語に不自由を感じなくなった今でも抜けませんね。
ずっと同じものを使っているので、もうボロッボロです。でもボロでもいいの。お守りみたいなもんです。

初めての滞在許可証申請、…緊張したなあ。。
留学生のバイブル、「成功する留学」をもちろん参考にして。
フランスの役所はいじわるだ、と固定観念があったので(笑)すごく不安だったのを覚えています。
申請してすぐには許可証はでなかったような。
確か、受け取るには他の手続きがあって(健康診断とか)最後はシテ島のデカイPoliceまで行った記憶があります。
あのPoliceの威圧感…建物も警察官も。フランス語が怪しいのでいちいち緊張。ホント大変でした。

そんな感じでバタバタと日常が過ぎていき試練の日々だったけど、
学生生活、ハイドシェックとのレッスン再開など、さらに刺激多く時間はあってもあっても足りない!
自分がそれまで持っていたささやかな価値観なんて、ゴミみたいなものでした。
目からウロコどころじゃありません。

実は。留学前、「パリの日本人には気をつけなさい。」と、ウワサを聞いていて。
うかつに友達も作れないのか、パリ生活は厳しいな…と思ってましたが、
そんな中、刺激し合いながらも楽しく心を許せる友人が出来た事、感謝。

10周年を迎えた夜。
大好きなメンバーに囲まれて、ささやかにお祝いを出来た事、私の大切な思い出となるでしょう。
みんなありがとう。友達も、師匠たちも、両親も、その他の家族も。
あまり過去を振り返る性格じゃないので、うっかり見逃しそうになるけど、
今の自分は周りの支えがあったからこそ、と思う事を忘れないように。
そして、いつも耳と心を開いて、素直な気持ちで生きていきたいなと思います。


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2009-10-24 12:21 | 日々のこと… d'habitude
2009年 10月 20日
<お知らせ>メールフォーム直しました
先日、思わぬところでバッッッッッタリ、しかも何年ぶり…に再会した友人。
「どうやって連絡取ったらいい???」と聞かれ、
ブログ(読んでくれていた。ありがとう。)からメールが送れるようにしてあるよ、と言ったら
それが試したけど上手く行かないのよ~…と。。

あら?

で、確認してみました。
いつの間にか、機能していなかったようです。
ゴメンナサイ。ちゃんと機能するように直しました。

コメントじゃなくて直接メッセージを希望の方は、メールフォームへのリンクが
ブログ記事の右、サイドメニューに設置してありますのでご利用下さい♪


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2009-10-20 23:15 | 日々のこと… d'habitude