2010年 05月 14日
難解SMS
昨日のブログで「相変わらず寒いパリ」と書いたのですが
つい10日前は「夏みたいに暑い」と書いている記事を発見したので、ここで訂正。
春になったと期待させられたけどそうは問屋は卸さないパリ、からコンニチハ。
日中10度切る気温が普通です。季節感まるでなし。


最近、悩まされるのが携帯のSMS(ショートメッセージ)。
ここフランスでは、まだまだ携帯同士の直接メッセージが主流。
最近の若者は独特のSMS語に影響され、フランス語の書き取りが弱い、などと言う声もあるそうです。
SMSを1日に一度も打たない日はあるのか、という程の便利ツールなので
なるべく早くメッセージを打つため、独特の省略語がたくさん生まれ続けているのが問題だ、とか。


例:

Bonjour → Bjr こんにちは
Toujours → Tjs  常に
Beaucoup → Boku , Bcp たくさん
Pour → Pr ~のための
J'espère que... → Jspr ke... ...を望む(英語で言う I hope That) 
Quoi → Koi 何
Vous → Vs あなた、あなた達
Nous → Ns わたし達
Coucou → CC  クックー!(親しい同士呼び合うときに使う)


などなど。
今ざっと自分の携帯を見ただけなので、もっと沢山あります。
フランス語って発音の割りにつづりが長い。
だから、SMSを丁寧に Merci Beaucoup などと書いていると面倒なんです。
私ももちろん、省略語は愛用してます。早く書けるし、友達同士だったら全然OKだと思う。
でもあまり多様しない方が無難ですけどね。相手との関係によりけり。


この間生徒の親から届いたSMSは、しばらく悩みました。。

c0086674_19592722.jpg



ナンダロウ、コノ Cdt ッテ????

ちょっと悩んで、ニコラにも聞いて、見つけた答え。
それは Cordialement!!
文章の最後に形式的に書く言葉、日本で言う「かしこ」みたいな感じかしら。
形式と言えども本来は、丁寧な印象を残すための言葉じゃなかったか???
それを、省略か!と、ちょっとだけ複雑な気持ち。
手紙じゃないし、SMSだし、とりあえず、みたいな気持ちが丸見えで私は不快でした。

ニコラなんて
「こんなSMSが届くなんて、キミはみんなにフランス人のようだと認められてる証拠だ」なんて言うんです。
キミおかしくないか、その解釈。
大体、フランス人のようだと認められても嬉しくない。


打ち間違いSMSも非常に多いので、気をつけて欲しいわ、と思う今日この頃。
意味が分からないんですけど、って返すものね。何か気が引けるし。



最近の意味不明チャンピオン。

Bonjour de préférence non à la semaine suivant.


ちなみに、ニコラは「これはフランス語ではない」と言いました。
正しくは

Bonjour, de Préférence, non. A la semaine prochaine.

(今週はレッスンをするのかとの私の問いに)
「コンニチハ、出来れば、今週はなしで。また来週お会いしましょう。」

だと思われる…



*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif

by moncheminparis | 2010-05-14 13:32 | フランス語 francais | Comments(2)
Commented by EYASUKO at 2010-05-15 09:41 x
おはようございます♪
やっと5月らしくなった日本です。
短縮ことばは、日本でも同じようですよ。
これ、わかります?
KY  HK  AM  FK  mjk kwsk などなど
それぞれ、
空気読めない(日本の元首相がこういって揶揄されて有名です)
話はかわるけれど
後でまたね
ファンデーション濃いね
マジか?
詳しく
KY語と呼ばれているそうです。
なんで、日本語をローマ字表記で短縮するの?って、わたし的には思ってしまいますが---。
原因はテレヴィとネット
若者の精神構造はどこも一緒、と言うことなのか、時代の速さを実感して短縮が起きるのか、興味深いしかし、困った現象です。
Commented by chachat at 2010-05-16 18:22 x
★EYASUKOさん
こんにちは!
日本語でも同じような「子音」ばかりの短縮言葉があるのですか!
言葉遊びの感覚で、わきまえて使う分には問題がないと思うのですが
多様すると品位が下がりますよね。気をつけたほうが良いと思います。
社会でもプライヴェートでも、どこでもキッチリだった時代から
今はだんだん思想や文化が多様化してきていると思うので
言葉も、良い意味で、使い分けていきたいものです。
フランスでもSMS語に眉をひそめる人が多いですよ。
いいじゃん!という人と両方います。
両方の意見がある事はいい事だと思います。
柔軟でありたいけれど、言葉の美しさも、やはり忘れたくありませんしね。


<< のんびり金管組      時には変化 >>