<   2008年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2008年 09月 23日
ピアニストは指先で考える
c0086674_18111910.jpg


夏に日本に帰っていたときに読んだ
青柳いづみこさん著書「ピアニストは指先で考える」。
うんうん、共感しちゃう、という部分が多い!
ピアニストの運命を決める、と言える(と私は思う)親指くんの話から、
指は立てて弾くべきか寝かせるべきか、の議論
手首は??脱力法とは?などなど…
まさにピアニストが日々、どうすんべ~と頭を悩ます数々のテーマが満載。



私が母や先輩方から聞いた話によりますと
昔はピアノテクニックの主流と言えば「ハイフィンガー奏法」。
これは、各お指をしっかり縦に動かし(高く指を持ち上げるように、の意で「ハイフィンガー」)
指は丸く立ててして指先を多く使う奏法。
「お指が独立してませんよ」と言う表現があるけれど
それは各指がパラパラと1本ずつ分かれて動いていない、という意味。
特に中指と薬指は、手の構造上連動しやすいので訓練が必要。

それに相対するようなテクニックもあって
「お指を寝かして(伸ばし気味にして)」弾く方法。
背中から肩、ひじ、手首のどこにも余分な力を入れず
鍵盤と直接触れる指先にパワーを集める「脱力」法と一緒に考えられる事の多い奏法。

本の中でこの2つの奏法についてかかれてあった部分は興味深い。
私個人的には「お指を丸く」派の先生にも「お指を寝かせて」派の先生にも両方に師事しました。
私の手は関節が柔らかく、指は長く細いので「寝かせて」派だけだと力の支点が定まりにくく
「お指を立てて」派だけだと、今度は指がこんがらかってしまう…。
なかなか曲者の手なのですが、使いこなす術は自分で見つけるしかありません。

ちなみに私の現在の師匠、ハイドシェックは
背丈のわりにずんぐりした短い指の持ち主で手は大きいほうではありません。
手のストレッチ性は、ハッキリ言って私の方が上。私の手はよく広がります。
ハイドシェックはよく私の手をびょ~んと伸ばして「信じられない!」と叫んでいます。

手が広がらないハイドシェックですが
その代わり彼の手首の柔軟性、そして親指の俊敏さはすごいです。
その素晴しさについては「ピアニストは指先で考える」でも時々触れられています。

あと余談ですが、青柳さんはスポーツ観戦が大変お好き!ここも妙に共感しちゃいました。
スポーツと音楽って、私もよく重ねてしまうんですよね。特にフィギアスケートなんかそうです。
「(子供の頃の)浅田真央ちゃんがいとも簡単に超難易度のジャンプを決めてしまう」のと
「子供の頃は簡単に天使のような演奏出来てしまうモーツァルト」の比較の部分。
これ、私も同じ事思ったなぁ。。。


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2008-09-23 19:09 | ピアノ piano
2008年 09月 23日
衣替え de Harumi's Myspace
6月以来、おかげさまで私のMyspaceもアクセスが1000を超えました。
ライブ音源をアップしただけでデザインは既製のもの、という手抜きなものでしたが
思い切ってデザインをリニューアルしてみました。

c0086674_054068.jpg



可愛くなったでしょ。
うふうふ。



画像を貼ったり、色を選んでフォントやその他の色を変えたり、写真を変更したり…。

Myspaceのデザイン変更は「出来上がっているデザインを簡単ワンクリックでポン」
というシステムがないので、自分でタグを打って地道に…。
慣れている人ならこんなのちょちょいのちょい、なんでしょうけどね~。
悪戦苦闘した末、ようやく気に入ったMyspaceが完成!
やっぱり気に入ったデザインだと気分いいです。


新しい音源を追加したわけでもなく、
デザインを変えただけの自己満足ですが(涙)


でも、もしも良かったら…


こちらに→Harumi SUZUKI のMyspace遊びに行ってみてください!

*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2008-09-23 00:18 | 自己紹介
2008年 09月 19日
つながる出会い サンセール Sancerre な週末
先週末、我が家に嬉しい来客がありました。
5月に旅したSancerre地方、そこで出会ったチーズ職人の神子くんが
日本へ本帰国する前にパリに遊びに来てくれました。

→Sancerre旅行のブログ記事

美味しいお土産を沢山ありがとう!
神子くん自作、ピエールさんちのCrottin de Chavignol は、待ってました!という感じ。
まだ熟成が若いのでもうちょっと待ってから頂こうと思います。

お家ディナーの主役はこの2本に決定。
c0086674_17595326.jpg


左:5月に入手したHenry Bourgeoisの貴腐ワイン
右:神子君のおみやげVincent Gaudryの白(BIO=有機栽培食品)


左のHenry Bourgeois はいつ開けようか、ずっと機会を狙っていたのですが

神子君がこんな素敵なお土産も持ってきてくれたので
c0086674_185369.jpg


貴腐ワインにはフォアグラ!

カリッとトーストしたパンに
フォアグラをのせて…
甘~い貴腐ワインと共に食しました。


何故こんなに合ってしまうのか?
アルマニャック風味で軽く火が通っているフォアグラと
パンの香ばしさ、そしてワインの風味。
フランス共和国、恐るべし。




ところで貴腐ワインは何故甘いのか?
そのヒントはラベルにあり。

Ce vin issu de vieilles vigne vandangées le 4 Novembre,
à èté vinifié en fût de chêne neuf de la fôret de Tronçais

「このワインは、11月4日に古いブドウの木から収穫されたブドウをトロンセの森で取れた新しい樫の木の樽で熟成しました」
:トロンセの森…質の高い樫の木が採れることで有名な森(フランス中央部、オーベルニュ地方)

ブドウを11月4日に収穫、というのは時期としてはとても遅い(普通は9月頃)。
収穫を遅らせることで、ブドウの皮には白いカビのようなものが現れ
それをPorriture Noble と呼びます。
Porriture 腐敗
Noble 高貴な

「高貴な腐敗」!
日本語訳の「貴腐」はこの原語の直訳なのですね。

「高貴に腐った」ブドウを発酵させることで素晴しく甘い、香り高いワインが出来ます。
色は金色、トロっとした口当たりでなんとも言えない深い甘さ。
そして鼻にほんのり抜ける樫木の香りはまさに「高貴」としか表現出来ません。
Henry Bourgeois のカーブで試飲したとき
パトロンのおっちゃんが、これは自信作!と誇らしげな表情だったのを思い出しました。
「飲んだらキケン」とまで言っていたなぁ。。


幸せなアペリティフを過ごした後は
神子くんお土産のVincent Gaudryの白が登場。
料理はシンプルな方が合う、との神子君のアドヴァイスにより
ひらめのバター焼き、クリームソース
カリフラワーと玉ねぎのグラタン

という、なんとも簡単シンプルな夕食となりました。。

Sancerreの白って軽くて飲みやすいのが一般的なのですが
時々「食事には合わないかも?」というくらい軽いものもあります。
でもこのVincent Gaudryはさわやかながらしっかりした飲み応え。
Sanserreって奥が深いんだなぁと改めて思わせてくれた1本でした。


神子君の日本での活躍を祈っています!
チーズのスペシャリストを目指して!


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2008-09-19 18:50 | 食べもの miam-miam...
2008年 09月 15日
アルベール・カーン美術館 à Saint-Cloud
Parisの西側、Haut de Seine県に日本庭園が見られるところがあります。
Musée Albert Kahn アルベール・カーン美術館。
ブーローニュに近いSaint Cloud にあり、メトロも通っています。パリから近くておススメ。
季節によって違う表情を見せるので、何度行っても楽しめます。
入場料は庭園と美術館両方で、大人1.5ユーロ。

昨日はすがすがしい晴天だったので
久しぶりにここに行ってきました。

この日本庭園のきっかけは
美術館の創立者であるアルベール・カーン氏が日本を訪問した際、日本庭園の美に開眼。
是非フランスに再現したいと言うことで
日本から建造物や植物を直接運んできてしまった、という事らしいです。
今回写真には写ってないのですが
池に色鮮やかな鯉がいたり(大人気)、灯篭が立っていたり。盆栽も置いてあります。
c0086674_1915350.jpg

ここでお茶の作法も学べます。
要予約。
もみじがほんのり色づき始めてました。
これからもう少しするとまた違った色合いで
綺麗でしょうね~。


c0086674_19172080.jpg

スッキリした表情の日本家屋。
美しいけど冬寒そうだなぁ。。


一緒に見ていた友達が言っていたのですが
日本の庭園でピクニックなんか、絶対しようと思わないよねって。
家の中から庭を眺め、静けさを愛でる、という感覚。

対してヨーロッパの庭は、テラスがあって広々。
外に出て楽しむ、という感覚。
ほら、こんな風に(笑)
c0086674_19255626.jpg


ベンチでくつろぎ日光浴って風景がとても似合う。
うん。ピクニックしたい!



実はここ。日本庭園以外にも
フランス式庭園、イギリス式庭園、そして野生の森風な空間など
いろいろなタイプの庭が再現してあります。
フランス庭園は5月ごろ行くと綺麗かも。バラが沢山植えてあります。

昨日はミニバラが少しだけ咲いてました。
c0086674_19314685.jpg

う~ん。
バラって…
あるだけでとってもヨーロピアン♪
可憐です。


やっぱりどの庭も魅力的。
それぞれの個性がありますね。



*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2008-09-15 19:10 | パリ風景 Paris
2008年 09月 13日
米沢からパリへ届いたメッセージ
パリに戻ってきました。
毎日が釜蒸し焼きのようだった日本と比べて
パリはもうすっかり秋の気配…肌がさらっとして気持ちいいです!

さて。
昨日私は大事な使命があってハイドシェック邸に行って来ました。
実は、6月に訪問した松川小学校のみなさんから
ハイドシェックへのメッセージをお預かりしていたのです。
校長先生のメッセージ、そして全校生徒のみなさんの沢山のメッセージ。
昨日確かにハイドシェックの元へお届けしました♪

沢山のメッセージを前に、ハイドシェックはとても喜んでいましたよ。
翻訳をしながら私も一緒に読ませていただきました。
1つ1つ心のこもったメッセージで、あの日のコンサートの感想がぎっしり詰まっていました。
ハイドシェックの演奏によって普段気がつかない事を発見した子供たちも多くいたようです。
「楽しかった」「また来て下さい」という素直なメッセージを見ていると幸せな気持ちになりました。
松川小学校のみなさん、本当にありがとうございました!



c0086674_22384184.jpg

ここはハイドシェック邸からほど近く
Cité de Trévise
表通りはかなり賑やかですが
1本入ると静かな広場が現れます。


こんな素敵な広場ですが
昔はがらくたが道いっぱいに捨ててある見捨てられた場所だったそうです。
あまりの有様にハイドシェックは毎日ごみ拾いを開始。
そうしているうちにパリ市の清掃員と親しくなり
一緒にせっせとキレイにした結果、今のようなステキな場所に変身したので
広場の名前にあなたの名前を入れましょうか?なんて提案された事もあったそう。
本当に名前を入れてもらうことはなかったのですが
「この広場はボクのものさ!」
と嬉しそうに話してくれたのを思い出します。

広場の一角。
アールヌーボーな雨よけが付いている建物。
c0086674_22493868.jpg

時々メトロの入り口にも
こんな感じの装飾を見つける事が出来ます。
家から出るときに雨よけがあると便利ですよね。
さらにこんな優雅な雨よけなら
雨が降るのがかえって楽しみなような!



さてさて。
ここでみなさまに嬉しいお知らせが。

近々、ハイドシェックの新譜が出る予定です!
プログラムはオールブラームス。

「創作主題による変奏曲 作品21-1」
「6つの小品 作品118」
「シューマンの主題による変奏曲 作品23」(ターニャ夫人とのデュオ)

レーベルはINTEGRAL CLASSIC社
10月末に発売予定です!楽しみにお待ち下さいね。

*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2008-09-13 23:08 | ハイドシェック en France
2008年 09月 05日
のだめ
c0086674_10223972.jpg

ハイ。
とっても今更なのですが。。
ウワサでは聞いていたあの有名ドラマ。
「のだめカンタービレ」
ついに、ついに見てしまいました…。


そして、笑いました~~。
いやはや、やられた!と言うのが正直な感想。

私は音大出身ですので、ドラマのあちこちに散らばる
「これはないでしょ」という要素も、正直言えば気になる。
例えば「ハリセン教師」ね。こんなのいたら大問題です(笑)。

でも、そんな小さな疑問は吹っ飛ぶドラマの勢い。
ホント楽しかった!

私のお気に入りはやっぱり第1話。のだめと千秋が出会うお話。
のだめの弾く「ベートーヴェン:ピアノソナタ<悲愴>第2楽章」の
あまりの個性的なテンポ感に我が師匠を重ねてしまったり。
それと、のだめ&千秋の2台ピアノ。曲はモーツァルトの「2台のピアノのためのソナタ」。
初合わせ、いきなりのだめのミスタッチ。これ、最高。
出だしはユニゾンだから、ミスすると目立つんですよ…。
その間抜けな、でも「ありがち」なミスに、爆笑。これ本番でやってしまったらどうしましょっ!

ロック大好きヴァイオリニストの峰くんとのだめのデュオ。
伴奏型なのにソロパート並みにギコギコ弾きの峰くんと、突っ走るのだめ。
ヒートアップしてテンポがどんどん上がっていく2人。
ありえな~い曲作りなのですが、そこがまた楽しい。
そう言うのもありかな?と一瞬思わせてしまう。

それから、印象に残ったのは
のだめがコンクールの本選でやってしまった「勝手に編曲」。
ストラヴィンスキーのペトルーシュカは泣く子も黙る鬼の難曲ですが、
緊張と準備不足のため舞台上で譜面を忘れ真っ白になるのだめ…(この心境!怖い!)
そこでつい、コンクールへ向かう途中で耳にしてしまった「あの」メロディーを弾いてしまう。
「ソッドミソラソミファッファッレ~♪」
キューピー3分クッキングのテーマ。
ペトルーシュカとキューピーテーマで、あんな自然な編曲が可能なんて。

このドラマは時々考えさせられるシーンもあって
千秋がハリセン先生に
「お前の生徒はみんな同じ弾き方をするんだよ、フォルテ、フォルテ、コンフォーコって馬鹿の一つ覚えみたいに…」
と捨て台詞を吐き破門になる場面。
フォルテ、フォルテ、コンフォーコはイタリア語で、forte, forte, com fuoco
「強く、強く、火のように燃えて」と言うような意味です。

あるピアノ学習者があまりにも全曲通して「最強」で弾き通すもんだから
「君そんな音量で耳痛くならないの?」と先生にレッスンで言われてしまった…
という話を耳に挟んだことがあって、それを思い出しました。
音量って出ればいいってもんじゃないんです。
音が鳴れば映えるので、だんだんこうなっちゃうピアニストも結構いるようで。

それから、のだめが先ほど書いたコンクールで
キューピー以外はとても素晴らしい演奏をしたのに入賞すら出来なかった場面。
これは、実際の世界でも同じ。
コンクールではミスや暗譜飛び(演奏中止まってしまう事)をした場合は即、落選。
フィギアスケートと、その辺り似ています。

ところで。。。
個性的な仲間が集まるエキサイティングな学生生活が描かれていますが
確かに…音大にはヘンテコな人も多いかも。
「あんたって変わってるね」「あんたに言われたくない!」みたいなやり取りは多い。
ピアノ科に在籍していると、どうしてもソロ活動がメインになるので1人で練習する事が多いけれど、
色んな楽器の人と交流を持って、室内楽や伴奏などの経験を積むのは楽しいもの。
あんな風にオケに参加(?)出来るのだめちゃんが羨ましいなぁ。
色彩感を身に付けるには、やっぱりオケを聴くのが一番だし。
それに、ピアノ科の学生より弦・管楽器とか声楽の学生の方が気さくで楽しかったりね!


あ~何だか、のだめカンタービレの漫画を全巻読みたくなってきました~!
私ってミーハー…。

*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2008-09-05 18:39 | ピアノ piano