<   2008年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2008年 01月 30日
悲惨さをさわやかに伝える
戦争を取り上げた本や映画ってやはり見るべきだと思います。
昨日は、23日から1週間パリで開催されていた第11回Festival Cinéma Télérama の最終日。
開催中は選出された15本の映画を3ユーロで見られる、という事で映画好きにはかなり魅力的。
システムは、雑誌Téléramaを購入、その中に2名まで有効のクーポンが付いています。


フェスティバルのプログラムで随分前から見たかった映画があったので
最終日の昨日、駆け込みセーフで見てきました。
さすが映画好きのフランス人、3ユーロで見られるチャンスを逃しません。
20時からの上映は満員。


Marjane Satrapi マルジャン・サトラピ原作のアニメーション映画
「Persépolis」 ペルセポリス  製作:2007年(フランス)

c0086674_2230476.jpg
声:キアラ・マストロヤンニ
   カトリーヌ・ドヌーヴ
   ダニエル・ダリュー

舞台は、1970年~90年代の激動のイラン。
どんな時でも生きる勇気とユーモアとロックを忘れない主人公の少女・マルジ(原作者)と、
母娘3代にわたる温かな心の交流を軸に、アニメーションで描かれています。



実はかなり悲惨な内容なのに
アニメーションのタッチが軽やかなので最後までさわやかな気持ちで見れます。

c0086674_22443161.jpg
生き生きとした人物像。
その中でも特に愛すべきキャラクターは
主人公マルジと祖母。
(ハチマキしてるのがマルジ、左端がおばあちゃん)。



女性の権利が全く存在しない世の中。
「お前らみたいな女は残らず犯してゴミ溜めに捨ててくれるわ」
と暴言を吐く男たちがのさばる中
女としての誇りを忘れるんじゃない、公明正大に生きなさい、と祖母はマルジに教育します。
教育は言葉ではなくその生き姿で。そこが、粋なのです。

そして愛らしく幼いマルジ。
おじいちゃんは共産党員だったのよ、と8歳のマルジは聞いて大興奮。
しかも牢屋に入れられたんだって!おじいちゃんはヒーローなのよ!と無邪気なマルジ。
幼い彼女の目にはその後ろに潜む悲惨さは映らない。

c0086674_2323785.jpg

でも。。マルジは段々わかっていく。
そして成長していくマルジ。
大人になること、女になる事。
自分の身を守るために犯す間違い。
いろんな事を沢山経験して大人になる。



この映画は、暴力はいけない、戦争は罪だ、と押し付けてきたりしません。
見る側に少し余裕を与えてくれる。
実際、昨日の会場で何度も笑いに包まれ暖かい気持ちになるのです。
でも見終わったとき、それぞれの心には間違いなく人間としての誇りが迫ってきて
今もなお続くおろかな暴力の連鎖に思いをはせずにいられないでしょう。

マルジが味わった外国生活のシーンは
現在も変わらず存在する問題を浮き彫りにもしていました。
そこもまた、私の心に強く、残りました。
見てよかったです。
[PR]

by moncheminparis | 2008-01-30 15:07 | 日々のこと… d'habitude
2008年 01月 28日
遅ればせ、Galette des Rois 「王様のガレット」
偶然お菓子の話題が続きますが今回は「美味しかった」お菓子の話題。
フランスでは1月に「Galette des Rois」というお菓子を食べる習慣があります。
基本は中身にアーモンドペーストが入ったパイ生地菓子。
他にも有名店などでは果物入りとか、いろんなバージョンがあります。

Galette des Rois 何故「王様のガレット」と言う名前かと言うと
お菓子の中に1つだけ小さなフェーブ(陶器のお守り)が隠されていて
(…フェーブとは仏語で「そら豆」の意味、昔はそら豆が入っていたそうです。)
お菓子を切り分けてみんなで食べる時に自分のところにフェーブが入っていたら
その人には1年幸福が訪れますよ~という、カワイイ行事。
フェーブが当たった人は王冠をかぶってその日は「王様」になるのです。


フランスに戻ってきたのが1月の中旬だったので
このお菓子を何となく食べそびれてしまっていたのですが
昨日ようやく、初Galette des Rois でした。


c0086674_1753429.jpg
2人分の小さなガレット。
昨日の王様は…私でした。
って言うか、切り分けた時に包丁にフェーブが触れちゃって。
ちょっとつまんなかった。
小さなタイプを買うと、こういう事が起きがちです。

オーブンで少し暖めなおして食べると
パイのサクサク感がよみがえって美味。
おいしかったです。




ところで、ナッツアレルギーの方っていますか?
このお菓子は中身にアーモンドがいっぱい使われているので
ナッツアレルギーのニコラは本来食べられないのですが
何故か今年、試しに食べてみたらアレルギー反応が出ない。
昨日のも、お店で「アーモンド使ってますか」と確認済み。
それこそ中身ぎっしりなのです。

食べても全然平気みたいで。
喜ばしい事だと思うのですがすごく不思議。
アレルギーってこんな風に急に治ったりするんでしょうか。
体質が変わるとか?

ちなみに、彼はネコアレルギーでもあるのですが…
これまた最近ネコと一緒になっても反応が出ない。

一度アレルギー専門医にかかって確認した方がいいかもしれませんね。
信じて食べてまたアレルギーが出たら、危険ですから。



音楽ブログランキング

[PR]

by moncheminparis | 2008-01-28 10:03 | 食べもの miam-miam...
2008年 01月 26日
バナナケーキ@へこみ.com
パンを焼くのが得意な母が焼きあがった後「あれ?」という出来だった時に
「失敗すると、とたんにぐっと疲れる…」
と、言っていたのですが、今まさに実感。。

バナナを買っても大抵食べきれずに熟しすぎてしまうので
そんな時は「バナナケーキ」にしてしまいます
ヘルシーだしね。

結構得意なレシピ~♪
今まで失敗した事ないもん。


ないもん。
ないったらないっ。


え…005.gif



生焼け?膨らんでない?
しっとり…じゃなくて、べったり。。
うまぐね~ケーキが出来上がりました057.gif

そんなに難易度高くないのに。



のに。
のに。


他に考えること沢山あるのに頭の中はケーキの失敗で一杯です。
なんでだろ~~~と悶々。
私、こういう時すごくしつこいタイプで(笑)。

焼き上がりでオーブンから出したらまだ生焼けだったので
アルミをかぶせて時間を延長して焼いたんですが
いくら焼いても生焼けっぽく、そのうちに表面はどんどん硬くなるし。

たぶん、なんですが。
型に合わせて量を2倍で作った。
だから焼く温度を調節しないといけなかったと思う。
量に対して早く焼き色が付いたために膨らまなかった。
取り出したら生焼けだったのでさらに焼き、表面はどんどん乾燥して硬くなり。
膨らまないのでそのままべったり。。。

それとも原因は違うのかな。

最初にバターと砂糖を混ぜるときはちゃんとふわっと白っぽくなるまで混ぜました。
卵とバターも上手になじんだし、粉類はふるいにかけてゴムベラでさっくり混ぜたし。
ベーキングパウダーも量に合わせてちゃんと倍量入れました。
あ。。。
ベーキングパウダーが古かった?
封を開けてから2ヶ月くらい経ってる。

そうなの?
それが原因なの?

それとも違うの?


c0086674_1211978.jpg
オイチクナイ。
デモ、モッタイナイカラタベルヨ。



おしまい。。
[PR]

by moncheminparis | 2008-01-26 17:25 | 食べもの miam-miam...
2008年 01月 25日
ベートーヴェン:「テレーゼ」
023.gif←エキサイトブログでいつの間にかこんなのを使えるようになってました。

動くので結構カワイイかも。。

047.gifこんなのとか結構好きです。

071.gifこれ(笑)←何を表現すれば…

016.gifハートの位置がちょっと変だけど。。

041.gifこれなんか、いいですね。ハッピーな感じで。


他にも色々あるみたいなのでしばらく楽しめそうです。


ところで、話は全く変わるのですが
1月16日のブログで、B・Mさんによるステキなデッサンをご紹介しました。
イニシャルにしたのは、名前を伏せるためじゃなくてサインがそうなっていたからで、
お名前はBruno de la Morinerieさんと言います。
Morinerieさんは、ハイドシェックの幼馴染で現在は陶芸家になられた方。

実は彼には特技があって…
それは「封筒に絵を描いてしまう」こと。
便箋ではなく、封筒。

それが本当にとってもチャーミングなんです~!

例えば、これ。
c0086674_0463875.gif
ハイドシェックの公式サイトに掲載されているこの絵も
封筒に描かれたもの。

右上に切手と消印が見えますよね?
これは絵が描いてあるのではありません。
本物の、切手と消印なのです。

封筒いっぱいに描かれた
「ハイドシェック、リサイタルの様子:1953年」
愛情溢れる、ステキな絵です。



そして…実は私も…
Mornierieさんからステキなプレゼントを頂いた事がありました012.gif


それが、これ。
c0086674_0522477.jpg
2004年~2005年にかけて
パリのラ・スコラカントルムで行われた、
ハイドシェックによる
「ベートーヴェンソナタ全曲マスタークラス」にて
ピアノソナタ「テレーゼ」を演奏した時、
聴きに来ていたMorinerieさんから
後日頂いたものです。





マスタークラスでテレーゼの第1楽章のあるフレーズを
ベートーヴェンとテレーゼの会話に例えたハイドシェック。
そこからインスピレーションを受け、この様なチャーミングな絵が出来上がったという訳です。

テレーゼの1楽章は溢れ出す愛053.gif…って感じでいいですね。
若い2人がお互いの気持ちに気付きながらもまだストーリーは始まっていない…
私はそんな風に感じます。



音楽ブログランキング
いつもありがとうございます040.gif
[PR]

by moncheminparis | 2008-01-25 18:15 | ピアノ piano
2008年 01月 22日
冬が旬、アンディーブを使ったレシピ。

最近では、日本でもわりとポピュラーになったこの野菜。
c0086674_0371986.jpg

仏名:Endive アンディーブ

日本だと、チコリとか、エンダイブって呼ばれているかな?



フランスではほぼ1年中食べられる野菜ですが、旬は冬の今。
苦味があってみずみずしく、生でも火を通しても美味しいこの野菜が、私は大好き。
旬の今はビタミンも豊富、そして値段も安い。キロで2ユーロしません。あ、繊維が豊富なのもポイント高し。

アンディーブはそのまま生でザクザク切ってサラダにするのも好きだし、
火を通して食べるのも、これまた美味。
旬で安いこの時期、火を加えてたっぷりと味わいたいお野菜です。
特に、アンディーブとバター&レモン、という組み合わせは王様級。
アンディーブの苦味にはレモンの爽やかさ、そしてバターの優しい香りがマッチするのです。

その黄金の組み合わせを使った簡単なレシピを載せます。
シンプルなお肉のソテーなどの付け合せにピッタリ。


「アンディーブの蒸し焼き、レモン風味」
c0086674_0595962.jpg
見た目は地味ですが(笑)、
しみじみと滋養を感じる、味わい深いお料理です。



(アンディーブ4個を使った分量です)

①アンディーブは軽く水洗いして、沸騰したお湯で5分ほど茹でます。
②その間にオーブンを180度で暖めておきます。
③茹でたアンディーブをやけどしない様に気を付けて取り出し、軽く押さえて水気を除いたら縦半分に切ります。
④耐熱皿に並べ、チキンコンソメをお湯で溶いたものを注ぎます(アンディーブの半分程の高さまで)
⑤さらに、塩コショウ、レモン汁を半個分、細かく切ったバターを適当にちらします。
c0086674_10248.jpg


オーブンに入れる前はこんな感じ。

⑥アルミホイルで蓋をして、温まったオーブンに投入。約1時間蒸し焼きにします。
⑦出来上がり!


どれだけでもペロッと食べてしまいます(^◇^)
そして、煮汁がまた旨いので
フライパンでお肉をソテーし、肉を取り出した後に煮汁を加えて煮詰めて
例えば「ポークソテーのレモン風味」…てな感じでソースを作ったりもします。
これまたかなり、美味しいです。


オーブン焼きの他にも、やはりバターとレモンを使ったレシピで
アンディーブを茹でる段階でお湯にレモンとバターを加えて30分ほど蒸し煮にして、
そのままお湯の中で冷まし、冷めたら取り出してバターでソテーする、というレシピもあります。
ソテーした時に付くバターの焦げ目の香ばしさが手伝って、これまたいくらでも食べてしまいます。。。


あ、今思ったんですが、アンディーブってちょっと白菜に似てるかも。。
ご紹介したオーブン焼きはひょっとしたら「白菜の茎が多い部分」でも作れるかもしれませんね!




音楽ブログランキング
食いしん坊バンザイ♪
[PR]

by moncheminparis | 2008-01-22 17:20 | 食べもの miam-miam...
2008年 01月 20日
空を削っちゃうもの。
ここの所、ちまちまと翻訳作業を続けているのですが、
なんだか目も肩も疲れたな~というわけでちょっと寄り道。

翻訳するフランス語の文章の中に「へ~ぇ」という表現があったのでご紹介します。

「Gratte-ciel」…直訳すると、空の引っかき傷、もしくは空を削るもの。。
この言葉、何を表現しているか、わかりますか?



答えは、これ。↓
c0086674_2126093.jpg
「あ~なるほどねっ」とピンと来た方はするどい!

空高くそびえる高層ビル…
これをフランス語では「gratte-ciel」と言うのだそうです。



gratter 「ひっかく」「削る」という動詞から来ているこの言葉。

日本だともう全国あちこちでこんなビルは飽きるほどありますが
フランスは首都のパリでさえ、こんな高層ビルは珍しいのです。
(パリは外観が法律によって守られています…セーヌ川ほとりは世界遺産に指定されてますね)

写真中央に写っているのはモンパルナスタワー Tour Montparnasse です。
(ちょっと寄り道…手前右に写るFNACは有名CDショップ。)
このモンパルナスタワー、パリ市民からすごぶる評判が悪い。
かのエッフェル塔が建てられた時は、非難轟々だったのですが今ではパリのシンボルですね。
でもこのモンパルナスタワーは、救いようがない…という声を多く耳にします。

で、ちょっとイタズラ。
それなら、なくしちゃおう!


c0086674_21334356.jpg

おおお!
うん…
やっぱり…


無い方がいいですね(>_<)
変わるもんだなぁ…。



ちなみに。
このタワーから見下ろすパリの夜景は、サイコーだそうです。
まだ、見たことありませんけど。。



音楽ブログランキング
みなさんの1つ1つのクリックに、メルシーです♪
[PR]

by moncheminparis | 2008-01-20 13:21 | フランス語 français
2008年 01月 18日
動画@ハイドシェック.com
ええと。。
BBさんのご協力でハイドシェックの貴重な?動画がYouTubeで見られるようになりました。

これらの映像は約5年前のある寒い日にBBさんがパリに来られた時のものです。
BBさんとはこの時が「初めまして~♪」だったんですね。

当時、取材をされたいとの事でハイドシェックの通訳を頼まれた私。
聞き取りにくい通訳&訳す前に勝手に盛り上がってしまう悪いクセで、なんともお恥ずかしいのですが、
通訳の変な女はスルーして、リラックスしたハイドシェックの様子を、せっかくの貴重な映像なのでご覧下さいませ。
声が聞きづらいので、映像の説明文もお付けしました。
そちらも参考にしてくださいね。

動画はこちらからgo!(BBさんのYouTubeチャンネル)

ところで…(>_<)
普段、自分を客観的に見る機会って少ないのでもうショック…。
私って普段こんなにキャピっているんだろうかと今回ガクゼンとしました。
もっと大人の女を目指します!(注:突っ込み厳禁)
そして、今はもっと通訳も上達している事を願って…。


ではお楽しみください。。



音楽ブログランキング
おかげ様でまたまたランキング上昇してきました!
[PR]

by moncheminparis | 2008-01-18 12:21 | ハイドシェック en France
2008年 01月 17日
メトロの乗り換え@ハイドシェック.com
昨日、ハイドシェック邸を出た後、
オジサンと私は楽譜やさんに一緒に行く事になったんですが、
そうそう、ハイドシェックってこうなのよね~としみじみ?思った事があって。。

みなさんは、地下鉄などの乗り換えがある時、
電車に乗ったときに前もって乗り換えに近い扉から乗る派?
それとも、成り行き任せ派?

ちなみに私は…超テキトー派です。
よほど繰り返して同じ路線に乗れば、自然と覚えるし
そうでなければ忘れちゃって、考えた末に一番遠い扉から乗ってしまったりします。

昨日のメトロ avec オジサンは、その行動に素晴しく性格が出てました。

ハイドシェック邸から楽譜やさんに行くのには、1つ乗り換える駅があります。
まず、7番線に乗りその後3番線に乗り換える。


以下、観察記録です。。。


7番線のホームに着くと…わき目もふらずズンズンひたすら先頭車両方向へ。
そしてオジサン、目的地点に到着。そこでビタっと停止(笑)。微動だにしません。
7番線のメトロが到着~、乗った車両にはオギョーギ悪いアラブ系ヤンキーが。
気分が悪いらしく、いきなり無言…(笑)いや、わかりやすい。

さて、乗り換えの駅に到着。
…と、扉が開くその前に!
「降りたらすぐ右、降りたらすぐ右!そのまままっすぐね」
と連呼するオジサン。。。
せっかちだわ。
ここでは私だって知ってるもん…とは言わず、ハイそうでしたねっと素直に聞く姿勢が大切です。

3番線のホームまで最短距離で到着した自分に大満足のハイドシェック。
次の降り口に一番ちかい扉の位置を確認。
「ここ、絶対ここ!」

テキトー派の私も「うんそうね、多分この辺だったかも」と、同意。

で、ドキドキの到着地、
扉のまん前に階段が!
そのときの得意満面なハイドシェックの顔はもう…。
噴出しそうでしたが、あえて我慢。

ハイドシェックは「この辺」とか「だいたいこんな感じ」って言うのはあんまり好きじゃなくて
「まさにここでなくてはならない」「ピッタリ!」とかが好きです。
そして…いつでも前のめりって言うか。。。簡単に言えばかなり「せっかち」です。

これはハイドシェックの演奏にも通じるものがあるような。
これ以上でもこれ以下でもダメ、大体上手く行った…なんて言うのは成功したうちに入らず。
そこまで早くなくっても…という「せっかち」な演奏も結構ありますね(笑)。
で、ビュ~~~ンと走り、到着地点でぴたっと止まる。

あらら。
メトロに乗るハイドシェックから色んな想像力が膨らんでしまいました。

ちなみに。
ハイドシェックは約束の時間の5分前には到着している人です。
フランス人ではヒジョーに珍しいと思います。
「日本人の好きなところは、時間に正確なところ」だそうで。
ハイドシェックとの待ち合わせは、遅刻厳禁!ご注意あれ!
(そういう私は気をつけないとすぐ遅刻~)



音楽ブログランキング
オジサンの話題にピンと来たら、ワンクリック s'il vous plait♪
[PR]

by moncheminparis | 2008-01-17 11:25 | ハイドシェック en France
2008年 01月 16日
ハイドシェックからの meilleurs voeux
c0086674_211423.jpg

dessin par : B.M.


エリック、ターニャ、そして4人の天使ちゃん(お孫さん)たちより皆様へ。
「明けましておめでとう 2008!!」 デス。

今日、久しぶりにハイドシェック邸にお邪魔した折に素敵な年賀カードを頂いてしまったので
皆様にもおすそ分けです~♪

*********************************************************

ハイドシェックは2月の中旬に Clerment-Ferrand にてコンサートを控えています。
プログラムはベートーヴェン:ピアノ協奏曲第2番
去年から演奏する機会の多いコンチェルトです。

その他、新譜の予定などもあるようですよ。
日本でも発売されるのかなぁ。
現代作曲家による室内楽の録音を予定しているようです。

ターニャさんお手製の美味し~いランチと、ハイドシェックの機関銃おしゃべりにて時間はあっという間に過ぎ…(笑)。
ハイドシェックはターニャさんのお料理をいつも「美味しい美味しい」と連呼してそれは美味しそうに食べるのです。
これって素敵です。やっぱりお料理は褒められて更に上手くなるってもんです。
ハイドシェック夫妻の絶妙なやり取りは、いつ見ても本当にステキ。

日本ツアーの話も出ました。
プログラム構想は大分固まってきているようです。
どんなプログラムになるのか…楽しみにお待ちくださいね!

今日は元気なハイドシェックを見たら嬉しくなってきました。
私も負けずにかんばるぞ~!(急にやる気)



音楽ブログランキング
いつもありがとうございます!
[PR]

by moncheminparis | 2008-01-16 18:33 | ハイドシェック en France
2008年 01月 11日
ハイドシェック、CD情報♪
c0086674_13172960.jpg2月20日にハイドシェックの新譜(復刻版)が出るとの情報です。

ベートーヴェン:ピアノ、ヴァイオリンとチェロのための三重協奏曲ハ長調 Op.56
クリスチャン・フェラス(ヴァイオリン)
ポール・トルトゥリエ(チェロ)
エリック・ハイドシェック(ピアノ)
フランス国立放送管弦楽団
シャルル・ブリュック(指揮)
 録音:1970年3月11日(ライヴ)


若きハイドシェックが大先輩たちと共演した演奏です。
CDの詳しい情報はこちらへ(HMVサイト)どうぞ。




ところで話は変わりますが
前回のブログでご紹介した田部井剛さん指揮による公演があります。

2008年1月13日(日)14:00開演(13:30開場)
すみだトリフォニーホール(JR総武線「錦糸町駅」北口より徒歩3分)
プログラム:
モーツァルト/歌劇「魔笛」K.620 序曲&交響曲第39番 変ホ長調 K.543

ホルスト/組曲「惑星」作品32

詳細はこちらへどうぞ(日立フィルサイトへ)


さて。
そろそろハイドシェックの来日スケジュールが決まってくる頃かもしれません。
また、追々みなさんにお知らせして行きますのでチェックしてくださいね!



音楽ブログランキング

[PR]

by moncheminparis | 2008-01-11 13:29 | ハイドシェックの録音