<   2010年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2010年 11月 29日
コンセルヴァトワールでのレッスン
以前から時々伴奏を勤めていたパリ郊外のコンセルヴァトワールで
今年からピアノのクラスを受け持つことになり、色々思う事がある日々。
正確に言えば、Piano Complémentaire なので、日本語で言うなら「副科ピアノ」かな。
他に専科を持つ生徒がオプションで受講するレッスン。

ところで、日本の音高・音大ではポピュラーな副科ピアノですが、フランスではそれほどでもありません。
割と大きな規模のコンセルヴァトワールでは取り入れられているところもあるようですが
副科ピアノ???意味あるの?とかってあからさまな顔をする人もいます。
私の勤めるコンセルヴァトワールでは、今年から正式に開始。今のところ私のクラスのみ。
新しい試み、とか、誰も他にやっている人がいない、シチュエーションが大好きな私にはもってこい。
開拓し甲斐があります。まずは好きにやってくれと言われて、即OUI。

c0086674_20391247.jpg














ブログ内容のコンセルヴァトワールとはまた別の学校です


副科ピアノと聞いて、まず思ったのは
旋律(メロディー)を主にする楽器の生徒と、そうでない生徒の教えかたの違い。
色んな楽器の生徒がやってきますので、それぞれに対応したいところ。
今のところ、ヴァイオリン、サックス、チェロ、クラリネット、ホルン、打楽器、フルートの生徒が入門しました。
自分の主科以外に何故ピアノをやりたいのか、その定義をハッキリさせておくことも大事。
私の希望は、ピアノを主科の楽器や、音楽全般に応用してもらいたい。
ピアノは、沢山の基礎を含む楽器です。多くのことが学べる。同時に、だから、難しいとも言える。


すでに耳が良く、ソルフェージュの知識もあり、練習する習慣もあり、家族の理解も得られる生徒が多いので
なかなか楽しいレッスンが展開しています。
なんでしょうね、ピアノ一筋だった私には、色々と目からウロコ(笑)。爆笑する事も多々。
特に1回目のレッスン。顔合わせの意味も込めて、「好きに弾いていいよ」と提案したら
出てくる、出てくる、色とりどりの生徒の個性。弾けないところは歌って補った生徒もいたっけ。
基礎が出来てないのに、必死に好きな曲を弾くから、もう指使いとかぐっちゃくちゃです(笑)。
あと、学期末に試験で伴奏した生徒もいて、彼は私が弾いた伴奏部分をアレンジして弾いてくれたっけ。
なんか、ちょっと感動しました。そういう純粋さって、すごくいいと思いませんか。

そのまま楽しく続けたいところですが、一応、学校という規律の中で行うレッスンですので
私なりにカリキュラムを設け、ただいまじっと我慢の基礎レッスン。
指、手首、腕、肩などのポジションや、旋律、カノン、インヴェンション、音階、アルペジオ、和音などの基礎テクニック。
耳の良い彼らなので、楽譜って言うよりも感覚で、脳みそを刺激させて。。。
不自然なのが一番良くないので、あくまでもそれぞれの身体の感覚で分かってもらいます。
私もぶっつけ本番状態。何が正しいかなんて、やってみないと分かりません。
このまま続けたら、いつか将来ピアノ基礎本でも書けそうな(笑)。


良い経験をさせてもらっているので、彼らと共に成長できますように。


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2010-11-29 13:12 | ピアノ piano
2010年 11月 22日
ハイドシェックインタビュー レッスンの友12月号
『レッスンの友 12月号』に、ハイドシェックインタビュー掲載されました♪
8月にプライヴェート来日した際に行われたものです。
日本の生徒へのレッスンについて、詳しく語っているそうですが
私自身まだ現物を見ていませんので、とりあえず、お知らせのみ!

興味ある方は本屋さんへ、レッツゴー。

レッスンの友社

*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2010-11-22 22:40 | ハイドシェック au Japon
2010年 11月 18日
日本人特待?
わりと良く行く、気に入りの日本食レストラン…
この間の出来事。


前菜に揚げだし豆腐と、メインはチラシ寿司で、ニコラはカツ丼で、カルフォルニア巻と鰻巻を単品で1つずつ。
あと、お茶を2つお願いします、(良く食べるわ~~~)

と、いつも通り注文したんですが
店員が去ったあと、ニコラが妙な事を言うんです。
「なんか、伝票にマーク付けてたような気がする」と。

ニコラが言うには、日本の「日」みたいな漢字を書いて、その周りをぐるっと囲んだ、らしい。
(彼、日本語続けているので、漢字もちょこっとだけ分る)
このテーブルは日本人がいます、ってチェックしたんじゃないか。と。

え~?テーブルナンバーでも記入したんじゃない?とか
人数を書いたんじゃないの?とか
色々言いつつ、ニコラも、まぁそうだよね…日本人がいるからサービスが違うって事はないよね、と
そこで話は終了。
次々サービスされる料理を堪能し、デザートも追加し、お会計。


行きつけの店だし、店員さんと色々しゃべっているうちに、さっきちらっと気になった事を思い出し…


あ、そうそう。
さっき、チラシ寿司隣で食べてた人と私では、乗ってた具が違ったみたいなんですけどって
かる~~く、質問。シェフの気まぐれかな、とも思ったし。
(ちなみに、後の展開のために明記しておきますが、全部違ったんじゃなくて一番上のトッピングが違う)

そしたらね。


いや~実は、日本人とフランス人で、具材変えてるんですよ。


って言われたの!


でね、もっと言うと、(小さな声で)
日本人用に乗せてる食材の方が、実はお得なんですよ



って言われて。


ビミョーなキモチ。。。。。。
日本人だから、優待してもらってる?のか?それは、良い事なのか?



店を出てからニコラに「さっき何の話してたの?」って聞かれて
正直に打ち明けたら、ちょっと憤慨してました。ま、そりゃそうですよね。。。
「だから言ったじゃん!さっき伝票にチェック入れてたって!」


あーそうか、それかぁ。話はそこに、戻ったので、ありました。

*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2010-11-18 13:52 | 日々のこと… d'habitude
2010年 11月 11日
冬のストレス、洗濯編。
今日のは、めっちゃ生活感溢れるブログです。


グレーの曇り空と…叩きつけるような雨…そして吹き荒れる突風…
この季節、フランス人の性格が悪くなる。。いや、大げさでなく。
「イライラしかめっ面で暴言&ワガママ』病が蔓延しますので、みなさまご注意を。

フランス人でなくとも、この季節、やはり気が滅入ります。
朝起きても薄暗く、窓を覗けば雨もしくは曇り、外はすごい湿気、家の中もなんだかひんやり
そのまま1度も日が射すことなく、夕方5時には日没、帰宅時には足元から冷えて…着ていた洋服も湿っぽく。

中央暖房のアパートに住んでいる人は別として、我が家の様に一軒家で電気暖房の場合
冬の湿気は、かなり工夫しないと家中が湿気だらけになります。
ウチにはピアノもありますし、湿気は大敵!
だからって1日中暖房付けっぱなしだと、後で請求書に泣きますし。。(フランス電気代高し)

そんな我が家で、悪天候の際洗濯をする時はどうしたらよいのだろう…と色々改善を図った結果
最近は要領を得てきましたが、便利大国日本なら、もっと簡単に工夫できるんだろうなぁ…
と、不便を感じる度にため息が出ます。

例えば、室内干しでもにおわなーい♪(ってCMありましたよね?)洗剤なんか売ってないし。。。


我が家の冬生活、ストレス軽減キャンペーン。(って私が1人勝手に盛り上がってるだけですが)
改善その1に、洗濯機の買い替え、を決行。
まだ故障してない…とか言うどこかのフランス人、アナタ、脱水の弱さと戦う私の気持ちをお察しでないのか?
洗濯機を滅多に触らないヒトに、色々言われたくないわ。
ってなわけで、長年使っていた頑丈だけど旧式な洗濯機とお別れ。

折りしも夏の帰省から戻ってきたばかりの私、便利な日本をかなり引きずっていましたので
洗濯機選びは、それはそれは、2人でかなり揉めました。
なるべく低コスト(平たく言えば、安い)機種で、基本、洗えればいいじゃん、なケチンボフランス人と
待ってくれ、洗濯するのはアッシでっせ?毎日のことだから、もうちょい快適さを求めようや、の日本人。


サルコジ大統領長男(次男だったかも?)の妻実家の大手電化製品店Dにて、店員と相談。


まず、フランスの洗濯機って、遅い。。2時間くらい洗ってます。。
水の温度上げてしっかり洗うコースなんかにした日には、4時間ですよ、半日かかるって!

奥さん、それなら30分コース付きのものがございますよ!
軽い汚れなら、これで十分ですよ。



へええ。。。(日本なら当たり前なのになぁ…心のつぶやき)



あと何分で洗濯が終わるか分かるものがいいんだけど。。(日本だったら当たり前!)

奥さん、それでは残り時間が分かる物も最近はあるんすよ。



へええ。。。(フランスも少しは進化してんのね…心のつぶやき)



脱水機能が良い機種のがいいけど、無駄に生地を痛めたくない。。

奥さん、それなら汚れを分析して洗ってくれる洗濯機もありますよ、脱水もヴァリエーション豊かです。



へええ。。。(分析???信用できる??心のつぶやき)



洗濯機を長く清潔に使いたい、カビも許せないし。

奥さん、それならフィルター掃除が簡単なタイプが新発売ですよ。そして時々高温で洗ってね、洗濯槽内のカビが防げます。



へええ。。。(今までフィルター掃除が出来ない方がおかしくない?心のつぶやき)



その他、電力低コスト機能、タイマー機能とか、プログラムを途中で変更&キャンセル機能とか、
すすぎ2倍機能とか、染み抜き力アップ機能とか、欲を言えばキリがないけど、私のほぼ理想とする洗濯機に出会い、
フランス人も納得かと思いきや、予算オーバーだと言われた日には、もうどうしましょうね。

だた洗って、ブーンと脱水してオシマイ!な洗濯機とはおさらばしたい私は
コレは今までのとは画期的に違うのだ、賢い洗濯機なのだ、と強調。
機械が賢い、と言う常識がまだまだないフランスでは、目からウロコ的な意見だったらしく
賢い…賢い…とつぶやきながら、店内一周したフランス人(意味不明)でしたが一周後、ゴーサインが出て、一件落着~~。



c0086674_117084.jpg










我が家洗濯機の一部。。
文字がちょっと可愛くないですか?
買ったのはアメリカのメーカのものでした。
(やっぱりフランス製は遅れてる…?)




今日は祝日。戦争に勝った?記念日だそうですが
相変わらず休日出勤&朝帰りな、ニコラ。。。頑張れ。
外は大荒れ天気な、パリ、冬。。


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2010-11-11 17:23 | 日々のこと… d'habitude
2010年 11月 09日
うちのヒトに限って。。。
実は最近、寝不足です。
先週末から、ニコラの帰りが遅いから。。。
毎日夜中の2時とかに帰ってくるんです。
当然、私は先にベッドに入ってますが、帰宅の気配で目が覚めるし
彼は、日本式にシャワーを夜浴びる人なので、なんかごそごそ。。

そこからもう一度本格的に寝ようと思うと、変な夢を見たりして寝た気がしません。
しかも、こういうときって嫌な夢ばっかり見るんです。いわゆる、悪夢ってやつ。

あんまり毎日続くので、あらぬ疑惑を…
どっかで他の人と密会?
実は別の家庭あり??
実は私が嫌い??(笑)


なーんちゃって。


何のこっちゃない、仕事がハードなだけ。
いや、「だけ」って処理しちゃ、いけないな。
毎日深夜過ぎても働くのって、異常です。それにここ、フランスですよ?
ある大きなプロジェクトに関わるメンバー3名くらいで、会社に篭って遅くまで。
夜ご飯は毎日、いわゆる店屋物。
近くのお惣菜やさんのデリバリーだそうで。(BIOの食材だそうです、興味あり~)

聞けば昨日は(いや、今日の朝はと言った方が正しい)
ニコラの上司は朝5時半帰宅だったそうです。あり得ん。。。
フランス人だって、やる人はやるんです。

他のメンバーもみんな、かなり無理しているので、プロジェクト無事に完成するといいです、本当に。
努力が報われますように。お願いします。。。



ふわわのわ。(あくび)




*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2010-11-09 19:49 | 日々のこと… d'habitude
2010年 11月 08日
生徒たち、親たち。
おかげさまでピアノの生徒さんも段々増え、現在25名ほど教えています。
子供から大人まで、さまざまな年齢と個性、家庭の事情などを踏まえて行うので
時にはピアノテラピーと言えるかもしれない。
生徒の心、精神状態、疑問などに1つ1つなるべく丁寧に向き合うようにしています。

c0086674_021341.jpg







フランスで、教える。
そう聞いただけで「色々」ありそうな。


予想通り(笑)面白いのがいっぱいいます。
生徒だけでなく、その親たちもみな個性的。



なーんでそうなっちゃうか…と驚きの指使いを持つ、テクニック的には非常に悪い癖を持つ、L 。
でも彼は音楽が大好き。父親はチューバ奏者。
私が与える課題以外に、自分の気に行ったメロディーや曲をこっちが頼みもしないのに持ってきます。
中には「いやいや、君のレベルでは無理でしょ」と突っ込みたくなる曲まで持ってきますが
そこでぐっと我慢しますと、あっと驚く独自のアレンジでさらさらっと弾いてくれます。私、毎回爆笑。
型にはめたくないな、どう育ててあげようか…と思っている、ただいま注目株。
大らかに、やってみようかなぁ。



姉妹でライバル心燃やしっぱなしのSとR。
姉の方が1年先に始めたので、妹、かなり鼻息荒い(笑)。おいおい、まだ始めたばっかじゃん!
真面目で練習しっかりな姉と、感覚的でおしゃべり妹。お互いのレッスンが気になってしょうがない。
ある日小さな男の子がいるので、あれれ?息子もいるんだったかな?と思いきや
パパさんに、「その子は私の孫で…」って言われて、ビーックリ。
パパさんは再婚で、すでに25歳の娘あり、彼女に子供が生まれたので、その子は孫。
2番目の奥さんとの間に出来た2人の娘が私の生徒、8歳と6歳。。孫と娘たちが同年代。。。
うーん、フランス的!



兄弟で、仲良くお馬鹿競争な、BとA。さすが男子、とにかくいたずらっ子。
知らない間に私の携帯番号を入手、SMSで謎の暗号を仕掛けてきます。
もう!っと思っていると。。。レッスン後はかわいく、メルシーまた来週ね!とメッセ。よし、許してやろう(甘すぎ)。
落ち着きの無い弟、どうして育てようか悩むところ、特技を発見。すごく声がきれい。天使の声です。
こうなったら褒めて育てるに限ります、歌わせて、弾かせて、歌わせて。。だんだん繋がる彼の感覚。
逆に冷静で集中力が抜群な兄は、とにかくいっぱい課題を出すに限る。
レッスンで私が言った言葉で、大事だと思うフレーズは、勝手に自分で楽譜に書き込んでます。
ここんちも、本当のお父さんと育ての父が違う、ちと複雑家庭。
でも兄弟みんな仲良し(他に血の繋がってない兄弟が2人と、血縁関係の姉が1人いる)。
2人の父同士も、関係良好。一緒に発表会に聴きに来ました。これまた、フランス的!



思春期真っ只中の、ちょっと難しいお年頃なE。
彼女は前の先生と上手く行かなかったトラウマがあり、なかなか心を開いてくれませんでした。
でも最近は笑顔も、質問も出るし、積極的。発表会でも立派に曲を仕上げました。
お父さんは南アメリカ出身者、明るい人。。。ご職業は俳優さん。
難しい娘だけど、感受性があるんだ、そこを伸ばしてやりたいんだと語る父、その愛情。応援しちゃう。
自分の青春時代をギター片手に語ってくれる、とってもラテンなパパさんなのです。



兄と妹、2人で仲良くピアノを続ける、NとC。
彼らも前回の先生と決裂しています。先生が怖くてピアノが弾けなくなった2人。
でも、最初は緊張ぎみだった彼らも、今は伸び伸びとやってます。
厳しい事を言っても、大丈夫、ちゃんと反応あります。要は、飴とムチ。
弾けないのに、すぐに早く弾きたくなる、ちょっと忍耐力のない兄と
空想の世界にふわーーーと飛んでいく、まだまだおちびちゃんな雰囲気の妹。
彼らの特技は、次のヴァカンス日程を正確に答えられる事(おい!)。
時々、彼らの友達がやってきて、レッスンを見学してます。沢山のコメントあり。静かにしろってね!(笑)


生徒の親がレッスン開始、というパターンもあります。
若い頃、地方のコンセルヴァトワールをかなり優秀な成績で終えたけど
その後心臓外科医として活躍、ピアノの時間が減ってしまったお父さん、P。
子供達が発表会で頑張る姿に刺激を受け、ピアノを再開。
その様子の楽しそうなこと!毎回、嬉しい、楽しいと言葉を連発しています。
目標としている大曲があるので、今はちょっと凝り固まった脳みそと筋肉との戦い。
感覚はもうバッチリなのです。。。


現在妊娠8ヶ月のC。私とはもう3年目。
お腹がだんだん大きくなって、体重も増えて、もう大変…でもピアノは出来る限り続けると決心。
無理したくないけど、お腹の赤ちゃんに聞かせたいと言うので、手探りなレッスンです。
時々、レッスンに反応するらしいお腹の子。ピアノ母親学校状態(笑)。
ここの家にはネコが2匹もいて、レッスンしてると鍵盤に乗ってきてしまう。。。
これが本当の、ネコ踏んじゃった!
時々私のひざにも乗ってくるので、ネコ好きな私はデレ…っとなって、レッスンになりません(笑)。



こっちも人間ですから、出会った生徒全員と相性がいい、というわけではありませんが
彼らと共に学んで行くのも楽しいなと思える生徒が多いので、私はラッキーでしょうね。
ピアノが、彼らにとって人生を豊かにするものでありますように。。。


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2010-11-08 15:50 | ピアノ piano
2010年 11月 07日
Pascal GIORDANO氏インタビュー
c0086674_203326.jpg



先日お伝えした、日仏アーティストアソシエーション、KATATSUMURIサイトへ
私が翻訳を担当したインタビュー記事が、あらたに掲載されました。

Pascal GIORDANO(ダンス)



*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2010-11-07 12:05 | フランス語 français
2010年 11月 06日
おひとりさま、それも良し。
パリの秋。。。
c0086674_3162252.jpg


どんより秋のパリの空の下
予定外のキャンセルでぽっかーんと時間が開いてしまった私。
パリ、7区、さてどうする?


あ、そうだ。せっかく1人できままな時間。
あそこに行っちゃえ!


行った先は


こっちだよ
[PR]

by moncheminparis | 2010-11-06 03:52 | パリ風景 Paris
2010年 11月 04日
夢を追うかたつむり Assosiation Katatsumuri
探し物は何ですか~、という井上陽水の歌がありますけど
まさにそんな感じの、ちょっと奇妙で地味な日仏アーティストアソシエーションがあります。
その名も、KATASUMURI 歩む速度は名の通り遅く…行方もあいまいな…でも誰かを幸せにしたい…

そんな変な(笑)メンバーに2年ほど前から仲間入りして、時々翻訳を手伝っているサイトがあります。
メインは、東京&パリで活躍するアーティストたちのインタビュー。
あくまでも主宰のDが独断と偏見で選んだアーティストのみなさん。
テーマは、「夢」 「道」 何故そこにたどり着いたのか、何故表現するのか、自分は何者か。
そんな、個性的なインタビューたちが揃っています。
読んだあなたに、何かを感じてもらいたい。何を感じるかは、自由なのです。
お時間あるときに…ちょっくらティータイム兼ねて、どうぞ訪れて見て下さい。
とにかく、不思議空間サイトですから。ゆっくりゆっくり。。。

c0086674_20121188.jpg

http://www.katatsumuri.fr/


翻訳を何故引き受けたかと言うと、Dの人柄に共感した事が大きいですが
アーティストたちの言葉に日仏の橋をかける作業が、どことなく「演奏」にも共通すると思ったから。
言葉にならないからそれぞれの分野で表現する、けどそこを無理やり説明する、という
ともすれば支離滅裂な、語る本人も見失ってしまうような感覚的な内容を、どう日本語にするか。

数人のメンバーで行っている翻訳作業ですので、隈なく読んで頂けたら嬉しいのですが
一応私が扱ったメンバーはこちら
Levent BESKARDES(演劇)
Bruno QUINQUET(写真)
Susumu MURAGUCHI(写真)
Takahiro HIKIYAMA(ダンス)
Shu TORANO(イラスト)
La COMPAGNY TSURUKAM(演劇)



ちなみに、身内びいきをさらに加えると
サイトに時々現れる、日仏の国旗をまとったゴキゲンなかたつむりは
おなじみニコラによるイラストです。


近日中に、Pascal GIORDANO と言うダンサーのインタビューもアップされます。
こちらも私が担当。お楽しみに♪


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2010-11-04 12:50 | フランス語 français
2010年 11月 01日
冬時間開始=長い冬の始まり、始まり…
今日はToussaint(万聖節)の祝日。
お墓参りをする人も多いので、日本で言うなら「お盆」?みたいな日かなと勝手に思ってます。
先日ニコラの大叔父さんが亡くなったばかりなので(96歳の大往生!)、今日はそっと手を合わせました。

昨日の朝より、こちらフランスは冬時間。
時計の針を1時間遅らせる恒例行事もしっかり済ませました。
フランスではこの日を境に、本格的に冬。春よ早く来い!(気、はやっ)
何せ、夕方5時くらいには、もう夜の気配。1日があっという間、すごく損した気分になります。
今はまだ朝起きても8時くらいには明るくなってますが(すでに日本と比べると遅いけど)
これからどんどん、日照時間が減って、朝9時頃まで暗いし日没は16時半。。。みたいな生活になると
どよーんと気分も落ち込み、免疫も下がるし。加えて冬の天気の悪さ。毎日曇って湿っぽくって。底冷えします。

そう。この湿気が。冬の大敵なのです!
乾燥した冬をイメージされる日本のみなさんには、想像もつかないでしょうが
気温が低い&湿っぽい、と言うのは空気の質が非常に悪くなります。
ウイルスや菌が繁殖しやすく、湿った埃と共にカビ菌なども…。お布団の環境が悪くなるのもストレスだし。
冬になると、盛んに薬局などで殺菌効果のある室内用アロマスプレーが発売されたり。


私はとにかく、この冬時間になる日が大、大、大嫌い、大体自分の性格に合いません(笑)。
やけくそで調べてみたら、冬時間と夏時間って半々じゃないんですね。
冬時間=5ヶ月、夏時間=7ヶ月 
そっかー夏時間の方が長いのね、と自分を慰める、私なのでした。
長い冬、頑張って乗り越えよう。エイエイ、オー!(死語?)



記事内容と全然関係ない写真ですけど
c0086674_4494834.jpg

パリで時々見かけるパッサージュ。
こんな風に、クラシックな感じのところが多いです。
タイムスリップしたみたいな感覚が、好き。屋根のガラスを通した柔らかな光も。
この写真はオペラ界隈、Passage Choiseau です。素敵♪


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2010-11-01 21:15 | パリ風景 Paris