<   2009年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2009年 12月 15日
ハイドシェックインタビュー@YAMAHA
c0086674_18472631.jpg



お待ち兼ねのハイドシェックインタビューがYAMAHAのHPへ掲載されました。
Pianist Lounge **ピアニスト Now!**

それにしてもいつも思うのですが
ハイドシェックの言葉は筋が通っていて、なおかつシンプル。
自分を飾ると言うことが全くありません。いつも100%自分らしいハイドシェック。
その生き方が演奏に現れ、多くのファンの心をつかむ。

私が初めて草津でハイドシェックに出会った時
衝撃的だったのはその演奏法だけでなく、
レッスンの厳しさとは対照的な、あっけらかんとした笑顔(と、大きな笑い声!)だった事も事実です。
あんなスゴイ演奏するのに。。。普段は…オモシロクテチョットヘンナオジサン…


インタビューを是非ご覧下さいね!


**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2009-12-15 19:08 | ハイドシェック au Japon
2009年 12月 11日
白だと思ったらグレーだった
**パリの美術館。こんな階段部分も結構好きだったりします。**
c0086674_355221.jpg



意味深っぽいタイトルですが、ご心配なく。
早いもので、もう2009年もあと残すところ…という時期になってきました。
日本出発までも10日を切ったし。本当に毎日あっという間に過ぎて行きます。
年末留守にするので、ちょっと早いけど昨日から年末の大そうじを開始しました。
普段やらない部分の掃除は、ビックリの連続です(笑)。
ホコリは物を言わず溜まっていきますからね。いるならいると言ってよ!って感じです。
久しぶりに家中のカーテンを洗ったら、洗濯後カーテン越しの光が明るくなりました。
あら、アナタ…実はグレーだったのね…というわけです。



さて。この年末は私にとって思い出深いものとなりそうです。
ニコラとの初帰国ももちろんですが…実はもう1つ別の事で。
忘れられない別れがやってきました。
フランス生活10年間。色んな時期を一緒に泣いたり笑ったりしながら過ごして来た
大事な大事な友人がいよいよ日本へ帰国することになりました。
いつも当たり前のように近くにいた友人なので、全然実感が湧きません。

お別れ会なんてしたくない、という友人に先日サプライズを用意。
集められるだけの友人を集めて…レストランへ呼び出しました。
何も知らずに到着した彼女は思った通りに驚いてくれたので、幹事としては大満足。
しんみりしたくないし…だからずっと笑い通しでお腹がよじれるひと時でした。
天然キャラを最後まで大いに発揮した友人。最強です(笑)。

寂しくなるなぁ…と思うけど、これも人生。
一緒に過ごした濃い10年間の思い出を宝物にします。
色々沢山のこと、ありがとう。そしてこれからもお互いにポジティブに生きていこうね。


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2009-12-11 20:52 | 日々のこと… d'habitude
2009年 12月 04日
アズールとアスマール
思わぬ感じでぴょこっと時間が空いたので前から興味があったDVDを鑑賞。
とっても感動したので、記録しておきます。

*Azur et Asmar アズールとアスマール* 
c0086674_0312191.jpg



監督はフランス人のMichel Ocelot ミシェル・オスロ。
切り絵風のシルエットのみを使ったアニメーションなど、個性的な作品の多い人。

Azur et Asmar は、とあるアラブ諸国を舞台に広がるファンタジーの世界。
その鮮やかな色合いと繊細さ、大胆なイマジネーションは驚きの連続。
目に飛び込んで来るのは、ショッキングピンク、カナリアイエロー、ターコイズブルーなどの派手色。
下手すると目がチカチカしちゃうような色合いですが、あくまでも上品さをたたえて。
とっても美しいアニメーション。

兄弟として育てられたある2人の男子が成長していく様子を描いています。
ストーリーは「毒気」が一切なく、純粋にそして静かに進むのです。優しいストーリー。
ただ1人だけ「ちょっと世の中に磨れてしまった」人物が登場し、ストーリーにスパイスが加わりますが
そのコントラストがまた心地よく、心を打つのです。優しい辛味、という感じ。

日本語でもDVDが出ているようです。是非おすすめ。

実はつい最近、評判が良いと聞いて観た映画があったのですが
それがあまりにも乱暴なシーンが多いため、かえって現実感がなく
この映画って何が言いたいんだろう?と全然心に響かなかったのですが
映画はやっぱり…見る側に余韻を残すものがいいですね。
無理やり乱暴シーンを連発せずとも
美しいものを1つ見るだけで、人間愛の大切さはちゃんとわかるものです。


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2009-12-04 16:27 | 日々のこと… d'habitude