<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2011年 04月 25日
PINA
今日はPAQUES(イースター)ヴァカンスの最終日。
ヴァカンス前は花粉症(か風邪)でスッキリしない日々でしたが回復。
明日から忙しくなります。。。がんばるぞーーー

さて、ヴァカンス中に見た映画「PINA」について。




これは

ダンスなのか?
それとも演劇か?

それとも…ただ単純に…

命そのもの。


という内容で始まる映画予告を是非ご覧ください。

どんな風に美しかった、とか、何が感動した、という印象を書くよりも
ただ単純に、
人間だってこんなに美しくなれるのだ、と思えたことが忘れられない。
震災後久しぶりに、心が開放されたひと時をこの映画のおかげで過ごしました。
芸術。そこには人間の、本物の知性が感じられるから。


日本でもいつか、上映されるのかな?


**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ
[PR]

by moncheminparis | 2011-04-25 18:30 | 日々のこと… d'habitude
2011年 04月 19日
フランス原発事情
フランスは59基の原子炉があり、電力の80%を原子力エネルギーに頼っています。
私の住むVal de Marne県にも原子炉があります。
Nogent-sur-Marne市、今住んでいる場所から15km内、という立地です。
残念ながら、私も今まで無関心だった1人ですので、原子力についてはあまりよく知りません。
しかし今回の事があり、またフランスも原発大国だという事で、私も少々考えが変わりました。
原発についての自分のスタンスを決めたい、そう思い今少しずつ勉強をしています。

震災以来、原発についてはフランスも多くの意見や番組を見る機会が増えました。
昨夜もドキュメントがありました。
フランスでどんな内容の番組が流れているか、お伝えしようと思います。


Complément d'enquête du lundi 18 avril 2011 à 22h10
4月18日、22時10分から放送されたものです。
フランス語が分かる方もいらっしゃると思うので一応リンクを貼っておきました。
1週間くらいの間は見られるんじゃないかと思います。

99年にボルドーで起きた原発事故について。
99年と言えば私が留学を始めた年ですが、当時フランス語まったく分からずの私には耳に入らなかった事故でした。
強力な台風が上陸し、高波によって原発が浸水。冷却装置が停止した、福島と非常に良く似たケースです。
他の装置が作動したため、大事には至らなかったようですが、この事故、表ざたになったのは起きてから8日後。
高波の可能性を国が1年以上前から懸念し工事をするよう勧告が出ていたのに(書面が残っています)
それを伸ばし伸ばしにし、事故の1ヶ月前の再勧告も無視し、そして事故は起きました。

フランスの原子炉、平均建築年数は25年。
30年をめどに廃炉にする予定で建設されたものも、まだ現役で動いています。
10年ごとに修復と改善を繰り替えし、あらゆる事故にも対応、世界1レベルだと。
出来ればこのまま、どこまで持つか挑戦したい、60年は持たせたいという電力会社のコメント。
日本という安全大国で起きた事故を見ても、まだそんな悠長な事を言っています。

20年前より廃炉になったある原子炉。今もまだ完全廃炉には程遠い現状。
さらにあと15年はかかるとの見立て。
現場を1つ1つ解体していくのです。当然そこには放射能性物質があります。
被爆しないよう慎重に行うため、時間はあってもあっても足りない、と言うのが現実でしょう。

コントロール出来ていれば問題なし、の原発。いやいや、そうではありません。
放射能物質を含んだ廃棄物、の問題があります。あまり多くは語られない事実です。
300年は保管しないと放射能物質はなくならないため、入念に保管されるべきものですが、
どんなに厚く頑丈な50センチの壁でもっても漏れるものは漏れる。(50センチは厚いのでしょうか?)
じゃあ、このくらいならきっと大丈夫だからと法律が改正されてしまう。そんな馬鹿な。
もっと斬新な方法は、地下に埋めてしまう。あらゆるテクノロジーを使っての試みです。
シャンパーニュ地方の小さな村、その地下500メートルほどの深さで現在廃棄物処理場が建設中です。
調べによると16億年前からその土地は動いた痕跡がない、と言うのがその場所の理由。
しかし、お隣のドイツではすでに同じ試みが行われていますが、大地が目覚めてしまったため
そこに埋められた廃棄物を再度別の場所に移動させなけれないけない、という現実が起きています。
自然相手に、16億年動かないから大丈夫、とはまたずいぶん短絡的と言えないでしょうか。

原子力エネルギーからリサイクルエネルギーに段々移行していこう、という話。
今一番注目は、フランスでもあちこちで見かける風力発電。
ポルトガルに工場があるようです。
太陽エネルギーもどうか?という意見もあります。
しかし、風力発電には大きな風車が何台も必要で、町の概観を損ねます。
地元の反対にあって、計画が進まないことも多いようです。
また、建設には莫大な資金がかかります。

一番低コストで安定性に優れたエネルギーが、原子力だ、と言う論理。
これは本当のところ、どうかと言えば、フランスもやはり政治と原子力の癒着が強く
風力や太陽エネルギーが伸びてこないには、黒い理由がある、と主張する政治家もいます。
緑の党(エコロジストの党です)女性党首Cécile Duflotは、
原子力からリサイクルエネルギーへ移行する方法はあるのだ、と言います。
今ある原子炉を30年計画で少しずつ廃炉にしていきながら、上手に切り替えは可能だと。
しかし、現在与党のUMP所属、そして環境大臣のNathalie Kosciusko-Morizetは、
そんな綺麗ごとは残念ながら通用せず、いかに原子力を安全に使うか、それこそが第1の課題なのだと言うのです。

番組の最後は、3月27日にフランスから日本へ飛び立ったある日本人女性について。
フランスに20年以上住み、夫や息子もいる彼女の実家は仙台。
自分の目で現実を見るため、フランスの家族の反対を押し切っての日本帰国です。
(飛行場にいたご主人は「気違い沙汰」だと言っていました)
知りたいのは放射能のことであり、食べ物のことであり、安全について。
事故現場から80㎞地点で、有機野菜農家を経営する家族の協力の下、
そこで採った野菜(しいたけや白菜など)をフランスのCRIIRADでラボ検査した結果
(CRIIRADEとは、政治的影響をまったく受けない独自の放射能専門委員会です)
非常に濃い濃度のヨウ素やセシウムが検出され、食用には適さない、という結果が出ました。


私がこの番組中、ずっと不快感を覚えたのは
「絶対に安全とは言えないはずだ」という問いに、誰一人返事をしないことでした。
完璧にコントロールされていなければ、壊滅的なダメージを生む原子力エネルギー。
それは悪魔に魂を売ったと同じではないか?というジャーナリストの問いに
あらゆる可能性を考慮した上で最大の安全対策を取る、と答えるフランス電力。
ありきたりで、もっともらしい、返事です。
しかし同時に、それには答えられない、答えはない、とも読み取れる偽善の表情を私は見ました。
それが、原子力の現実なのです。

原子力は次の世代に、残していいものでしょうか?
廃棄物1つにしても300年。。あとはよろしくって事ですか?
よろしくと言うなら、私たちには十分な知識が必要でしょう。何をよろしく、なのか。
何も知らされず、だましだましの安全のまま事故が起こってやっと気が付く、では未来を託せません。


まだまだ勉強を続けるつもりです。




**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ
[PR]

by moncheminparis | 2011-04-19 18:16 | 東日本大地震2011
2011年 04月 16日
ネコとイルカ
偶然見つけて、可愛すぎるのでこちらにも載せます。
こういうのを、萌~~~~っていまどきは言うんでしょうか??(笑)
イルカってやっぱり知性ある生き物。ネコだって。みんなちゃんと感じるものは感じて生きている。



こう言うの見ると、純粋にみんな仲良くしようよって思えませんか。
国が違ったり、人種が違うだけで問題多数な人間さんは、どうするべきなんでしょうね。


**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ
[PR]

by moncheminparis | 2011-04-16 12:15 | ネコ日記 chat
2011年 04月 15日
似てるね、系の話
ちょっと久しぶりに生徒の話を書こうと思います。
私には色々な年齢の生徒がいますが、大人の生徒さんも数人。仕事と両立してがんばってます。
その1人、先日パニック症候群?みたいになってしまった私を救った心臓専門医のAについて。

先日「こんにちはーー」とレッスンに行くと、とーってもうれしそうな顔で
ハルミ、君をみて前からずっと妙に親近感があったんだけど今日それが何故だか分かったよ!
って言うんです。

だってだって、キミは、ヨコヅナに似てるんだもん!


え゛え゛????ヨコヅナっすか?って言うかそれ言われてもピンと来ないし
って言うか、その以前にちょっと失礼???????


って一瞬どんな顔したらいいかわかんなくなったんですが
よくよく聞きなおしてみると、「ヨーコ・ツノ」という、ある物語のヒロインだ、という事でした。
ヨーコ・ツナ(まぐろのヨーコ)じゃないですよ。ツ・ノ!

フランスではbande dessinéeと呼ばれる、
日本語に訳すならたぶん「漫画」
でも、サイズ的に言えば絵本、に近い、けれども文字数がやたら多めで
子供向きからおっきな大人まで幅広い年齢層に多くの支持を持つ、読み物があります。
コレクションしてる人、多し。うちのフランス人君も他に漏れません。


で、話を戻しますが


そのフランス風漫画、の女主人公ヨーコ・ツノって女の子に私は似てるんだそうです。
画像は著作権などの問題ありだと思うので、リンクだけここに貼ります。気が向く人は見てください。
ちなみにマドゥモワゼル・ツノは、かなり有名でちゃんと専門サイトがあるみたいなんですよーーー。

Yoko Tsuno
DUPUIS出版

でも見た人は「え~~~??」って人が多数だと思うんですよ。。
実際私が、そうでしたから。
でも、うちのフランス人君に言うと、そうだね似てるね、って言うんですよね。
いわゆる、外国人がみた、アジア系ってこんな感じなんでしょうか…。


だいたい、似てるのは髪形だけじゃん!みたいな。

(死語→)ナウに言うなら「ボブ」、平たく言えば「おかっぱ」な私の髪型を、ここ1年ほど続けてますけど
初めておかっぱにした自分を鏡で見たときは「ちびまるこちゃん」だなって思ったんですけどね。
まるこちゃんのあの平たい感じ…顔の縦横は横のほうが長く、髪は黒、ま・さ・に。私!


心臓医Aは、とにかくそんな理由で私をとっても親しく感じているみたいです。
何せ、ヨーココレクションを喜んで見せてくれて貴重な第1巻を貸してくれた程ですので。
(ちなみに60年代に初版、今も続いているロングセラー)

話の流れでつい借りちゃったので、読んでみました。

内容は、と言えば。
何かと何かの化学物質が反応してドカーン、とか
地下に潜ったら宇宙人の住む街に着いてドヒャー、とか
とてつもない進んだテクノロジーの乗り物が出てきてビューン、とか
危険人物に襲われそうになってギャー、とか
宇宙人と心が通じ合っちゃってジーン、とか

まぁ、そんな感じの、アドベンチャー系です。女版、インディジョーンズ?
数々の危機をアジア系持ち前の冷静さで、鮮やかに切り抜け
他のぼけっとした男子2名を危険から救うのは、いつも彼女。
最後は3人で冒険トリオを組もう、という話で続きを予想させつつ、ヨーコは夕日の沈むほうに去って行くのです。
そこで「さっすが、ヨーコは<日出る国>からやって来ただけあるね!」
とか言う、なんか納得の行くような行かないようなシーンで第1巻は終わるのでした。。。


60年代でヨーロッパで日本人を主人公にする事自体が、当時はかなりめずらしかったでしょう。
だから、そんな終わり方でも仕方ないかな。イメージだもんね。


ちゃんちゃん♪



**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ
[PR]

by moncheminparis | 2011-04-15 13:10 | 日々のこと… d'habitude
2011年 04月 12日
シャンティー城
震災から1ヶ月。長い1ヶ月でした。海外に住む自分がこれほど辛かったのは12年来初めてのことです。
今日になり、また気になる、と言うか気持ちのやり場のないニュースが飛び込んで来ましたが
ブログでは、なるべくパリでの日常を書いていこうと思います。
こうして命ある自分に感謝して、毎日を楽しく元気で生きることが一番だと思うので。
時々ツイッターでは自分の気持ちをぶつけますが、中には見たくない方もいらっしゃると思うので
ここで前もってお詫びするとともに、私も自分を守り健康な精神でありたい気持ちの表れだと理解頂きたいです。


健康。何よりも大事なもの、ですが、今年からどうも花粉症を発症したようです。がーん。
自分の生まれた季節でもあり、大好きな時期なのになんで!と腹も立つ。
いやこれは一過性の風邪、などと自分を納得させてみようとしたのですが(笑)
花粉症ではないか、と思わせるこのタイミング。
ここ数日パリは真夏のような気候で、その訪れと共に体調不良が発生。
そして今日は多少曇り空なのですが、症状が楽なので…これは間違いないでしょうね。
パリに多い花粉症はマロニエ、らしいのですが、何せ今まで無関係で過ごしてきたので
何をどうして対処したらいいか、さっぱり検討も付きません。
花粉症アドバイザー並みに詳しい、母に電話して聞いたりしてました。。。


話は変わりますが最近新しくパソコンを購入。
新しいってすごいことです、早い軽い使いやすい、で驚き。楽しいですーー。
でもいろいろ使い勝手が今までと違うので、分からないことも沢山。
写真をサイズ変更してブログに貼る、のもいまいち…これでいいのか?という手ごたえ。
ちょっと今日試してみます。



で、やっと、ここでタイトルのシャンティー城登場。前置き、ながっ!


高校以来の友人が日本から遊びに来たので
週末はぶっつけ女子トークで盛り上がりました(笑)、日本語で思いっきり!ストレス発散!
日曜日は一緒にシャンティー城へ。
パリから北に電車で20分強、+駅から徒歩で40分(笑うしかない)というとーっても不便な場所にあります。
(タクシーだと8分ほどらしいですが「田舎なので駅にタクシーは待機してません」、と日本のガイドブックは書くべきなのでは。。。)
ルイ14世時代には「小ヴェルサイユ」と呼ばれ、優雅な時代もあったようですが
フランス革命で致命的に破壊され、その後オマール公、アンリ・オルレアンにより19世紀に復興されました。
革命で散り散りになった絵画などのコレクションを生涯かけて取り戻したオマール公の遺言により
城はコンデ美術館として公開され、そのコレクションは城から1歩も外に出ることはない、だけではなく
それぞれの配置も、当時のまま保存されています。オマール公の意地、が感じられる城です。

c0086674_18525736.jpg








こんな風に湖に囲まれたお城なんです~~。
なんだかおとぎ話みたいでしょ。
この外観が一度見てみたかったんです。
素敵素敵~と、大興奮。




シャンティーと言えば、エルメス杯などで競馬も有名ですが
城に隣接して厩舎とレース場があり、好きな人にはこれまた楽しい場所ですね。
ちなみに、厩舎と言っても想像を超える立派なものです。
何せ私たち、最初間違ってお城だと思って入って行ったくらいですから!




美術館、もう一度、今度は車で再訪してみたいなと。
何故なら駅から石畳を40分も歩いて、着いた頃にはかなり足も痛く。。。
追加料金で見られる、オマール公の住居部分、なども是非見たい。

それから、城の周りもひろーい芝生で、のんびりゆったりな空間が広がっているので
思いっきり肌露出して、日光浴(紫外線浴??)している人も沢山います。大丈夫か、キミたち。
個人的には、紫外線が苦手なので、あんな木の少ない場所でよく平気だね~と感心してしまうんですが
お好きな方は、ピクニック&お城見学&厩舎でお馬さんと仲良し~、なんて言う楽しい1日を過ごせると思います。

アクセス
列車 SNCF Chantilly-Gouvieux駅下
(パリ北駅 GARE DU NORD から発車)
オープン時間
3月から10月31日 10時から18時
11月から2月28日 10時30分から12時45分、14時から17時
閉館日 火曜日
公園は毎日開園



**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ
[PR]

by moncheminparis | 2011-04-12 12:27 | 旅 voyage
2011年 04月 05日
【重要】ハイドシェック来日ツアー2011 延期のお知らせ
4月5日付け、コンサートイマジンからの発表によりますと
ハイドシェックの来日公演が、東日本大震災の影響を受け、延期になりました。


以下、延期日程やチケットの扱いについての詳細をコピペで掲載します。
コンサートイマジン関係ページより

****************************************
エリック・ハイドシェック(ピアノ)来日延期のお知らせ

このたび4月に来日を予定しておりましたエリック・ハイドシェック ピアノ・リサイタルは
東日本大震災の影響により残念ではございますが、下記の通り延期とさせていただきます。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げますとともに、
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。


■東京・浜離宮朝日ホール <当初の公演日/4月21日(木)>
延期日程 → 11月21日(月) 19:00開演

■奈良・秋篠音楽堂 <当初の公演日/4月17日(日)>
延期日程 → 11月25日(金) 19:00開演

■東京・仙川アヴェニューホール <当初の公演日/4月30日(日)>
延期日程 → 11月27日(日) 14:00開演
※終演後の交流会も予定しております。


※お手持ちのチケットは、延期日にそのままご使用いただけます。


【払戻しをご希望のお客様へ】
払戻しをご希望のお客様は、以下の要領にてお手続きくださいますようお願い申しあげます。

■東京公演(4/21浜離宮朝日ホール、4/30仙川アヴェニューホール)

コンサートイマジン、朝日ホールチケットセンターにてお求めいただきましたお客様
→コンサートイマジンより払い戻しの御案内を差し上げます。

チケットぴあ、e+(イープラス)にてお求めのお客様
→コンサートイマジン 03-3235-3777 までお問合せください。

■奈良公演(4/17秋篠音楽堂)
主催元、秋篠音楽堂へお問合せください。
TEL 0742-35-7070
http://www.akishino-ongakudo.com/


※愛媛公演(4/27松山市民会館中ホール、4/28南予文化会館中ホール)につきましては未定です。






**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ
[PR]

by moncheminparis | 2011-04-05 12:00 | ハイドシェック来日ツアー2011
2011年 04月 01日
ハイドシェックによるチャリティーコンサート in ベルリン
災害の名称が『東日本大震災』と正式に決まったようです。
よってブログのカテゴリも変更しました。今後はこの名称で、関係記事を続けていきます。

さて急なのですが明日、ハイドシェックがベルリンでチャリティーコンサートを行う運びとなりました。
(いえ、決まったのが急なのではなく、私の対応が遅いだけです。。ごめんなさい)

どういう企画で、どこが主催で、その辺りをちゃんと掲載したいので何度も催促して色々な方面に聞いてますが
みな、それぞれ自分の事で一杯のようで、どうも良くわからないのが正直なところなんですが
(なにせハイドシェック本人も大忙しの大変なスケジュールなので詳しく話を聞くどころではない)
ハッキリしているのは、明日4月2日、ベルリンフィルハーモニー会場(おそらく室内楽用ホール)にて
次の内容でコンサートを行う、という事です。



2011年4月2日 プログラム
- ベートーヴェン:ピアノソナタ第25番 アラ・テデスカ
- シューベルト:楽興の時
- ショパン:遺作のエチュード&ノクターン ハ単調
- リスト:慰め 第4番&第5番
- ドビュッシー:前奏曲集第1巻より 第2、3、4番 &喜びの島



ハイドシェック夫妻はすでに数日前からベルリン入りしています。
たくさんの集客と、義援金がどうか、集まりますよう。
コンサートの様子など、おそらく夫妻から連絡が入ると思いますので
また続報をお伝えできたらと思います。


**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ
[PR]

by moncheminparis | 2011-04-01 20:07 | 東日本大地震2011