2009年 06月 15日
パリ…本当に花の街?
*現在エッフェル塔はお化粧直し中です*
c0086674_20575893.jpg


お昼の国営放送ニュース(France2)で
日本人ボランティアによるエッフェル塔でのゴミひろいの様子が流れました。
この動き、確か4月頃から行われていると思うのですが国営放送でニュースになったのは初めて。

旅行者はパリを夢見て、どんなに素敵な街だろうとこの地を訪れるのですが
「パリはいつ見てもいつ来ても汚い」
残念ながら、パリの街はガッカリするほど不衛生で汚い場所が多いです。
みんなで使う公共の場、それを気を付けて使おうというモラルが大変薄い国、それがフランス。
どんなにパリの清掃人が毎日掃除をしても、追いつきません。
もともと汚いから益々「まーいっか」の悪循環を生んでいるかもしれない。

このニュース、たまたまテレビで見ていたニコラは大変ショックを受けたようです。
一言彼から出た言葉は「恥ずかしい」でした。
自分の国を他国の人間に掃除される様子はかなりショックだったようで。
パリは汚い、それはよく判っている、でも動き出したのはフランス人ではない、という事実。

うんうん。その気持ち、いいね!
ニコラのそういう気持ちは素直で正しいと思います。逆なら私だってそう思うだろうと想像するし。
何も参加していない私は偉そうに言える身分ではありませんが
次回の活動があるのなら、参加したいなと思った私たちでした。
ニュースでは見ているだけに耐えられなくなったフランス人参加者もいたり(笑)
プライド(ただの傲慢?)高く「いいんじゃない?でもそんな事して何になるの?」とふんぞり返るフランス人(そういう人もいる)
などなど。色々な人々の反応を放送していました。

この活動。沢山の事を考えさせられる活動だと思うので私は賛成派です!

*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif

by moncheminparis | 2009-06-15 13:48 | パリ風景 Paris | Comments(6)
Commented by junq at 2009-06-15 22:59 x
chachat さん。こんばんわ。
ゴミひろいは、もしかして、グリーンバードというヒトたちでは?
あのヒトたち(中心人物)は、渋谷の宮下公園をナイキに売って、ナイキ公園にしようしているヒトなんですよ~。
なかには、ほんとうにゴミを拾ってサッパリしたいと思っている善意のボランティアも多いことでしょう。
でも、渋谷区民の憩いの場を企業に売りつけるなんて最低じゃあないですか?ゴミ拾い隊の8割は、心の優しいボランティアなのでしょうが…
Commented by Takeo at 2009-06-15 23:05 x
タバコのポイ捨てをする仏人の意見は、「失業率を下げている」ということらしいです。 そういう本人も失業手当受理中だったりして、、、というのがよくあります。
僕も会社の前の中庭を掃除しています。
Commented by あき at 2009-06-16 07:56 x
フランス人って(と言っても一部なんでしょうけど)自分たちが街にゴミを捨てないと、清掃員の仕事を奪うことになるから、とか言うんですよね。
水で流せばいいだけだから道に捨てるとか。
本当に公共の場所が汚いのはイメージ悪いですよね。
Commented by chachat at 2009-06-16 22:55 x
★junqさん
おっと~~~単純に「いいね!」と思ったところに貴重な情報。

そう、まさに団体の名前はグリーンバードでしたよ。

私はニュースを見て、なんでもポイポイとゴミを捨てる側に改めて怒りを覚えたのと、
こういう気持ちは広がるべき、基本は「みんなのものだからみんなで使う」
というモラルを高めて
その先には自分たちは「地球に生かされている」、という意識が高まればいいのになと思ったんですが、
バックになるのがそんな団体だと思うと興ざめですね。
ニュースになったのは、単なる宣伝効果を狙ったのかなと思うし。ガッカリ。

でも「ゴミは決められた場所に捨てましょう」というモラルは大事なので
そこはこんな風にニュースにならずとも忘れたくない精神ですね。
Commented by chachat at 2009-06-16 22:59 x
★Takeoさん
こちらでも改めて「赤ちゃん誕生おめでとうございます♪」
タケオさんのコメントはまさに、フランス人の「いいわけ上手」を絵に描いてますね~。さすが。
私の師匠であるハイドシェックは昔、自宅の近くの小さな広場が
あまりにもゴミにあふれ悲惨な状態だったので毎日せっせと清掃を始めたんだそうです。
そうしているうちにパリの清掃員と仲良くなったりして(笑)、頑張ってキレイにした結果
現在とってもチャーミングで静かな憩いの場になっています。
junqさんのコメントを見て思ったんですが、
本来はこういう活動は誰にも言われる事なく
ひそやかに行われるべきかもしれませんね。
Commented by chachat at 2009-06-16 23:03 x
★あきさん
こんにちは。
一部、とは言え日常的に良く見かけるタバコのポイ捨て。
何だと思ってんだっていつも本当に腹が立ちます。
清掃員が掃除をしても追いつかない、という現実は彼らのせい。
やはり捨てる側に大きな間違いがあります。
例えば犬の糞とか、罰金制度にしないと片付けないというモラル。
許せない。
水に流せばゼロ、ではなくその水は汚染され自分に戻ってくるんですからね。


<< ショパン 7月号にハイドシェック登場      基本が大事、ということ >>