<   2009年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2009年 10月 30日
ハイドシェック再び上陸!

*祝* ハイドシェック来日ツアーの興奮まだ冷めやらぬ中、なーんと10月に再来日が決定しました!

これに伴い、主催の東京日仏学院様からハイドシェック通信へご連絡頂きました。ありがとうございます。
Remerciement pour l'institut franco-japonais de Tokyo... Merci de nous avoir contacté!
コンサート宣伝に微力ながら協力して行く運びとなりましたので
内容は重なりますが、こちらのブログでも詳細を掲載します。


c0086674_18323497.jpg



♪♪エリック・ハイドシェック ピアノ・コンサート♪♪

日時:2009年10月30日(金)18 :30 (18 :00開場)
会場:東京日仏学院 エスパス・イマージュ  tel:03-5206-2500(代)

<プログラム>   
ベートーヴェン:6つのバガテル Op.126
ブラームス:  6つの小品 Op.118より 間奏曲ヘ短調、間奏曲イ短調バラード  ト短調
G・フォーレ:  夜想曲第1番 変ホ短調 夜想曲第11番嬰ヘ短調
C・ドビュッシー:前奏曲第1巻&2巻より
ハイドシェック: ラ・マルセイエーズの主題によるパラフレーズ(ルジェ・ドゥ・リルへのオマージュ)
           フォーレ風、ドビュッシー風、クープラン風、ラヴェル風、ストラヴィンスキー風、プロコフィエフ風

入場料:会員3000円 一般3500円  東京日仏学院にて好評発売中!

主催・お問合せ : 東京日仏学院  03-5206-2500  
協力:ヤマハ株式会社 


**************

非常に非常に魅力的なプログラム!
個人的に一押しは、フォーレ!
ドビュッシーの前奏曲も、最近ハイドシェックが力を入れているプログラムです。
日本のフランス文化機関での演奏なんて、親日家のハイドシェックにぴったりですね。
現在ハイドシェックのカバンの中に私のスペースを作ってもらうように交渉しようか思案中(笑)。

ところでプレイガイド情報ですが
会場のエスパス・イマージュは客席が100席ほどの小さなスペースです。
ご予約はお早めに、そして日仏学院へ直接ご連絡下さい。

小さな会場だからこその、サロンコンサート風・演奏家との一体感が楽しめるでしょう。
そして楽器はハイドシェックお気に入りのYAMAHAをハイドシェック自ら指定、というこだわりようなので
ハイドシェック独自の演奏法、ペダルとタッチの絶妙な味付けを満喫できる事間違いなしです。

Je vous souhaite un très bon concert!!!



**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2009-10-30 23:59 | ハイドシェック au Japon
2009年 10月 24日
パリ生活、10年
c0086674_2062587.jpg


自分でも信じられないのですが、先日渡仏10周年を迎えてしまいました。
うそ?そんなに経った??と思う反面、懐かしくもあり。
パリに行く。とほぼ勝手に家を飛び出した私。あの頃の私は後先考えないお馬鹿さん。。


日本でビザを取って、フランス入りし、空港で入国のハンコを押してもらって。
その日付が、1999年10月22日。
フランスへ到着した日、(当時アパートはもう決まっていた)日本から持って来たインスタント食品で夜ご飯…
荷物はトランク1つだけ…その寂しさったらなかったですね。
これから始まるんだ~という高揚感と、1人暮らしの孤独を両方感じていました。

当時はネットも、常時接続なんてサービスはなくて
懐かしのダイヤルアップ、しかも海外ローミングサービス。
繋ぐとPCからピーガガガッとかって通信音が聞こえる、あれです。
いちいち接続を切って、オフラインでページを閲覧。そうしないとどんどん追加料金がかかる。
今なんて常時接続は当たり前、日本までは電話無料ですからね~。世の中変わりました。
(私の加入しているプロバイダは国際電話が世界各地ほぼ無料なのです)

10年前のあの日は電話線もまだ引いてなくて。
近所の公衆電話でやりとりしてた!懐かしいなぁ。もちろん携帯なんて持ってませんでした。
日本へ電話するのに、どのサービスが一番安いか、なんて躍起になって探していた時代です。

今や留学生は電子辞書が主流で、みんなスマートに単語を調べているけど
当時はもちろんそんなもの。。。贅沢です。
だから小さな辞書をいつでも一緒に持ち歩いて、わからなければ恥ずかしさも捨ててその場で調べる。
こいつフランス語出来ないんだ…の冷たいフランス人の視線を「いつか覚えてろ!」とガソリンに変えて。
出かける前には、色々とシミュレーションして、使うかもしれない単語をメモしておく。
英語を使うのは最後の手段、と心に決めて。
小さな辞書を持ち歩く習慣は、フランス語に不自由を感じなくなった今でも抜けませんね。
ずっと同じものを使っているので、もうボロッボロです。でもボロでもいいの。お守りみたいなもんです。

初めての滞在許可証申請、…緊張したなあ。。
留学生のバイブル、「成功する留学」をもちろん参考にして。
フランスの役所はいじわるだ、と固定観念があったので(笑)すごく不安だったのを覚えています。
申請してすぐには許可証はでなかったような。
確か、受け取るには他の手続きがあって(健康診断とか)最後はシテ島のデカイPoliceまで行った記憶があります。
あのPoliceの威圧感…建物も警察官も。フランス語が怪しいのでいちいち緊張。ホント大変でした。

そんな感じでバタバタと日常が過ぎていき試練の日々だったけど、
学生生活、ハイドシェックとのレッスン再開など、さらに刺激多く時間はあってもあっても足りない!
自分がそれまで持っていたささやかな価値観なんて、ゴミみたいなものでした。
目からウロコどころじゃありません。

実は。留学前、「パリの日本人には気をつけなさい。」と、ウワサを聞いていて。
うかつに友達も作れないのか、パリ生活は厳しいな…と思ってましたが、
そんな中、刺激し合いながらも楽しく心を許せる友人が出来た事、感謝。

10周年を迎えた夜。
大好きなメンバーに囲まれて、ささやかにお祝いを出来た事、私の大切な思い出となるでしょう。
みんなありがとう。友達も、師匠たちも、両親も、その他の家族も。
あまり過去を振り返る性格じゃないので、うっかり見逃しそうになるけど、
今の自分は周りの支えがあったからこそ、と思う事を忘れないように。
そして、いつも耳と心を開いて、素直な気持ちで生きていきたいなと思います。


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2009-10-24 12:21 | 日々のこと… d'habitude
2009年 10月 20日
<お知らせ>メールフォーム直しました
先日、思わぬところでバッッッッッタリ、しかも何年ぶり…に再会した友人。
「どうやって連絡取ったらいい???」と聞かれ、
ブログ(読んでくれていた。ありがとう。)からメールが送れるようにしてあるよ、と言ったら
それが試したけど上手く行かないのよ~…と。。

あら?

で、確認してみました。
いつの間にか、機能していなかったようです。
ゴメンナサイ。ちゃんと機能するように直しました。

コメントじゃなくて直接メッセージを希望の方は、メールフォームへのリンクが
ブログ記事の右、サイドメニューに設置してありますのでご利用下さい♪


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2009-10-20 23:15 | 日々のこと… d'habitude
2009年 10月 16日
音楽留学で新しい出発
スコラ・カントルム音楽院界隈・Rue St-Jaques
c0086674_201946.jpg



私の新しい生徒さんで、パリでピアノ留学を始めた日本人の方がいます。
ピアノは長年続けていらっしゃる方ですが
今まで日本で音楽教育機関で学んだ経験がないため、色々ご相談に乗りました。

どの学校で、どのような形で勉強して行くか。どんな気持ちで取り組みたいか。
まず留学の核となる部分を2人でしっかり話し合いました。
まっさらな白紙の状態で私の元を尋ねていらした方なので
こちらとしても、きちんとサポート出来るかどうか真剣勝負。
留学はお金もリスクもかかりますので、いい加減な事は出来ません。

相談に乗るのは、まさに責任重大です。

フランスで安全に留学を続けられる環境を見つけられるよう、
出来る限りのサポートをしたつもりです。
その結果、予想より少々時間がかかってしまったのですが
無事にスコラ・カントルム音楽院への入学が決まりました。

入学の際は、
校長と面談して、ピアノを聞いてもらって、今までの経歴も考慮してもらい
必要な勉強は何か?何を重点的に学んでいくべきか?を話し合い、
アナリーゼのクラス、ピアノのクラス、と両方学ぶ事で意見が一致しました。
今、私の生徒さんは新しい経験に刺激的な毎日を送っていらっしゃる事でしょう。
最初は誰もが経験する、カルチャーショックもあるでしょうね。

留学初期の頃は、
毎日がサバイバルですので精神的にタフでないと少し辛いかもしれません。
でもきっと、苦労の何倍も実になるはず。
それはピアノだけでなく人生全てに通じる素敵な宝ものだと思います。

実り多い留学生活になりますように…


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2009-10-16 19:57 | ピアノ piano
2009年 10月 15日
今でも印象的なあの一言。
注:内容は全てのフランス家庭がそうだとは限りません。あしからず。。。


一昨日、PACSのことを書いていて、ふと思い出したことがあります。


日本だと、同棲って今でも微妙な目線で見られる風潮があると思います。
結婚もしないで一緒に住んで…とか。だらしないとか。。。
私がもし日本にいて、ニコラと同棲とかしてたら、ちょっと過ごしにくかったかもしれませんね。
結婚を前提にした同棲です、という名目があれば別でしょうが。

私とニコラはそんな名目はありません。
お互いに事情があり、結婚については全くの白紙です。
でもこれから長く縁が続くであろうとお互いに思っているし
特に私が、フランスで過ごしやすい環境を作るため、日本とフランスを行き来しやすくするために、
今回はPACSに踏み切りました。
結婚じゃないから、簡単に別れられるって言う人もいるけど、それは意識の問題ではないかなと思う。

私たちが付き合いだして、あれは確か…数ヶ月経ったころ。
ニコラの両親を紹介されました。
その頃まだ私は自分の両親にニコラの存在を知らせていなかったので
段々事後報告になるのも感じ悪いしな~と思い、良い機会と見て「実はね」と打ち明けたわけです。

その時の父の反応。。私は実際に見てないけど、かなりショックだったようで(笑)。
大体、父はそういった話にはひじょーにデリケートなタイプなので
策を練って、まず母に打診して、母から父へ伝えてもらったんですが。
早くフランスから連れ戻すべきだったと言ったとか言わないとか。(笑)。ネタをばらしてゴメンよ、、父。

そして、ニコラ両親との対面。
これはちょっと前置きしますが、フランスではお互いの両親を紹介するのはあくまでも普通の事です。
そこに何も深い意図はありません。あえて言えば、公認になるって感覚かな?でもそこに結婚の気配はゼロ。
付き合ってすぐに紹介する人もいるだろうし、ちょっと様子見てからの人もいる。これはそれぞれの考え方。
ニコラはイタリア系だから純粋なフランス人ではない、とは言え。
私は外国人だし…しかもアジア…遠い見知らぬ国だと思うだろうし、どう反応されるのかな?とか多少は心配でした。

そこでいきなり言われた一言、今でもあの衝撃忘れません。
「2人はもう一緒に住んでるの?」(しかもにっこり!)
 ↑もちろん同棲前。。


って言うかあの~…
一緒に住む前に一応両親に報告しないかな?
普通は。。
日本では…そうだと思うんだけど。。。と私は本当に驚きましたよ。
付き合ってる事すら言いにくい家庭がまだ多い日本、さらに同棲してるなんて…ハードル高い!
もしも…両親に了解を得ずに…それは大問題になるのでは???

あの時、あぁ、フランスってそういう国なんだな思ったんです。
カップルについての考えた方が全く違う。実にあっけらかんとしている。
これはカルチャーショックでした。


さて、対する私の父。。。

その後日本に一時帰国した私に、何て言ったと思います?
まるで見本のようなこの一言!「結婚するのか?」と…いやはや、参りました。
よくある、わざとらしい家庭ドラマそのもののセリフが目の前に。
そんなのわかんないよ!これから付き合ってみてわかるんじゃない。と言う私にきっと落胆したでしょうね。
反対はしなかったけど、父はきっとニコラの事は心底では認めていなかったと思います。

でもまぁ、そういった微妙な父心、と言うのは実はフランスにも存在するようで、
ある程度は娘も理解しないといけないかな?
どの父親も自分の身に覚えがあるから…なのではないかと私は勝手に思っています。


私たちは国際カップルなので、正直言えば色々と微妙です。
でも、まぁ…今までもそれなりに沢山の事を乗り越えて来たし
これからもきっと色々あると思うのだけど、まぁ何とかなるのではないかと思えるので
きっとマイペースで続くことでしょうね。先のことなんて誰にも判らないし。
みなさんに心配をかけないように、これからも地に足しっかり付けて頑張っていきます。


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2009-10-15 20:52 | 日々のこと… d'habitude
2009年 10月 13日
フランスPACS法は今日10周年なのだそうです
フランスにあって日本にはない法律、PACS法。
ニュースを見ていたら、今日、法律が出来てからちょうど10年なのだそうです。

渡仏したばかりの頃、このPACS法を「フランスはさすが進んでるなー」と思って眺めていた事を覚えています。
PACSは、性別を問いません。
同性でも異性でも、大人同士性別関係なく共同生活を営むのに
国がカップルとして正式に認める法律で、これによって結婚に近い社会保障が得られます。

同棲するカップルが結婚せずとも同じような保障を得られる?
日本ではいまいち、わかりにくい法律でしょうね。
第一、「同棲」に対する考え方が違いますね。
どうせ同棲するなら、結婚すれば?という考えは根強いのではないかと感じます。

これは個人の自由なので、私は何が正しいとかそんな事は書かないのですが
例えば、結婚しても離婚率が高い今、同棲して真面目に付き合うのと結婚と何が違うのかな?と思います。
ちゃんと助け合っているし、お互い自分に責任を持っている。そういう同棲カップルっていると思います。
何が起こるかわからない世の中、昨日今日明日がちゃんと繋がっていて孤独でなく生きていられるって
それだけで、素晴しい事ではないでしょうか。

私は最近PACSをしました。
数年前からニコラに提案されていましたが
私の家の事情で、日本にいることが多かったり、フランスで仕事の発展性が見えにくかったりで
自分の事すらままならない時期があったので、保留していたのです。

PACSは結婚より簡単だと言われる事もあるけど、私は大いに悩みましたね…。


実は夏に日本に帰国せず、ハイドシェックのツアーにもいけなかった理由が、PACS絡みでした。
PACSをした後、私の滞在許可証を変更しないといけなかったのですが
そこでフランスありがちなパターン。大変時間がかかってしまったのでありました。
(と、簡単に書きますが、本当は数回に渡って連載できるくらい色々ありました)

4月くらいからずっと、なんやかんや、書類だなんだとバタバタ落ち着かない日々でしたが
今日やっと、ひと区切り。県庁にて、正式にPACSでの滞在許可証が降りました。
ものすごくホッとしたし、ここまで来るのにニコラにものすごく協力をしてもらったので感謝しています。
滞在許可証は海外生活の命綱ですからね~。


新しい許可証をもらって、ちょっとジーン…とか感じている私に
覗き込んできたニコラ、「あ!ドラえもん!」って~~~~~~~!おいっ!!怒 ベシッ!(頭を叩く音)
許可証に載っている顔写真。
私の丸い顔がさらに丸く修正されているっぽい。。。ガーン。。。。


今日はちょっと個人的なブログでした。
興味ない方にはゴメンなさいませ!


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2009-10-13 18:15 | 日々のこと… d'habitude
2009年 10月 11日
オランダ・ハールレム
Vive les mariés!
c0086674_1273160.jpg


先週末、ニコラの叔父の結婚式でハールレム(オランダ)へ行って来ました。
フランス顔負けの…午後4時から明け方3時までノンストップ結婚式。
さすがに疲れました。。。1週間何となくぼ~っとしてしまった私です。

新郎新婦は18年の交際期間を経てやっと、やっとゴールイン。
もう子供もいて事実婚状態、でも色々と山あり谷ありで、中々落ち着かなかった2人。
でも最近になってオランダに住居を構え、2人とも肝が据わったって感じでしょうか。
しっとりとした暖かい結婚式で、とっても良かったです。
集まった親戚や友人も、今まで色々会ったよねぇ…と感動を分かちあってる感じ。
会場も素晴しくて、森の中にある別荘風。ロマンチックでした。

今回の結婚式で目立ったのは
なんと言ってもニコラの親戚(イタリア系)の賑やかさ、元気さと
新婦の親戚(オランダ系)の控えめさ、大人しさ、の比較でしょう。。。
誰も頼んでないのに歌う。ちょっとでも知ってる曲だと、もー大変。手拍子と共に踊りまくります。
どこかで誰かが笑い転げていたら、それはニコラの親戚。よく飲むし…。酔っ払って転ぶのもいたなぁ。
オランダのみなさんは、それをとっても楽しそうに、でもちょっと恥ずかしそうに眺めているのです。
フランス人ってみんなこうなの?と、そっと聞いてきたオランダ組もいました(笑)。


週末にさっと通り過ぎただけだけど、私のオランダの印象。

キレイ好きっぽい。(彼ら、家にカーテンをしません。だから家の中が丸見え!だけど驚くほどキレイ)
女性も男性もみんな背が高い。
秩序を守る。規則に従う。
全員信号を守る。交通ルールを守る。車、人、自転車がスッキリと道路を利用している。
礼儀正しい。にこやか。
街がきれい。ゴミや犬のウン〇が落ちてません。
国公認のドラッグカフェ(コーヒーショップ)がある。薬物OK(規定以内なら)。
日用品のデザインが垢抜けている。シンプルだけどカラフルな色使い。
寒い。湿っぽい。風が強い。
暖かいタイツが売っている。
素朴な感じの焼き菓子が多い。クッキー類が美味しい。

総括すれば
フランス人よりきちっとしてそうだなーという感じ。(笑)
フランス人であるニコラがそう感じたんですから、間違いありません!



ほんのちょっと、市内を少しだけ観光しました。

c0086674_2119100.jpg


ハールレムは運河が流れていて、建物はみんなクリスマスのクッキーみたいに可愛かったです。



街中を走る自転車族。。。自転車も色々にカスタマイズされています。

c0086674_26488.jpg c0086674_264436.jpg
c0086674_271756.jpgc0086674_274216.jpg



道路がとてもよく整備されているので自転車、走りやすそうでした。


ニコラの叔父たちが住んでいるので、また遊びに行く事もありそうな予感。
季節のいい時にまた行こうと思っています。
アムステルダムだって行ってみたいし!


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2009-10-11 02:13 | 旅 voyage
2009年 10月 08日
ハイドシェック夫妻出演コンサート Salle Gaveau
c0086674_22285058.jpg



♪♪ハイドシェック夫妻が出演するコンサートのお知らせ(パリ)。

日時:11月16日(月) 20時開演
場所:Salle Gaveau
45 rue la Boétie 75008 Paris (Métro: Miromesnil)

多くのアーティストの交流場である Association Philomuses が10周年を記念して開催するコンサート。
ハイドシェック夫妻はシューベルト作品(4手のための大ソナタ)で出演予定です。

詳しくはSalle Gaveau のコンサート情報ページへ(仏語のみ)。
(NOVENBRE から 16 novembre 2009 へ順番にクリック!)


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2009-10-08 22:45 | ハイドシェック en France
2009年 10月 07日
おかえりエリック
日本のツアーが大成功で満足満足、のハイドシェック。元気にパリに戻ってきました。
ハイドシェックと再会したのはもう先週の話になってしまいますが…(更新遅れました!)

日本へ到着してからツアー前、ツアー中、ツアー後、と全部細かく報告を受けました(笑)。
いやぁ、しゃべるしゃべる!元気です。日本滞在は毎回、本当に楽しいみたいです。
話を聞く限りでは本人の満足度は、藤岡、東京、名古屋、大阪、の順番かな?
紀尾井ホールの響きの素晴しさをかなり熱っぽく語っていました。
大阪ではアンコール頑張っちゃって?9曲も演奏したんですか?
いやぁ…聴いているほうは、第3部まであるコンサートって感じでしょうね~。


さて気になる再来日情報ですが、今回は東京日仏会館での演奏のみ。
新録音のプロモーションも兼ねた来日で、短い日程なので忙しそうです。
今度の新録音は去年5月に録音されたもので
日本での発売ももちろん、あるそうです(いつになるかはまだ未確認)。
もしかしたら、近いうちにもう少し詳しい情報が入ってくる可能性もありますので、
その際はまた、更新するつもりでいます!

今回の来日はちょっと大変そうではありますが、関東方面のみなさん、どうぞよろしく。
いきなり携帯に突撃コールがあっても、ビックリしないで下さいね(笑)
ハイドシェックのかばんに余裕スペースがないそうなので、私は今回も不参加です。。


追記:台風について。
    ニュースがフランスでも流れるほどかなり特殊な台風のようです。皆様の地域に被害が出ないことを祈ります。




**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2009-10-07 17:06 | ハイドシェック en France