人気ブログランキング |
2010年 07月 23日
大きな岩のふもと村 
ドルドーニュ地方にははるか昔から存在するお~~~~~きな岩がたっくさんあります。
洞窟もいっぱい。有名なラスコー洞窟もこの地方です。クロマニョン人…とか。聞いたことありませんか?
学校で歴史を習った頃、私が大好きだった時代です。クロマニョンと聞いてすごく興奮してしまった!
はるかかなたの大昔、彼らも洞窟の壁に牛や馬、彼らの生活を表現する絵を描いたというのはロマンを感じさせます。

雄大さを求めて。
ニコラ希望の村、Roque-Gageacに到着。(ロック・ギャジュアック)
ここでしたいことは、パノラマを見ることと船に乗ってクルージング。プラス村の内部も観光。


ここで私からカメラを奪い取った、ニコラによる写真たちをごしょーかい。


c0086674_18552087.jpg


こんな感じの船にのって風を感じながら快適クルージング(解説付)。きぶんはヴァカンスそのもの。
パノラマで見ると遠くて分かりづらいかな?写真だとスケールって伝わりにくいですね。
ここは岩のふもとに階段状に発展した村、地震の多い日本では考えられない風景かも。
岩が劣化して、家の上に落下する事もあるそうなので、やはり危険と隣り合わせ。怖い!
時々検査して、弱い部分を補強するようです。工事している部分もいくつかあり。

c0086674_19028100.jpg


左上の写真、岩の色が一部違う部分は、ずいぶん前に岩が落下した箇所だそうです。
それでもここに住むってどうなの?と思ってしまう私。怖くないのか?
右上の写真は現在はホテルに改装された、元個人のお城。
向こう岸のパノラマがこれまたすばらしく、かなり人気のホテルだそう。


c0086674_195512.jpg


クルージングの折り返し地点でまた素敵なパノラマ。
こういうのを見ると、恐れ入りました!という気分。
その隣は悠々と飛び回るタカ。たくさんいて、ニコラはまるで野鳥研究家の様に一生懸命観察(笑)。
あの伸びやかな飛行スタイルにあこがれるようです。。。


c0086674_1911128.jpg


クルージングの後、村の内部へ観光。
どこも階段状で、なかなかハードであります。
ここに住むのは大変そうです。。
岩の一部を使ったこのような家がたくさんあり。
よくここでくつろげるなあ。。。と思ってしまう私は小心者でしょうか。
家と岩のつなぎ目の部分って、どうやって作るんでしょうね。

c0086674_19133775.jpg


だいぶ上まで上りました。
ふと振り返ったらこんな眺めの大プレゼント。
上った甲斐アリ!という風景で感動♪


ヴァカンス日記もうちょっと続きます。。。



*****************************************************

音楽ブログランキング
応援クリック、シルヴプレ060.gif

by moncheminparis | 2010-07-23 12:43 | 旅 voyage


<< ひんやり不思議の祈り空間      Plus Beaux Vill... >>