<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2011年 10月 24日
新学期
9月から始まった新学期も、Toussaint のヴァカンス(日本語なら万聖節)で一区切り。
10日間は授業がないので、わたくしめも自動的にヴァカンス身分となります。



フランスで教師をやってますと、本当に本当に、ヴァカンスが多く、年の半分は休みじゃん?って感じ。



それなのに。。。



他の職業の方々より、きっとものすごく恵まれた仕事リズムであるはずなのに…


ヴァカンスがやって来たとたんにガクーーーっと疲れが出るのは、一体どういうことでしょう。
もともと私は、とってもインドアな性格なので、外出しなくていいとなると、とにかく家にこもります。
そして寝る。。。寝て、ぼーっとして、1人で自由に。。。この過ごし方が私の一番のリフレッシュ法。

そんなこんなで、この2日間はぼんやり過ごしていましたが
昨日は遠方からやって来た友人に会うため外出。
どーしたのそんな疲れた顔しちゃて。晴れてヴァカンスなのに。と言われてしまいました。


で、そう言われたためさすがに私もちょっと考えることがあって…
今ふっと気が付いたのですが、新学期って実は半分くらいは仕事になっていないのではないか?
という疑問が。(ええええ?)
あえて言うなら、新学期とは、この新年度を起動に乗せるための準備段階。。。


学校が始まって1週目なんか、生徒は夏ボケで頭スッカラカン
事務のみなさまは、新しい年度が始まる前から準備なんかしてませんので、ぐっちゃぐちゃに混乱、
講師たちはヴァカンスの間にリフレッシュし過ぎてなかなかエンジンがかからず…

いや別に…
告げ口しているつもりはないんですけどね、
なんかこう、それでいいのかみんな!と言いたくなる機会が何度もありました。
私なんか生粋の日本人ですから、新学期!ハイ頑張ります!みたいな気持ちが満ち満ちてしまうのですが
あまり鼻息あらいと、かなり浮きます…そして空回り…


だからって、みんなふざけているわけじゃないんですよ。
みんなそれぞれ、自分の出来る限りは(ここがポイント)頑張るのです。
でも、出来る限りの範囲がそれぞれ全然揃わないため、足を引っ張り合って物事は進まないのだけど
それでも何とかなっちゃう…え?そういうのもあり?と段々こっちも染まっていき…


フランスは、そういう新学期です。



きっと。


今私が疲れているのは…




レッスンや生徒に疲れたのではなく
切り替えの出来ないフランス全体の新学期の準備の悪さに振り回されたため、と思われます。
いわゆる、不完全燃焼。



えーい!
リフレッシュして、ヴァカンス明けはビシバシやるぞーーーーー!!





(カラカラカラン…)←すでに空回っている音




**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2011-10-24 18:00 | 日々のこと… d'habitude
2011年 10月 22日
ハイドシェック新譜情報♪♪
あと1ヶ月程で、ハイドシェックの来日ツアーが開始しますが
その前に…最近の新譜情報を2枚。


***********
Hommage à Rouget de Lisle
-Paraphrase sur le thème de la Marseillaise à la manière de 23 compositeurs

c0086674_0131622.jpg


仏Intégral Classicレーベルより発売
リンク先→

ハイドシェックファンならおなじみの自作曲「ラ・マルセイエーズによるパラフレーズ」
の再版もの(すでに1988年に録音済み)に、さらに新曲が追加された1枚です。

ラ・マルセイエーズとカップリングされているのは
来日ツアーでも演奏予定の、やはり自作曲
「Les Dunes」(砂浜)~ミシェル・ベナールの詩による
「La Ballade des Dammes du temps jadis」(過ぎし日の令夫人たちのバラード)~フランソワ・ヴィヨンの詩による


どちらも2008年に作曲されたものです。
ちょっとだけ…コメント。個人的な思い出で申し訳ないのですが…
ちょうど出来立てホヤホヤの頃に書き上げたばかりの楽譜とともに聞かせてもらったことがあるので
こうしてCDとして世に出るのは、とても感慨深いです。。。

新曲たちと、ラ・マルセイエーズの「ヒンデミット風」は(連弾)
パリのスコラカントム音楽院で最近録音されたもの使用されています。
ヒンデミット風の連弾のお相手は、もちろん、ターニャ夫人です♪


***********

N響85周年記念シリーズ⑦ ハイドシェック&デルヴォー
c0086674_0311752.jpg


キングインターナショナルより発売
リンク先→


モーツァルト:ピアノ協奏曲第24番ハ短調K.491
ヘンデル:ハープシコード組曲第7番ト短調HWV.432~パッサカリア
サン=サーンス:交響曲第3番ハ短調Op.78《オルガン付き》
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲&夜想曲より《雲》《祭》
デュカス:魔法使いの弟子
ラヴェル:道化師の朝の歌&ボレロ

エリック・ハイドシェック(ピアノ)、アンドレ・イゾアール(オルガン)、
ピエール・デルヴォー指揮 NHK交響楽団
収録:1978年11月8日、15日、17日NHKホール

若き日のハイドシェックの、ライブで、しかもモーツァルト!
これも、弟子のよしみで(笑)一足先に音源のみ聞かせて頂きましたが
もうこれでもかと…噴水のようにファンタジー溢れ出る素晴らしい演奏です。
オススメ!

ちなみに、またまたワタクシごとですが
このCDのプログラムノートの翻訳を担当しました。
目を通していただけますと幸いです。

**********


実は、新譜の2枚には隠れた共通点が。
演奏を聴いて、プログラムノートを読んで、分かった方には


・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・



いえ、特に別に・・・何も出ませんが(おい!)

そんな楽しみ方もありますよ、というちょっとした、ご提案でした。



**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2011-10-22 17:43 | ハイドシェックの録音
2011年 10月 04日
とある日の東京滞在
c0086674_17472081.jpg

日本滞在も終盤戦…


時間を気にせず東京に滞在してみたい!
と、フランス人様が仰せになるので。


東京に宿を取って1泊。


せっかくだからと
乃木坂に住む出産直後の友人を訪ね…
その後、表参道でランチ。




*オッサレーなオーガニックカフェにてランチタイム*
c0086674_17534381.jpg

エヌアールテーブル
サイト→






狙って行った訳ではないのですが
鼻が利くワタクシ、ここは!と直感で決め。
良いです。有機お野菜たっぷりメニューです。
表参道お気に入りレストランに追加!

女性1人でもOKな雰囲気。
店の外観は目立たないです。
ブティックの上階にひっそりと。。



その後ぶらぶらーとお散歩。
ほぼ一目ぼれで見つけたバッグを買ったり…
この日、フランス人氏、ユニクロコラボのとんかつまい泉のTシャツを着ていたため
同レストランの前を通りかかった私たちを工事中のおっちゃんが目ざとく見つけ
暑い中お疲れ様です~~と何故か世間話(笑)。


*宿泊先は、浅草でーす*
c0086674_1864713.jpg

ラッキーにも伯母から優待券をゲットし、
公開間近の東京スカイツリーを目の前に大パノラマ!
なホテルにて宿泊。
いやーーー。いー天気ですねーーー。

ちなみに。
先日の地震で、スカイツリーの先っぽが
さすがにぽきっと折れてしまったと聞きました。
でも、あんな巨大な縦長のものが、
あの震度で…耐えられるってすごいことだ!
とフランス人様はたいそう感動してました。


さて涼しい室内でちょっと一休みのあとは
性懲りもなく、また外へ。(笑)

ニコラ希望により「東京で自転車に乗りたい」とお達しがありましたため。
インドア派の私、しょーがなくお付き合い…


*台東区のレンタサイクルを利用*
c0086674_18152154.jpg

24時間で、300円。
なので日をまたいで翌日まで借りっぱなし。
書類に記入して、身分証明を見せたら誰でも借りられます。
窓口の、のほほーんとしたおじちゃんが色々教えてくれて。
この辺り、歩道を走ってもいいのか?とか。
わかんないことあれば何でも聞いてって感じがいいです。



自転車であちこち夕暮れ時の浅草を散歩。
前にも行った同じ店で、ご飯茶碗をゲット。
そこで歩道に陣取るへんなおっちゃんに絡まれ、えーと困っていたら
店のおばちゃんが、あんた!めいわくだよ!と一喝。
この人頭へんなんだよ、とかってもうすごいハッキリと…(笑)。逞しい。さすが下町。

夕方で人が少なくなった仲見世を冷やかし…
暗くなって写真もあんまり撮れないねーーと話していたら。
すごいタイミングでライトアップが始まり。

c0086674_1824057.jpg

昼間とは違う風情で、
なかなか良い夕暮れ散歩でした。

この辺り猫も多く。
ご飯をもらえる時間帯と言うものがあるらしい。
にゃごにゃご、たくさんいました!
愛猫家の方々も見かけましたよ。良い風景。

自転車で広範囲をうろうろ出来てなかなか楽しく
時間もあっという間に経ってしまいます。
お腹もちょうと空いてきたし…


というわけでホテルに戻り夕食。



優待券にセットになっていた夕食から、お寿司をチョイス。
これがビックリのボリュームで…もちろん美味しく…
食後、近所の銭湯に行く予定だったのに…
食べ過ぎてひっくりかえって部屋で寝てしまい、この日はお終い!


翌日…



また自転車で早朝散歩。
スタバでカフェしながら。新旧交わるこの界隈、いいなぁ。

こんなレトロなバスも通ってます。
c0086674_18295617.jpg

(ポラロイド写真風になる画像ソフトで遊んでみました)



どうしても食べてみたかった亀十のふわふわどら焼きも無事ゲット。
(ほとんど、食べてばっかり) これかなり美味しいです♪オススメ。
行って見たかったかっぱ道具街にも足を伸ばしました、色んなものが安くって楽しいーーー。


その後レンタサイクルを返還。
え、まだ乗れるよ?とおっちゃん。
うん、でも私たちもう帰るの。ありがとね!とバイバイ。


そして日本橋で叔母と待ち合わせて…


まーた食べとんのかい!!!
c0086674_1834295.jpg

老舗うなぎやさん「大江戸」で、
江戸前うな重。さっぱり、ご飯は固め、
名古屋のひつまぶしとはまた違うオイシサ!

ちなみに、
滞在中食べたもの勝手にランキングbyフランス人氏 によりますと
ここのうなぎが今回はナンバーワンだそうです。
私もそう思う。とにかく美味しかった!
さすが、食いしん坊な叔母のセレクトだけあります。



その後秋葉原のヨドバシカメラ…
iPad 2 を買う買わない。。。なんじゃかんじゃ。。。
(結局買わなかった…)


盛りだくさんな東京滞在でありました!



**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2011-10-04 11:46 | 旅 voyage
2011年 10月 03日
日本と言えば
前回の続き…


さて、下賀茂神社からもうちょっと行った先、出川柳駅から
叡山電鉄線に30分ほど揺られて…すっごいローカルな雰囲気。
そしてだんだん秘境っぽくなる風景…山、緑…気温もちょっと涼しくなってきたぞーい。

*あらわれた天狗!*
c0086674_2242188.jpg

天狗と言えば…


鞍馬。


鞍馬と言えば…


おんせーーーん♪

ブログタイトルの答え



改めてネットで調べてみますと
「大自然の中で高くそびえ立つ山々を眺めながら露天風呂に入れる、秘境のような鞍馬温泉。
山のもの、川のものを堪能しながら自然とたわむれて、ゆったりとした時間を過ごしてみたい。」

とありますが、まさにそのとーり。
ここで私はもちろん堪能。温泉って究極のリラックスですよね。
自然の中での温泉初体験なニコラ氏、人生変わっちゃいました。
おいおい日本人は、こんないいことしてんだ!

始めは露天風呂だけお手軽コースにしようと思ったのですが
あまりにもいい感じなので、内風呂+露天+休憩所&ゆかた付きというのんびりコースに変更。
これが大正解♪
露天風呂はもう…目の前に自然がだだーん、ヒグラシなんか鳴いちゃって風情たっぷり。
内風呂では思う存分身体を磨けます、だってすごく空いてたんです~~~ラッキー。
そしてパノラマ広がる休憩所は好きなところへ布団敷いてごろーん。本気で寝る人、それは私たち。


ま、このお話には実は前置きがありまして。
さすがのニコラも、いきなりみんなの前で1人でスッポンポーン、は困っちゃうだろうと
実は友人宅の近くの銭湯で、洗礼を受けてあったのでした。
さすがに男風呂に私はついていけませんのでね。。友人にお相手してもらい。
出会ったその日に裸の付き合いって、西洋人の彼には多分とっても奇妙な経験だっただろうと思うんだけど
最初の2分くらい、ちょっともじもじした後(笑)、あまりにもみんなあっけらかんとしているので
なんだかどうでもよくなり、後はもう…あれですよ、郷に入ればなんとやら、長いものには巻かれろってね。
風呂上りはもうそれこそ、見たこともないくらいお肌ピッカピカしてました。鼻の頭つやつや(笑)。
1度で病み付きになってしまい、私たちはそれからと言うもの滞在中はほぼ毎日、銭湯に通ったのでありました。


と言うわけで、日本の風呂にすっかりなれてしまったフランス人は
私の心配をよそに
(実は内風呂と露天が繋がっておらず、一度外に出る仕組みのため
きっと分からないだろうと思って内風呂付近で待っていたのですが…)
露天のほうからゆかた来て下駄履いて頭に手ぬぐい巻いてる外国人が来るわーと思ったらそれは、本人でした。。
その順応性、そのくつろぎよう。あっぱれ。


ちなみに、温泉の味をしめてしまったニコラは
埼玉に戻ってもどうしても我慢できず…
仕方がないので、近場で温泉ランド系を色々と発掘し
あるときなどは、1人で!ローカルなバスにのって出かけてゆきました。
次の日本旅行の計画もハッキリと決まったようで。
「次回は、温泉旅館に泊まり、ひたすらのんびり、そして風呂。満喫したい~~」
だそうです。。


とにかく、ニコラがキャーキャー言わずとも。
鞍馬温泉はとても良いところで、忘れがたい思い出となりました。
京都市内よりもちょっと涼しいし。暑さでうっへーーーな時、リフレッシュになると思います!


*ここも見ておきたかった伏見稲荷*
c0086674_248577.jpg

この鳥居の通り道
やっと実物見られた!と喜ぶニコラ。




この日も暑い暑い日だったため
京都府民のアドバイスに従い
首にアイスノン巻いて。。

近所の中華料理がうまかったわん(笑)



とっにかく暑いし、友人夫妻&幼いベベちゃん一緒だったため
ここからタクシーでセレブ移動(笑)。

着いた先は…



*三十三間堂*
c0086674_2511978.jpg



境内撮影禁止のため…外観のみ。

千体の観音立像…圧巻!のひとこと。
まるでそこは、観音様の森のようでした。
素晴らしいです。

ふとした疑問。
同じ場所に祭られる風神様たちには
日本語と英語で説明のパネルが設置してあるのですが
どー見ても、英語の方が説明多い。
何故に、日本語のほうはあんな簡潔なのかな?
日本語ガイドさんのお仕事減らさないためかな?なーんて(笑)




*最終日には京都名物、錦市場へグルメ散歩*
c0086674_2585823.jpg
あっちこっち冷やかして
試食したり、店のおばちゃんと話したり。
色とりどりの和菓子を好きなだけ選んだり。
丹波の黒豆の炒ったの、有名な厚かつお削りもゲット。
おまけね!なんてひとつかみ余計に入れてくれるあたり、さすが関西。

日本人が見ればすぐピンとくる食材たちも
ニコラにはもう摩訶不思議な世界が広がっているので
あれなに、これなに、とまるでちびっこと一緒に歩いているようでした。




楽しかった京都。
友人の気の効くことったらもうすごい。
彼らのお陰で、満喫につぐ満喫な滞在となりました。
またお騒がせしに行くからね~~~~♪ありがとう!


**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音


*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif
[PR]

by moncheminparis | 2011-10-03 20:19 | 旅 voyage