2007年 07月 31日
ロウソクの灯
c0086674_4414457.jpg
私のピアノの上の小さなスペース。
大切にしているショパンの手形の石膏などなど。


夏だと言うのにパリは毎日なんだか涼しい毎日。
今日はお天気は良かったのですが、日が落ちた後は寒くって。
何となく暖まりたくなって、こんな風にロウソクを灯してみました。
時々焚く、アロマオイルと共に…。
私のお気に入りの香りは「Thé Noir」(英語だとブラックティー、かな?)
優しく、ちょっと甘い香り。癒し系の香りで落ち着きます。


今日は午後ピアニストの友人がリハーサルをしにやって来ました。
彼女はフランスで結婚して、キャリアを積み始めている頑張り屋さん。
演奏を聴いて、私も頑張ろうって思いました。
こうして、時々お互いに刺激を受け合う仲間がいるのは、幸せなことです。

リハーサル後はティータイム。
気楽なおしゃべりに花が咲いて。
日本語で、言葉に不自由なく話せるって幸せ。
私も彼女も、フランス語は不自由なく話せるのですが
それでも、日本人同士のこの気楽さ…やはり母国語は違います。
2人とも時々、ヘンテコな日本語になっちゃうけど(笑)
正しい日本語、忘れないようにしないとね!

今日はちょっと脱力系の、ブログでした♪
[PR]

by moncheminparis | 2007-07-31 22:27 | 日々のこと… d'habitude | Comments(8)
Commented by ゆめこ at 2007-08-02 00:25 x
私も昨日のこと書こうと思って矢先!ブログ読んでまたまたびっくり。
久々にピアノ聴いてもらって、緊張したけれど、いいアドバイス為になったよ。メルシー!!
またいつかよろしく・・・
Commented by のぶりん at 2007-08-02 01:23 x
アルフレッド・コルトーの著作『ショパン』を読んだことがあるのですが(もちろん邦訳です・笑)、その中に上のショパンの手形が写真で出ていました。「そのものと同じものなのかなあ……?」と一瞬悩んでしまいました。世紀の天才ピアニスト、アルフレッド・コルトーはショパンの孫弟子に当たりますからね。
Commented by chachat at 2007-08-02 06:31 x
★ゆめこりん
コンサートの成功を祈ってるよ~。
そしてその後はゆっくり休んでね。
また、会おう!今荷物の真っ最中(笑)です~。
Commented by chachat at 2007-08-02 06:35 x
★のぶりんさん
私の持っているのは、ジョルジュ・サンドの別荘、通称「ノアンの館」と呼ばれるところで購入したものです。
おそらく、この石膏自体は数多く生産されているはずなので
(購入したときも、値段にかなりいろんな幅がありました)
どれを持って本物と呼ぶのか…私にはわからないのですが
多分、コルトーの持っていたものと石工の型は一緒なのではないかと思います。
指先がする~っと細くて女性的な、しなやかそうな手首が印象的な手です。
ショパンの音色への想像力を掻き立てられます♪
Commented by EYASUKO at 2007-08-03 00:19 x
こんばんわ♪
日本はまた台風がきています。
ショパンの手があるなんて、さすがピアニストのお部屋。
今日は、熱海のMOAで、お能を見てきました。おもしろかったです。伝統芸能というものも、よいものですね。
こちらへはいつお戻りですか?
Commented by chachat at 2007-08-05 08:55 x
★EYASUKOさん
こんにちは♪
「ショパンの手」を手に入れたときは嬉しかったです。
女性の手かと間違うほどの繊細な手です…。
そこから、ショパンの音楽性へと想像力が広がっていきます。

さわやかなパリから再び暑い日本へ戻ってきました。
またブログ更新していきますね♪
Commented by エスプレ at 2007-08-05 21:48 x
こんばんは

「ショパンの手」が生産されているのを知りびっくりです。
欲しくなります。

日本に戻っているんですかあ~。
この暑さなので体調にお気を付け下さい。

Commented by chachat at 2007-08-06 10:31 x
★エスプレさん
ショパンの手は私もずっと前から欲しかったので
ノアンの館で見つけたときは嬉しかったです。
ポーランドでもきっと手に入るのでしょうね♪

日本は…暑いですね(>_<)
辛いです~~。


<< 暑…、セミ…、あぁ日本の夏。      風土の違いに思うこと。 >>