2018年 07月 12日
ハイドシェック新譜 BBB

ハイドシェックの来日に先駆けて発売されたCD。
公演会場でも発売していたはずなので、入手された方も多いと思います。
(*まだの方のために、リンクを貼っておきますね)→Eric Heidsieck BACH-BEETHOVEN-BACH

このCD内の曲目解説はハイドシェック自身のオリジナル文章で日本語翻訳は私が担当しました。
ハイドシェックらしい、おしゃべりな曲目解説。
本人らしさを最優先に、日本の皆様にハイドシェックの今をお伝えしたつもりです。
是非、文章を目にしながら演奏を聴いて下さい。
ハイドシェックの世界観をより身近に感じられるはずです。
c0086674_00312843.jpg


















レーベル会社様から私のフランスの自宅へ送って頂き、現物を手にしてちょっと感動。
演奏はベートーヴェンをバッハでサンドイッチした、BBBプログラムで構成されています。
ハイドシェックが何度も演奏とマスタークラスをした草津国際音楽アカデミーの実行委員長であった
遠山一行氏(音楽評論家)へのオマージュとして捧げられたCDでもあります。

私事ですが草津と言えば、、
もうすでにあちこちで書いたり話したりしているので詳しくは書きませんが、
私がハイドシェックに初めてレッスンをして頂いたのは草津国際音楽アカデミー、98年のことでした。
ハイドシェックが初めて草津にやって来た年です。
世の中にこのような人がいる事が衝撃、しかしそれでいて暖かな出会いでした。
レッスンで運命の稲妻に打たれた私は後先考えずまっすぐフランスに来てしまった訳です。

あれからもう20年。
遠山先生のお力が無ければ、実現しなかった出会いです。
お会いしたことは無いのですが、、、ここで心より感謝申し上げたいと思います。
私の人生は草津ですっかり変わりました。私の中ではエリック前、エリック後、と呼んでいます。
CDの翻訳を依頼されたとき、この20年が走馬灯のように駆け巡り、暖かな気持ちになりました。
機会を与えて下さったA様、ありがとうございました。

******
さて、CDの内容です。
どこからどう聴いてもハイドシェックらしい音色、ペダリング、アナリーゼ。
こだわり抜いたハイドシェックの世界が時に濃ゆく、時に軽やかに広がります。
82歳であんな可愛く弾けちゃうの!ふふ!みたいな瞬間もあるし。
でも、詳しくは、みなさまそれぞれのお耳にお任せした方が良いかもしれませんね。

パッケージにレーベル会社様のこだわりの部分があるので、ブログではそれをご紹介したいと思います。
c0086674_00563429.jpg














c0086674_00590305.jpg




CDに印刷された絵柄、
とても素敵だと思いませんか。

よく見ると、植物に囲まれた蝶々のような。






これ、実は、、、




c0086674_01060459.jpg





ハイドシェック自作の壁画を使用したものなんです。
この色合い!タッチ!
実にのびのびとしていて、チャーミング。

ちなみにハイドシェックは
蝶々通りという可愛い名前の通りにお住まいでもあります。















ご自宅の入り口は他にも沢山の自作の壁画や愛らしい植物に囲まれていて
ハイドシェックの大好きなブルターニュの海の壁画なんかもあります。
c0086674_01072274.jpg



ようこそボクの家に!

【ち・な・み・に。
40周年来日記念ツアーの際に
ハイドシェック自宅録音の特別プレゼントCDがあったのを
覚えていらっしゃる方いるかな?
表紙に使用するために私が撮影したプライベート写真なのですが、
後に、とあるフランスのレーベルから発売されたCDに何故か転用され、
私もハイドシェックもビックリ腰を抜かしたという曰くつきの写真です。
綿入れの半纏着たマエストロ、、、、笑。。】


勝手に転用するなーーーー
とここで、ちょっとつぶやいてみる。。







c0086674_01245188.jpg

このプロフィールも
本人のこだわりがあります。

ハイドシェックのキャリアで重要な部分を占める
「全曲録音」について。

それから、日本に初来日するきっかけとなった
指揮者の渡邉暁雄さんについて。

現代曲レパートリーでも特に
マルセル・ドラノワについて。
何故なら、この曲が今回の来日公演の共演者
マエストロ田部井剛さんとの出会いのきっかけだから。

など!



c0086674_01313541.jpg


遠山慶子氏のエッセイ。
















c0086674_01324606.jpg




















c0086674_01355090.jpg














ハイドシェックのCDに私の名前。。。。
じーーーーーーーーーーーん。。。。




さ、長くなりました。
この辺でおしまいにします!


**ブログ内ハイドシェック情報**

[PR]

# by moncheminparis | 2018-07-12 01:55 | ハイドシェックの録音 | Comments(0)
2018年 07月 10日
82歳。新しいハイドシェック。
ハイドシェックの来日50周年記念ツアーが幕を閉じました。

82歳にしてさらに驚くべき進化を遂げたハイドシェックの演奏が各地で多くの感動を呼んでいます。
今回のプログラム。円熟という言葉のみではとても表現しきれません。
実はとってもフレッシュで新しいハイドシェックなのです。
生まれ変わった、、、と書いても決して大げさではないと私は思います。
8月に82歳を迎えるハイドシェックは、長く生きた分多くのみなさんと同じようにやっぱり人生色々です。
いつも超絶好調で、ハッピーでいるわけでもありません。
辛いほう、悲しいほう、暗いほうに引き寄せられる事もあります。
しかし、振り返ってみたらどんな経験も素晴らしい宝物だ、と言い切るハイドシェックの勇士が、
あの美音となり、音楽となってみなさんのそれぞれの心の弦に触れプライベートな部分に共鳴し、感動を呼ぶ。
光と影、両方色々あってこそ、人生って素晴らしいんだよとハイドシェックが教えてくれる。

最高の人生賛歌ではありませんか?

私は残念ながら今回のツアー、自分の耳で聞いていませんが、
現地の優しく情熱的なハイドシェックサポーターのみなさまから
どこよりも早い、超速報状態で(笑)毎回様子を教えていただいていました。
おかげさまで、パリでマエストロの吉報を待つ奥様のターニャさんが
安心した気持ちでこの2週間を過ごすことが出来て、私もホッとしています。ありがとうございました。


そして最後になりますが、このブログやSNSを通して沢山の方よりメッセージをいただきました。
数々の心優しく感動的なメッセージ、心から感謝申し上げます。
これからも沢山の方と楽しくつながり、感動を共有出来るよう
私も引き続き微力ながらお手伝い出来たらと思います。

このブログではハイドシェックの様々な情報をカテゴリー別にまとめてあります。
この記事の下、もしくはブログのサイド部分(PCで見る場合)でお時間ある時にでもまた読んで頂ければと思います。



**ブログ内ハイドシェック情報**

[PR]

# by moncheminparis | 2018-07-10 20:50 | ハイドシェック来日ツアー2018 | Comments(0)
2018年 06月 26日
いよいよ開幕、ハイドシェック来日公演
さて本日6月26日、エリック・ハイドシェックの来日公演が幕を開けます。
初日は、大阪。先日大きな地震があり影響が心配されましたが、無事に今日を迎えました。

公演詳細はこちらをどうぞ!↓

来日に合わせ、22日に発売開始されたばかりの新譜CD情報はこちら↓
最新録音盤! 巨匠が最後の到達点に選んだのはバッハ、82歳を迎える巨匠からのメッセージ ハイドシェック、バッハ~ベートーヴェン~バッハ



ハイドシェックは1週間ほど前から日本入りして、時差調整もバッチリ。
昨日、一昨日と行われたオケとの初リハーサルも順調だと聞いています。
(遠くパリで心配するしかない私に現地情報をくださる友人の皆様に感謝!)
また本人とも話をしましが、とにかく元気そして楽しそうー。
あんな良い声を聞くと、本当に嬉しくなります。

たくさんの方に82歳の今のハイドシェックを聴いていただきたい!
巨匠らしさと、フレッシュさを兼ね揃えた誰にもない唯一の世界。
きっときっと素敵な公演になることでしょう!

最後になりますが
モーツァルトのアンダンテに潜む哀愁と陰影(WEBぶらあぼ)
こちらの記事もお読みいただけるとさらに、公演への期待も膨らむのではと思います。


エリック、公演に向けて、トイトイトイ!!
(フランスで使う成功のおまじないのセリフ)
...実はもうちょっとすごいおまじない言葉もありますがここではちょっとアレなので控えます。。。(笑)


**ブログ内ハイドシェック情報**

[PR]

# by moncheminparis | 2018-06-26 01:57 | ハイドシェック来日ツアー2018 | Comments(0)
2018年 05月 30日
いまさらですが、ハイドシェック来日情報!遅くなってごめんなさい。
今更書いてももうみんな知ってるハイドシェックの来日ですが、、、
(6月26日~7月8日)

ちょっとだけ時間をさかのぼります。
去年の9月、そして今年の2月。
日本から指揮者の田部井剛さんがパリにいらっしゃいました。

c0086674_01000924.jpg



奥が田部井さん
手前がハイドシェック



















2人のマエストロ、2台ピアノでなにやら、ごにょごにょ。



そのごにょごにょが、今回の来日の核となります!
メインプログラムであるモーツァルトのピアノ協奏曲数曲をパリのハイドシェック自宅にて2台ピアノでリハーサル。
ちなみに2月の時点ですでに、2人の息はぴったり過ぎるほどぴったり。
お互いを尊敬し合うミュージシャン達の粋な会話って感じでとっても素敵でした。
日本では、田部井さんが弾かれたピアノがオーケストラで演奏され、そこにハイドシェック節が重なるわけですね。
特に今回は、ピアノ協奏曲の2楽章のみをセレクト、という非常にコアな内容。
ハイドシェックの弾く緩叙楽章、、、マジックな音色がこれでもかと溢れる魔法の世界になることでしょう。

c0086674_01022646.jpg



ところで。。。

ハイドシェックって、、、
自由奔放、気まぐれ、ちょっと変わってるピアニスト、
という肩書きを信じているみなさま。

ちょっと変わってる、、のはハイ、
その通りなのですが
(彼より面白いヒトはあまりいないと思う)


自由奔放、気まぐれ、については
この写真見てください。
びっちりと書き込まれたボロボロの楽譜。
今もまだなお、進化する楽譜です。
好き勝手やってるんじゃないです!
たった一度でもいいから、真実を掴みたい。
そんな音楽への姿勢。

気まぐれなんかじゃ説明付きませんね。


***************************************

と、いうわけで、ハイドシェック。来日間近です。
詳細に関しては、私よりずっと対応の早かった
をご参照いただきたいと思います。管理人の南部さん、ありがとうございました。
今回は大阪を初日に、前橋、東京、の3公演、+サントリーホールでの特別出演(7月7日)というスケジュール。
日本のみなさまに会えることを何より楽しみにしているハイドシェックです。
是非足をお運び下さい!



**ブログ内ハイドシェック情報**

[PR]

# by moncheminparis | 2018-05-30 19:00 | ハイドシェック来日ツアー2018 | Comments(2)
2018年 05月 29日
ハイドシェック新譜情報2018


c0086674_23525690.jpg















上の写真は、ハイドシェックの自宅で新譜の最終確認をしているところ。
日本からSAKURAレーベルの天沼さん、パリ郊外からPOLYMNIE社のデュランテルさん、
そしてハイドシェックと、、、、私。

と言うのも今回の録音、日本とフランスの両方での発売が決まっているのですが
ハイドシェックの来日に合わせてまずは日本で先行発売。(6月中旬)
それに伴い、CD内の曲目解説(ハイドシェックオリジナル)の全翻訳を担当しました。
日本のみなさまに、日本語で、ハイドシェックの面白解説をお届けします。
ただの解説、ではないですよ。面白解説104.pngです。ここ肝心。

ハイドシェックに出会い渡仏して今年で丸19年を迎えます。長い付き合いになってきました。
もちろん今でも師匠だと思っていますが、お互いにまぁ人生色々とありました(笑)、、、
今では家族のような、友達みたいな暖かい関係かな。
でも親しくても、私にはいつでも神々しい大きな存在。どんなに感謝しても足りない存在でもあります
今回翻訳という形で録音に協力出来たこと、本当に光栄に思います。少し恩返しできたかな。

録音の内容については、上のリンクからタワーレコードのHPで確認してみて下さい。
ハイドシェックもうすぐ82歳。入魂の、バッハ&ベートーヴェンです。


c0086674_00283745.jpg

















もはや私のフランスの実家、ハイドシェック家。
奥様のテーブルコーディネート、さすがです。


**ブログ内ハイドシェック情報**

[PR]

# by moncheminparis | 2018-05-29 00:03 | ハイドシェックの録音 | Comments(0)
2016年 04月 26日
Le clavecin bien tempéré de J.S. Bach
久しぶりに、ハイドシェックの新譜が発売されました。
POLYMNIEレーベルサイト(フランス語)


レーベル公式サイトからもまだ手に入らないようなレアモノですが
ハイドシェック本人より一足先に現物をプレゼントして頂いたので
プライヴェート写真にてみなさまにご紹介(笑)。



CDジャケット表紙
c0086674_20291653.jpg
写真は2013年の日本ツアーで撮影されたものです。
コンサートに行かれた方の中には、
あそこだ!ピン!と来る方もいる事でしょう。

独特の前傾姿勢での演奏の様子が
自然光の中で捉えられています。



CDジャケット
c0086674_203419.jpg
詳しい内容が掲載されています。
今回のプログラムは、
バッハ:平均律クラヴィーア曲集第2巻より、12曲抜粋

公式な曲順ではなく
ハイドシェック自らが選んだ調性感で
プログラムは進みます。

piano: Eric Heidsieck
prise de son et montage:Gérard Durantel




CDジャケット中開き
c0086674_2042214.jpg

CD1枚と、フランス語と一部日本語で曲目解説が入っています。


今回の録音はハイドシェックにとって特別な意味がありました。
あえてその詳しい内容はここには書きません。
実物を手にとって曲目解説を読んで、録音を聴いていただくのが一番です。
ハイドシェックのバッハは、他の誰とも違う!それだけここで名言しておきましょう。

今回、日本での発売予定もあるため、曲目解説の一部を私が日本語に翻訳しました。
この大切な録音に、ハイドシェックの名と共に私の名前もブックレットに入れて頂けたこと、それをとても大事にしたい。
この数年なかなか大変な思いをしてきたハイドシェックの言葉を私なりに心込めて翻訳したつもりです。
人生は時に荒波。戦って戦って、乗り越えてこその優しさをハイドシェックは持っています。素晴らしい人です。



【ちょっと番外編】
頑張ってバッハを一生懸命練習したご褒美に...(笑)なんちゃって。
c0086674_2055452.jpg


山盛りのフロマージュプレートに、ご満悦のハイドシェック。
フランス人はやっぱりチーズが大好き。
なんでも、現在フランス全土で1200種類以上も作られているそうです!

この日は、パリの老舗レストラン
Le Taillevent にて
ハイドシェック旧知のご友人の方と共にシックなディナーを味わいました。
普段着のお手軽カジュアルなパリもいいけど
時にはこうして本物も知っておくべきと感じたひとときでした。



**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2013
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音

[PR]

# by moncheminparis | 2016-04-26 21:22 | ハイドシェックの録音 | Comments(0)
2016年 02月 22日
Des musiciens dans la guerre
昨日から二週間の冬休みに入りました。
ちょうど良いタイミングで音楽院の同僚たちが我が家の近所でコンサートをすると言うので、
友人と誘い合わせて聴きに行ってきました。

c0086674_2016225.jpg

Des musiciens dans la guerre
戦争と音楽家達



チェロのLaurence(中央)とクラリネットのEmmanuelle(左端)が私の同僚です。




テーマは第一次世界大戦下のフランス音楽家たち。
同時の手紙や、映像、写真などを美しい歌曲や室内楽などと共に当時の様子を振り返ります。


戦争というテーマは今、特にデリケート。避けて通りたいような気がしなくもない。
あまりにも暗いコンサートだったらどうしよう?なんて思ったのも正直な気持ち。

美しいフランス音楽に、戦争を重ね合わせてみたことなど私は一度もありませんでした。
ラヴェルや、サン=サーンスなどが、戦争を支持し自らも戦場に向かったり、
自らの音楽でプロパガンダに参加するような同時の情勢を私は全然意識していなかったので
今同じような状況になったら私達音楽家はどうなるのだろうか、、なんて
ちょっと生々しく考えてしまったりしました。

音楽の持つ力を、主旨に反して戦争に利用されると言う状況は避けたいものですが。。


こちらに住むようになってから、遠くに感じていたユダヤ人迫害の歴史や
フランスのレジスタンスの存在などを、とても身近に感じることがあります。
ボクの私の家族が、、、収容所で亡くなったんだ。地下に篭って命からがらレジスタンスをしたんだ。
家族の歴史を語れない事情を持っている方も多くいます。許されない関係で生まれた子供たち。
そんな話を聞くたびに、起こったことはつい最近の話なのだと思うし、
たくさんの犠牲者が出たのに、その報いなく今も不幸の連鎖が止まらないと思うと悲しい。


c0086674_20371840.jpg

Mon violon m'a sauvé la vie
(Destins de musiciens dans la Grande Guerre)







この本を元にコンサートの雛形を作ったと聞いたので入手してみようかな、、、
最近は怖いのと落ち込みたくないの両方で
すっかりニュースを見られなくなった臆病者の私ですが、無関心も罪です。

[PR]

# by moncheminparis | 2016-02-22 20:48 | 日々のこと… d'habitude | Comments(0)
2016年 02月 15日
Cabu au Japon
また気ままにブログを再開したいと思います。
ついでにちょっとあちこちリニューアル。
名前も改名。【はるみのパリ通信】へ生まれ変わりました。

******

ブログを書かなかった間にパリでは残念ながらもう一度大きなテロが起こりました。
今やヨーロッパ全体が、テロありきな日常となっています。
どこで何が起きてもおかしくない。


さて、今日は楽しみにしていたモノが届きました。
c0086674_5382131.jpg


Cabu au Japon 
1993年発刊


Cabuは昨年シャルリエブド襲撃テロの際に犠牲になったイラストレーターの一人。
福島の原発関連でギリギリの風刺画を書いたため、日本では賛否両論かと思います。
放射能を浴び腕の数が増えたお相撲さんが、、、的なジョーク。
こういうギリギリでキツーイのは、フランス人は大好きなんです。
私も実際に職場で同じタイプのジョークを飛ばされ、なんにもおかしくないっ!と本気で怒ったら冗談なのに、、、って。
(大き目のオレンジを食べていたら、それ福島産?って言われました。しょーもないジョークです。)
問題を真面目に取り上げたって誰も聞きはしない、ジョークこそが問題定義のきっかけとなるのだ。
だそうです。日本とはかなり考え方が違いますね。


このCabu au Japonもギリギリっぽいのが多くありそうです(笑)。


c0086674_5562245.jpg

何故日本人はナショナリストなの?
何故日本人は移民を嫌うの?
何故ブティックのマネキンはみんな金髪なの?



うっ。
日本旅行から戻ったCabuの鋭い視点が次々と。

この本、フランスでは高く評価されていて
実はシャルリエブド直後に一度購入を試みたのですが
なんと発送後紛失。あの時期でしたので、盗まれたのではないかと私は思っています。
オークションでかなりの値段で取引されていたのを後から知りました。


最近になって思い出しまたトライしてみたら、それほど高くない値段で中古が手に入りました。
Cabuへのオマージュとして、彼の見た日本を興味深く読みたいと思っています。



**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2013
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音

[PR]

# by moncheminparis | 2016-02-15 22:30 | パリ日常 | Comments(0)
2015年 02月 09日
祈り Prière .....
c0086674_344663.jpg










憎むは人の業にあらず。
この言葉を暖め続けたい。





**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2013
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音
[PR]

# by moncheminparis | 2015-02-09 03:47 | 日々のこと… d'habitude | Comments(0)
2015年 02月 03日
ある生徒のこと 
9月の新学期から私は以前から勤務を勤めているコンセルヴァトワールにて
新しいクラスのピアノ講師へ選任されました。

新たな出発と共に、私に1つ、課題が課されました。
「自閉症の子供を教えてもらえないか」

勤務先ではなるべく積極的に障害のある人たちにも音楽を学んでもらおうと
数年前から少しずつではありますが、環境を整え受け入れの準備をしてきました。
何故私に白羽の矢が立ったのか。私よりもっと経験のある講師もいるのです。

何をもって判断されたのか私には分かるような、分からないような
自分でも自問自答し、何となく出来るような、出来ないような。
言葉の壁はあまり、気になりませんでしたが
少し心配したのは、その生徒は「難しいタイプ」の子供で、
相手を試すようなところがあると聞いた時でしょうか。

私がたった一人でその生徒を見るのではなく
障害者専門の先生のサポートもあり、無理ならやめてもいい、
という条件で、とにかくまずは受け持ってみることに。
サポートの先生と、ノート交換して情報を共有することにもなりました。

もともと私は、初めての経験に恐怖を感じないお気楽人間です。
やってみないとわからない、実践あるのみで今までやってきました。
自閉症について少し調べたり、周りに話を聞いたりして、少しだけ初めてのレッスンの準備をしました。

初めて現れた彼は10歳の男の子。お母さんと一緒にやってきました。
目を全く合わせません。落ち着きがない。私の話が伝わったかどうかの判断が出来ない。
音符を読むのは難しすぎて出来ない。なんでも耳で覚えてしまおうとします。
レッスンは30分。手ごたえと言うものは感じないまま1回目のレッスンは終わりました。

2回目は、お父さんと。
お父さんはレッスン室に入りません。
入ってもらおうかと一瞬迷いました。
でも、2人きりだとこの子はどうなるのか、興味があったのでそのまま進行。
案の定言う事は聞かず、好き勝手にピアノを弾こうとします。信じられない大きな音で。
私は言いました。そんな大きな音は好きではない、と。
その時初めて、彼は私の目をちらっと見ました。
ピアノを乱暴に扱わないで、私の友達だから、優しく接して欲しいともう一度頼みました。

その日は、それ以降乱暴な音は出さなくなりました。
でも2人きりのレッスンは、何かを教えるという事は出来ないまま終了。
あまりにも集中力がないので、静めて待つ、その繰り返し。
後で聞けば、何でもその日の午前中にワクチン接種をして、腕が痛かったことから
自分の感情コントロールが出来なくなり、その波を午後も引きずったのではないかという話でしたが。。

私に出来ることって何ナノかなーーーーと正直、2回目にして自信がなくなる。


3回目のレッスン。
ボンジュールハルミ、と名前を初めて呼ばれました。
前回のレッスン終了時、レッスン室に入るときには挨拶してね、そして静かに入ってねと約束。
ちゃんとそれが出来た。その日の彼は落ち着いていて、やっとレッスンらしき雰囲気に。
わかるかな?こうでしょ?話しかけると時々、私の顔を見るように。
苦手なことは少しずつ分けて教える。今回ダメなら次回に持ち越す。
出来たことを心から褒める。笑顔が見えるようになりました。
間違ってもいいよと伝える。
少しだけ自由に好きな曲を弾かせる時間を持たせることも始めました。

レッスンの方向性が少し見えてきたのがこの頃。


その後現在も進行中。


最近は彼の笑顔がますますいい感じです。
忍耐強さのようなものが、少しずつ育っているような印象もあります。


調子が良ければ、自ら少しだけ音符を読んだり、伴奏を見つけたり、リズムを作ったり。
上手くできたら、私と拳をあわせて「チェキ!」ってするのが最近の約束です。
浮き沈みはあります。ダメな日はダメ。そう言う日は、静まるのを待ちます。
寄り添って様子を見つつ指導する。関係を少しずつ築く。

私は障害者に対して、専門でもなく知識もありませんので
何が正しく、何が間違っているのかはわからないのです。
学長に「どう?」と聞かれても、「私には判断が出来ない」としか答えられません。

彼の両親と話す雰囲気では、多分、、、、相性は悪くはないのかもしれないのですが
レッスンとしてのクオリティーは私は正直、未だに全く、自信がありません。
1つだけ言えるとしたら、彼はすごく努力してくれていると感じています。



コンセルヴァトワールでは1年を2回に分けて成績付けをするのですが
前期の評価を書き終えて、まずはここらで一区切り。


続く、、、、



**ブログ内ハイドシェック情報**
ハイドシェック来日ツアー2013
ハイドシェック来日ツアー2011
ハイドシェック来日ツアー2009
ハイドシェック来日ツアー2008
ハイドシェック来日ツアー2007
ハイドシェック au Japon
ハイドシェック en France
ハイドシェックの録音
*****************************************************
[PR]

# by moncheminparis | 2015-02-03 14:41 | ピアノ piano | Comments(0)