<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2015年 02月 09日
祈り Prière .....
c0086674_344663.jpg










憎むは人の業にあらず。
この言葉を暖め続けたい。





**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2013
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音
[PR]

by moncheminparis | 2015-02-09 03:47 | 日々のこと… d'habitude
2015年 02月 03日
ある生徒のこと 
9月の新学期から私は以前から勤務を勤めているコンセルヴァトワールにて
新しいクラスのピアノ講師へ選任されました。

新たな出発と共に、私に1つ、課題が課されました。
「自閉症の子供を教えてもらえないか」

勤務先ではなるべく積極的に障害のある人たちにも音楽を学んでもらおうと
数年前から少しずつではありますが、環境を整え受け入れの準備をしてきました。
何故私に白羽の矢が立ったのか。私よりもっと経験のある講師もいるのです。

何をもって判断されたのか私には分かるような、分からないような
自分でも自問自答し、何となく出来るような、出来ないような。
言葉の壁はあまり、気になりませんでしたが
少し心配したのは、その生徒は「難しいタイプ」の子供で、
相手を試すようなところがあると聞いた時でしょうか。

私がたった一人でその生徒を見るのではなく
障害者専門の先生のサポートもあり、無理ならやめてもいい、
という条件で、とにかくまずは受け持ってみることに。
サポートの先生と、ノート交換して情報を共有することにもなりました。

もともと私は、初めての経験に恐怖を感じないお気楽人間です。
やってみないとわからない、実践あるのみで今までやってきました。
自閉症について少し調べたり、周りに話を聞いたりして、少しだけ初めてのレッスンの準備をしました。

初めて現れた彼は10歳の男の子。お母さんと一緒にやってきました。
目を全く合わせません。落ち着きがない。私の話が伝わったかどうかの判断が出来ない。
音符を読むのは難しすぎて出来ない。なんでも耳で覚えてしまおうとします。
レッスンは30分。手ごたえと言うものは感じないまま1回目のレッスンは終わりました。

2回目は、お父さんと。
お父さんはレッスン室に入りません。
入ってもらおうかと一瞬迷いました。
でも、2人きりだとこの子はどうなるのか、興味があったのでそのまま進行。
案の定言う事は聞かず、好き勝手にピアノを弾こうとします。信じられない大きな音で。
私は言いました。そんな大きな音は好きではない、と。
その時初めて、彼は私の目をちらっと見ました。
ピアノを乱暴に扱わないで、私の友達だから、優しく接して欲しいともう一度頼みました。

その日は、それ以降乱暴な音は出さなくなりました。
でも2人きりのレッスンは、何かを教えるという事は出来ないまま終了。
あまりにも集中力がないので、静めて待つ、その繰り返し。
後で聞けば、何でもその日の午前中にワクチン接種をして、腕が痛かったことから
自分の感情コントロールが出来なくなり、その波を午後も引きずったのではないかという話でしたが。。

私に出来ることって何ナノかなーーーーと正直、2回目にして自信がなくなる。


3回目のレッスン。
ボンジュールハルミ、と名前を初めて呼ばれました。
前回のレッスン終了時、レッスン室に入るときには挨拶してね、そして静かに入ってねと約束。
ちゃんとそれが出来た。その日の彼は落ち着いていて、やっとレッスンらしき雰囲気に。
わかるかな?こうでしょ?話しかけると時々、私の顔を見るように。
苦手なことは少しずつ分けて教える。今回ダメなら次回に持ち越す。
出来たことを心から褒める。笑顔が見えるようになりました。
間違ってもいいよと伝える。
少しだけ自由に好きな曲を弾かせる時間を持たせることも始めました。

レッスンの方向性が少し見えてきたのがこの頃。


その後現在も進行中。


最近は彼の笑顔がますますいい感じです。
忍耐強さのようなものが、少しずつ育っているような印象もあります。


調子が良ければ、自ら少しだけ音符を読んだり、伴奏を見つけたり、リズムを作ったり。
上手くできたら、私と拳をあわせて「チェキ!」ってするのが最近の約束です。
浮き沈みはあります。ダメな日はダメ。そう言う日は、静まるのを待ちます。
寄り添って様子を見つつ指導する。関係を少しずつ築く。

私は障害者に対して、専門でもなく知識もありませんので
何が正しく、何が間違っているのかはわからないのです。
学長に「どう?」と聞かれても、「私には判断が出来ない」としか答えられません。

彼の両親と話す雰囲気では、多分、、、、相性は悪くはないのかもしれないのですが
レッスンとしてのクオリティーは私は正直、未だに全く、自信がありません。
1つだけ言えるとしたら、彼はすごく努力してくれていると感じています。



コンセルヴァトワールでは1年を2回に分けて成績付けをするのですが
前期の評価を書き終えて、まずはここらで一区切り。


続く、、、、



**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2013
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音
*****************************************************
[PR]

by moncheminparis | 2015-02-03 14:41 | ピアノ piano