<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2010年 10月 25日
昨日と同じがいい
Toussaintのヴァカンスに入りました(日本で言うなら、お盆???)。
学校がお休み、なので、ヴァカンスに出かける生徒も多く、しばらく少し時間に余裕があります。
コンセルヴァトワールのお仕事はもちろんお休み、この間始まったばかり。。なんですけどね。

ヴァカンスを車で出かけようとする人々には、少々困った事態が最近発生しています。
長引く反年金改革ストライキで、ガソリン不足が益々深刻に。
我が家の近所のガソリンスタンドはどこも、閉まってます。ストックが底を付いている、という意味。
最初は一過性のものだと思って高をくくってましたが、こう長引くと迷惑ですねぇ。
我が家の車もガソリンがあと半分。まだ大丈夫だけど。。。
ギリギリにならないうちに満タンにしようと思っていたけど、もうすで遅いという感じ。

隣の町では、ストでごみ収集がストップ。
道路にごみが溢れています。もう1週間以上になるそうです。

この大迷惑行為がまかり通る国、不思議な国、それがフランス。
自分勝手でエゴイストで文句ばかりのフランス人が、それでも認めるストライキ。
国民の大半が、今回のストを支持している、とニュースで報道さてています。
私にはよくわかりません。ストで起きる損失、時間の無駄、意味があるのでしょうか。。。
ストで荒れると最初から予想していたかのような、冷静な国の態度は相変わらずですし
ぐっちゃぐちゃになってもいいから自分の意見を聞いて欲しい、スト中のみなさんの気持ちも変わらず。
出口の見えない封鎖状態になってます。

それからね、若い高校生とかが参加する気持ちも私にはわからない。
仕事をするとは、どういうことなのか。本当にわかってんのかな?
ストに情熱を注ぐもいいけど、もっと他に若い頃に一生懸命になれるものがあるんじゃないか?
国に守ってもらおうと思いすぎてない?自分の人生だよ???
今から62歳になった自分を想像したって、明日は何が起こるかわからないのに。

と。考える私は、外国人なので好き勝手なことを言えるのかもしれませんね。
私はフランスに守ってもらえる率は低いでしょうしね。


最近ストについて色んな人と話す機会がありますが
何故ストをするのか、という私の質問には、明確な答えがなく
だって今までそうしてきたから、とか。それがフランスのやり方なんだ、とか。
そうして国を動かしてきた歴史もありますね。有名なのはフランス革命。。
また、ある人は「フランス人って昨日と同じがいいと思う人が多いんだよ」と言うんですが
それってすごく保守的って言うか、将来性の無いメンタリティだなと思う私。

日本人が多くあこがれる国、フランスですが
日常は…なかなか大変です。。。



**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2010-10-25 13:36 | 日々のこと… d'habitude
2010年 10月 18日
110ユーロ。。。 と ストライキ。。。
ぐぐっと冷え込んだパリ。
ここぞとばかりに新調したコートを張り切って活用してます(笑)。

日本へ行っている間に、滞在許可証の本カードが出来たと手紙が来ていたので
足取り軽く(うそ)大好きな(うそ)県庁に行って来ました。
今年から1.5倍以上値上がりした、手数料の110ユーロ。。。高すぎ。
理不尽で不可解なのは、これが1年カードでも10年カードでも同じ110ユーロだって事。
さっさと10年カードを入手したほうがお得なんですが、私の場合は結婚でなくPACSなので
この先何年更新し続けても10年はもらえないのかな?とか、色々考えてしまいました。
来年更新するときに、機嫌良さそうな審査官に当たったら聞いてみようと思います。
(フランスには永住権はなく、10年カードが最長です)

私の行く県庁には名物オバサンがいて、もんのすごくおっかない、と言うか人間味の無い人なんですが
今日もまた、Bonjourも Au revoirもなく、こっちの顔すら見ないいつもの対応で、さすがって感じ。
あんな風になれるって、ある意味卓越してるかも。

ところで最近フランスでは年金改革に反対するストライキが盛んで、大騒ぎになってますが
今日県庁に行けば、やはりその影響か、受付時間が短くなっていたり職員が少なかったり。
あんなに並んでいるのに、中で開いていた窓口はたったの1つ。。。がらんとしてました。
明日は3回目(だったかな?もう何度も繰り返されています)の大規模ストが予想されていて
県庁も閉まってしまう可能性があるかと思い、用事を振り替えて今日行ったんですが、正解だったかも。

ストが始まると、一般市民にすぐ影響あるのが交通機関。
ここずっと、フランス国鉄SNCFは通常運転していません。
パリ市内を走るメトロやバスは、まぁなんとか通常通り、でも郊外線は不安定。
そして明日はまたきっと、大きな悪影響が出ると予想されています。
何故なら、あさって水曜日、年金改革法が国会で本可決される予定だから。

今回のスト、特に若者(高校生)の参加率が高く、注目されてますが
本当に意志高く参加する者に混ざって、ただ騒ぎ車を燃やしたりする輩も含まれていて
今朝もパリ西郊外で騒動があったとニュースで報道されました。
ストも嫌なんですが、こういう暴動が怖い。明日が心配です。しかも郊外線を使う用事もあるのに。

それから石油関係もストで大ストップ。
ガソリンを運ぶトラックの運転手が大勢ストライキ中なので
全国でガソリン不足が深刻な事態になってきました。
ストックがないので閉鎖するガソリンスタンドもあります。
GSをはしごしても、なかなか開いているところが見つからない事態が発生中。
昨日聞いたニュースでは、このままだとオルリー空港のガソリンストックがあと数日で底を付くとか?
それで飛行機が飛べなくなったらどうするんだとか、そんな話をしてました。
信じられませんね、同じ地球のお話ですよ、日本のみなさん!

最近のフランスは
テロの対象にかなり高い率で狙われているとの発表が内務省からも発表されたりして、
色々とかなり物騒です。気をつけないとね。。

c0086674_2318317.jpg

こんなちっぽけな紙っきれが…涙。

*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2010-10-18 16:24 | 日々のこと… d'habitude
2010年 10月 13日
耳を開いて 心を開いて
もうだいぶ時間がたってしまってからのアップになりますが
この夏日本滞在中に、ハイドシェックがプライヴェートで来日していました。
そのスケジュールの間にまとまった数の生徒さんのレッスンをする機会があり、
私もそこで、通訳と言う形を通してお手伝いさせていただきました。

レッスンは4日間。充実度の高い日々。
曲目はベートーヴェン、ショパン、シューマン、ラヴェル、ドビュッシーなどなど。
音楽タイムはいつでも真剣勝負、誰とでも誠実に向き合うハイドシェックの姿。
多くの生徒さんは、レッスン後に魂が抜けてしまったような…表情をされていたのが印象的でもありました。
楽譜に書いてあること、それを読み取る力、表現力、テクニック、構成力、バランス、いつも向上心を持つ事。
言いたい事がいっぱいあるハイドシェックの横で、私も声を張り上げて(笑)同時通訳。
みなさんに、ハイドシェックの心が、魂が、通じたでしょうか。

ピアノを離れれば、そこには優しい楽しいハイドシェックがいます。
お茶目で、人を笑わせる事が大好きなハイドシェック。

でも、ピアノの話になるとどこまでも妥協を許さない彼の目に、凄みが。
そんなハイドシェックのレッスン。
怖かった?厳しかった?勉強になった?楽しかった??
(受講生は、高校生~大学卒業生など、若い方々です)
レッスン中に緊張しちゃった人。
泣いちゃった人(理由はさまざまです、私も気持ちが分かります)。
顔が真っ赤になって頑張った人。
急にひらめいて別人のようにすばらしい演奏をした人。

色々です。


レッスンが終わった今、みなさん、どんな気持ちがしているのかなぁと思います。
私は、ハイドシェックと出会い、もうこれしかない!と直感で感じ、電撃的に留学したのです。
通訳をしながら、あの頃の気持ちを思い出しました。
レッスンで経験した事を、どうか、引き出しにしっかり閉まって
これからも時々開けて、何度も吟味してください。
そこにはピアノの話以上の、もっと奥深く暖かいメッセージがあるはずなのです。

音楽を生業にする際、良い耳を持つ事はとても大事ですが
感受性の高い、柔らかで素直な心を持つ事も大事です。
レッスンは、そこに成功のポイントがあると思います。
若い時の、みずみずしい感性を忘れないで!と、ハイドシェックは言いました。



最後に、ちょっと本音。

師匠、通訳中に「はやくしろ」プレッシャーをかけるのは、ヤメテください。
そして、私が話す間は我慢して待っててください。お願いですから!


c0086674_0213864.jpg


みなさん、お疲れ様でした。
そして貴重な経験を、ありがとうございました♪



**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2010-10-13 00:22 | ハイドシェック au Japon
2010年 10月 12日
体調管理の難しさ!
ここ数日、寒暖を繰り返し不安定な気候の続くパリは
みなさん体調管理が難しいようで、今とっても風邪が流行っています。
気をつけましょう!

なんて。。

言ってる自分が。。。


実はあっさり風邪っぴき! ありゃまー


日本との気温差で免疫落ちるだろうから、気をつけようと思う間もなく
フランス製の強力ウイルスの攻撃にあったようです。あっけない展開でした。
こんなときばかり流行に敏感な私、しかも長引く系の風邪でかれこれ1週間以上経ちますがスッキリしません!
あと…あともう一歩なの。。。私の身体よ頑張ってくれ。。。


先日、メトロ構内でもうどうしようもなく咳き込んで、涙が出るほど苦しんでいたら
隣の中国系のおばちゃんが、ほらって咳止めの飴をくれました。
私のことを中国人だと思ったんでしょうね。中国語で話しかけられました。
言葉が通じないとわかると、沢山のジェスチャーで、これ舐めるとラクになるよって教えてくれました。

舐めたらすっと咳がひいて。すごく感謝。

今。日本と中国って、色々あるじゃないですか。
でね、そこで中国なんか嫌いだ!って言う感情と
一般市民レベルの交流は、混ぜちゃいけないなと思った一瞬でもありました。
国は国。人は人。それはごっちゃにしない!




みっけもの♪

c0086674_19593965.jpg


偶然立ち寄った蚤の市で運命の出会いをした家具。
この古びた金具に挽かれたのでした。
樫の木で出来た、もう何年も長い間ある場所で活躍したこの子は
この日を境に我が家へやってきました。
大事にしよう。



**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2010-10-12 13:36 | 日々のこと… d'habitude
2010年 10月 10日
重要事項!ハイドシェック2011年来日決定情報
072.gif祝!2011年4月21日、ハイドシェック東京公演が決定しました072.gif

c0086674_18384951.jpg

日時:2011年4月21日(木) 19時開演
場所:浜離宮朝日ホール
チケット:全席指定 6,000円
(他の3公演とセットで10,000円、というチケットもあり)
お問い合わせ:コンサートイマジン Tel:03-3235-7777

チケット販売開始時期は、未定。


プログラムもまだ明記されていませんが、
本人の中ではむくむくとアイデアが固まりつつあるようです。
お楽しみに!
東京以外の公演についても、動きがあるといいですね。
良い続報が届けられるように、盛り上げて行きたいところです!

**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2010-10-10 11:37 | ハイドシェック来日ツアー2011
2010年 10月 04日
パリ、メトロ14番線
パリを走るちょっとテクノロジーな自動運転メトロ、14番線。
先日久しぶりに乗ったら…

まもなくベルシー駅です。
今日も14番線をご利用くださいましてありがとうございます。

…と、

日本語で

アナウンスが流れたんです!


しかも。
日本語、のみ!
フランス語、なし。



一瞬、時差ぼけで空耳かと思いましたが
行きも帰りも同じでしたので私の耳は正常でしょう。

どういうこっちゃねん?
しかも、乗ってる乗客(もちろん殆どフランス人)、
微妙に無関心(笑)。。。もちょっと反応せい!


と、思いつつ、日本語が聞けて癒された私でもありました。
ご利用くださいまして「ありがとう」だなんて。。素晴らしいっ!
動くときは動くし、動かない時は動かない、乗りたかったら勝手に乗れば、的なフランス式サービスに
悲しくなったり腹が立ったりしちゃう私には、非常に心に響いた日本語アナウンスでありました。
アナウンスのお姉さんありがとう、誰だかは知らないけど。


しかし、

なんでなんで日本語なの!!!
誰かおしえてーー



*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2010-10-04 19:48 | 日々のこと… d'habitude