<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2014年 12月 15日
夏のヴァカンス:バスク地方 その2
c0086674_18514042.jpg


サン・ジャン・ド・リュズ市内のマルシェで見かけた
立ち食いメインの簡易レストラン的なお店。
色合いが気に入って思わず撮った写真。


この写真にも見られる独特のフォントは(バスク文字??とでも訳せばよいのか)
他でも色々なところで良く見られました。
ポップでクッキリ読みやすい。可愛いです。

c0086674_18584074.jpg

こちらはフランスではポピュラーな銀行。
銀行名の書体がバスク風になってます。
建物の赤いアクセントも効いてる。
まるで銀行じゃないみたいー。




c0086674_1925856.jpg
こちらは赤唐辛子で有名な
エスプレットにて。
バスク文字と、唐辛子。

ちなみにこの唐辛子、
辛味は弱くデリケートなスパイス。
味に深みを出す隠し味的な存在と私は思っています。
プーレ・バスケーズ
(唐辛子をトマトソースに加えて鶏を煮込んだお料理)が有名。
↑↑うみゃい♪ &わりと簡単なので自分でも作ります


c0086674_1974212.jpg

とにかく唐辛子が有名なので
街のあちこちでこのように
束ねられて飾られたり売られたり。



c0086674_19132052.jpg

一番圧巻だったはここかな。
壁一面が、とーがらしっ!
赤と黒に金文字のコントラストが高級感。

でもね、ここ、壁は唐辛子なのに
店内はお菓子屋さん。



へ?と一瞬不思議に思ったのですが
良く見たらここはお菓子やと惣菜やが両立しているお店でした。
バターをこれでもかと混ぜ込んだ焼き菓子:ガトーバスクが有名。
作る過程は見ないほうがいいという、、、う わ さ 。。。

間に黒さくらんぼのジャムが挟んであるのが伝統的なレシピと聞きました。
クリーム入りとかも、美味しい。
これ食べらた太るだろうなぁーとか、考えないで味わうべき。


c0086674_19214950.jpgエスプレットにあるこの店で
お土産などを少々買いました。

有名なアペリティフ酒、Gratte Cul も。
酸味甘みのバランスよい飲みやすいお酒ですが
このネーミング。

「かゆいお尻の穴」   

え、なんですって???
(おそらく原料になる果物の形がそれっぽいから)

他にも色々と下ネタ的ネーミングのお酒があって
ください!と言うのもはばかられるような。。。
でも店員のお姉さん(美人)は全く躊躇せず
放送禁止用語をにこやかに駆使。いやはやー。




では。

お尻の穴と言われるとそればかり考えてしまいますので
ここらで仕切りなおし。

【世界の車窓から】的な上品な写真で気を取り直しましょ。
c0086674_19274886.jpg

ちょっと足を伸ばして
スペインの国境あたりまで。
クラシックな列車で山の斜面をのんびりとーーー。

c0086674_193144.jpg



山の途中にあるラ・リュヌ駅から出発です。
この日は良いお天気。
紫外線に、、、ちとやられました。
(私は紫外線アレルギー)



c0086674_19335170.jpg

登りと下り列車が途中で出会う場所。
いってらっしゃい!と、どうだった?が交流中。

この列車。
キュンとしませんか?
あたたかな木造で、
ドアなどはみな人力で開閉するのです。



c0086674_19363616.jpg

到着した私達を出迎えるのは
こんなパノラマ。
向こう側はスペインです。

ちなみに反対側を向くと海。

この大きな岩に座ってひたすら、ぼー。。。




ちょうどここにいた頃、実は1つ心配事があって
うーんどうかなぁーーと考えていたら
携帯に良いニュースが入り、ホッとしたタイミングでこの景色。

すごく心救われました。


さて駆け足でご紹介しましたバスク地方。
また行けそうな雰囲気もあるので今後が楽しみ。
次回は国境を越えてスペインにも行ってみようかなー。




**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2013
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音
*****************************************************
 音楽ブログランキング 応援クリック、シルヴプレ
[PR]

by moncheminparis | 2014-12-15 11:47 | 旅 voyage
2014年 12月 08日
夏のヴァカンス:バスク地方 その1
師走の真っ只中に季節はずれの夏のヴァカンスの話ですが
お付き合いいただけましたら嬉しいです。

この夏のフランスはあまり気候に恵まれず
太陽と青空を求めて南へ下っても、国境を越えないと(イタリアとかスペインまで)
青空が安定せず、ちょっと残念。
(国境を越えた方々からの自慢話は数々聞かされました、、、)


さて、8月の末に選んだバカンス地は、スペイン国境付近のバスク地方。(フランス側)
大らかな自然と美味しい食べ物、独特な文化を味わうことが出来るバスク地方。
天気の不安定さを除いては大満足のバカンス。良いリフレッシュになりました。



c0086674_0194211.jpg



のんびり、おおらかなビーチ。
この日は晴天!


c0086674_0211497.jpg


わたくしのバカンスの家へようこそ。



(うそ)


c0086674_0215924.jpg


間違えましたこっちがわたくしのメゾンでしたわ。







(うそ)


サン・ジャン・ド・リュズ市内には赤をポイントにしたお家が多いのです。
この地方の名産品、唐辛子にインスピレーションされたのかな?

c0086674_023443.jpg


おほほ、、ようこそ。。。。←しつこい








(本当は、作曲家ラヴェルの生家。サン・ジャン・ド・リュズの隣町、シブールにて。)


c0086674_0285233.jpg


やっとワタクシの、、、(誰かとめて)


c0086674_0302159.jpg

妄想はとまらない、、、、(やっと妄想だと認めた)



この2つのお家は、ゲタールにて。
サーフィンで有名な港町。
住宅地は高台になっています。
海辺に住むなら安全性から、やっぱり高台だよね。
なんて要らぬ相談をする私とニコラ。

夢は大きく持ちましょう。

ゲタールはかつて、大変有名なクジラ漁の街だったので
c0086674_0332993.jpg

街の道路標示モチーフに使われています。



美味しいものも食べました。
c0086674_036846.jpg

ホタルイカのグリル、パプリカ風味。
ホタルイカの仏名はシピロン。
こういうの食べ始めるとワインが止まらない、、、

やわらかーくて、とっても美味しい。
この類の料理、何度も食べました。



c0086674_03921.jpg鯛のグリル
c0086674_0393097.jpg赤ピーマンの詰め物

c0086674_0422954.jpg手づかみでワシワシ!
いろんな魚介のグリル(これが一番!)



c0086674_044559.jpg

ゲタールのマルシェにて。
その日の朝採れた天然物ばかり。貴重!


まぐろ、ムール貝、海老さんを買って、その日は、鉄板焼きにしましたー。
キッチン付きのお家を借りていたので、、おほほのほ。



なんちゃってうっそー。
実は今回、ボルドーに住む友人カップルと、まさかの、、、キャンプ再トライ!
鉄板焼きはキャンプ場にてワイルドに行ったのであーる。


もう2度とするまい!と心に誓ったあの日から6年 →「あの日」


我が家のおサルさん、反省を活かして頑張りました。
私は直前まで日本へ帰省していたため1人で入念に準備。
私がまた再度大爆発を起こさないように...。
(あの時別れていてもおかしくなかった)

まぁ、結果から言いますと、全然大丈夫でした。
キャンプ場そのものの清潔度が高かったのと
海の側なので、山のキャンプ場みたいに怖い虫とか恐ろしい真っ暗闇もないし
すでに現地を良く知るカップルと一緒だったので、精神的にすごくラクでした。
2人には感謝感謝。



ヴァカンスブログ、続きます。。


**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2013
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音
*****************************************************
 音楽ブログランキング 応援クリック、シルヴプレ
[PR]

by moncheminparis | 2014-12-08 17:04 | 旅 voyage
2014年 12月 02日
師走のパリでハイドシェックマスタークラス開催中。

長いことブログを留守にしていました。

こうなってしまうときっかけがないと。。。


という訳で再開にはやはり

元気なエリック・ハイドシェックの話題が一番と思います。


さてフランスもいよいよ昨日より師走!

ランチにご招待いただき、師走に師匠に会う。タイミングバッチリ。


相変わらず元気一杯オロナミンC並みの師匠ですが
現在、パリ市内で毎週1回のペースで
ベートーヴェンのピアノソナタをテーマに
マスタークラスが全8回に渡って行われています。

第1回目はもう終わってしまいましたが
2回目以降のスケジュールを掲載しますので
ご興味ある方は足をお運び下さい。



2014年:12月4日(3番&13番)、12月18日(6番&11番)
2015年:1月15日(7番&15番)、1月29日(5番&26番)、
     2月12日(9番&30番)、2月26日(23番&31番)、
     3月12日(25番&32番)


全日程、木曜日の夕方18時開始です。
聴講には予約が必要。


電話:01.43.26.44.81(Espace Philomuses)
住所:55 Quai des Grands Augustins,75006 Paris



写真は今週の木曜日のプログラム、
ピアノソナタ第3番1楽章の冒頭を披露中のハイドシェック。



ところでこの写真で着用の袖なし上着。日本の袖なし羽織のような形。

日本のご友人の方に頂いてからずっと愛用しているそうですが

あまりにも気に入って愛用しすぎて、ついに先代を着倒してしまったので

最近になって特注で、フランスで型紙から起こして作り直してもらったそうです。


軽くて肩も冷えないし。

オリジナルでもあり、とても似合ってますよね。

実用的かつシックですねーー。バッチリです。


今日から師走!なので師匠に会いました。なんちゃって。注:師匠とは、FBの友人のみなさんはご存知の方も多いと思いますがピアニストのエリック・ハイドシェックのことです。元気一杯オロナミンC並みの師匠ですがパリ市内で毎週1回のペースでベートーヴェンのピアノソナタをテーマにマスタークラスが全8回に渡って行われています。第1回目はもう終わってしまいましたが2回目以降のスケジュールを掲載しますのでご興味ある方は足をお運び下さい。2014年:12月4日、12月18日2015年:1月15日、1月29日、1月29日     2月12日、2月26日、     3月12日全日程、木曜日の夕方18時開始です。聴講には予約が必要。電話:01.43.26.44.81(Espace Philomuses)住所:55 Quai des Grands Augustins,75006 Paris写真は今週の木曜日のプログラム、ピアノソナタ第3番1楽章の冒頭を軽々と弾きたいものの、このパッセージって指が絡まるよね、、とちょっと不安になったのか結局何回もさらって夢中になってる師匠の画です。あ は は !


**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2013
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音
*****************************************************
音楽ブログランキング 応援クリック、シルヴプレ
[PR]

by moncheminparis | 2014-12-02 20:24 | ハイドシェック en France