人気ブログランキング |
2008年 11月 06日
おいも~
最近の発見。
「いもや」で買うじゃがいもは味が、違う!うま!多分栄養価も…違うような。
長くフランスに住んでいて、しかも私は「イモ系」大好きなのに今まで知らなかったなんて、とっても損した気分。

私の言う「いもや」とはマルシェの「芋スタンド」。
芋、専門のマルシェ。
フランス人ってドイツ人に比べたら負けるかもしれないけど
じゃがいもの消費量がとっても多いらしいです。

しかも、じゃがいもの種類が沢山あることも最近発見。
ソテー用、ピュレー用、フリット(ポテトフライ)用、などなど。
週末のマルシェで、私が最近通っている「いもや」のムッシューに教わりました。

「ソテー用でもね、こっちの方が実が引き締まっててうまいんだよ。」とか。
「こっちのは火を通すとすぐにくずれちゃうけどピュレにするとうまいよ。」とか。
「こっちのは、食感がねっとりしてるよ。」とか。
と、鼻をふくらまして説明するムッシュー。。


で、最近入手したじゃがいもさんたち。。

c0086674_17182911.jpg


「実が引き締まってる」メークインタイプ(白っぽい方)



「黒いイモ…」


「この真っ黒なイモは何??」と聞いたら、
(光の具合で真っ黒に見えた、でも本当は紫色です)
「Vitelotte って種類だよ、古い種類のイモ。栗の味がするよ。」、ですって。

栗の味。。
なんだか興味あり、という訳でこちらも入手。


メークインタイプのは、皮ごとレンジでチンしてからソテー。
もしくは、おなべに生のまま少量の水とオリーブ油とバターとにんにくを入れて茹で揚げ風に。
水っぽさが全くなくて、も~っちり。味が、濃い。


Vitelotteは、なんだか野生的な面持ちなのであくが強いかもと思い、皮は剥き
やはりレンジでチンしてからソテー。
チン♪後の様子。中まで濃い紫色なんです~。
c0086674_1719762.jpg


栗の味、と言ったムッシューの意見は
なるほど、という感じ。
味が、というより食感が、栗。
とってもぽっくぽく、なんです。
間違ってもピュレには出来ないって感じ。
つぶれません。



私が思うに…Vitelotteは、とても古い種類のじゃがいもなので
多分、普通のイモよりあくが強いかも。少なくとも私は、そう感じました。
だから、レンジでチン♪じゃなくて、お鍋で茹でてからソテーの方がいいかもしれない。
そして、野生的なお味なのでクリームなどを足すとマイルドになって食べやすい。
もうちょっと研究してみたい、味でした。


c0086674_17193863.jpg
ピュレにするなら、これ!
とのアドヴァイスで入手したじゃが。


これは、そうそう。
まるで男爵イモ!
ピュレもいいけど
ただレンジでチンして(こればっかり)
じゃがバターで食べるのが最高にうまし。
でんぷんが多く、甘~~い。

まだやっていないけれど
ピュレも、もちろん絶品でしょうね。



マルシェにいくたびに、フランスは豊かな農業国なのだなと実感。
フランスの野菜たちはが味が濃く、滋味をしみじみ感じます。
しかも実りの秋…食欲の秋…ですからね~。
最近のマルシェ、主役はやっぱりきのこ、でしょうか。
きのこはちょっと高めなので、なかなか気軽には手が出ませんが。
あとは、栗やいちじくなど、ぶどうも美味しいし、梨やりんごなども美味しい季節です。


食べ過ぎて成長しないようにしないと!
さっ、練習、練習!
読書の秋、学問の秋…(←自分に言い聞かせ中)

*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif

by moncheminparis | 2008-11-06 19:19 | 食べもの miam-miam...


<< 甘~いシャワージェル?      ふらんすおんなの茶は濁らない >>