2007年 09月 28日
フランスピアニスト列伝 pianistes français....
美味しいパン~♪とか言って浮かれてるとこういう事になります…。
ハイ(>_<) パン切りナイフって怖い!
大事な手をザックリ…行きました。

こんな時は、何しよう。
まず、元気出そうな音楽を聴く。

今私のバックには大音量で
ブレンデルの演奏する「ベートーヴェン:エロイカ変奏曲」が流れています。
そう言えば前にこの曲弾いた時はまだひよっこで…自分で言うのもなんだけど、支離滅裂な演奏しました。
またいつか、再挑戦します。必ず。

さて。

今日は前から調べたかったフランスのピアニストたちについて。
一度ハイドシェックから遡ってみたかった。
きっかけは、ブログに時々コメントくださる方より、ある資料を頂いたこと。

これ↓
c0086674_17155230.jpg
「音楽の友 10月号」より
実は10月号にはハイドシェックが登場。
コルトーについて語った記事が掲載されています。
(内容はムジカノーヴァ5月号と重複していますが)



このピアニスト列伝の大木の根元は、この人。

c0086674_17284026.jpg
ピエール・ジンメルマン
(Pierre Zimmermann 1785-1855)

パリ国立高等音楽院(以下、「パリ音」と略します)ピアノ科主任で、
セザール・フランクやジョルジュ・ビゼーなどを育てた人。



このジンメルマンがパリ音の教授を退任する時、次期教授に本当は大本命がいたのに
上手い事やって(笑)横入り?したのがこの人。

c0086674_17352728.jpg
アントワーヌ・フランソワ・マルモンテル
(Antoine François Marmontel 1816-1898)

横入りしたものの(しつこい)、マルモンテルは教育者としてとても優秀であったので
非常に沢山の優秀な弟子を育てたようです。
(ガブリエル・ピエルネ、マルグリット・ロン、クロード・ドビュッシー、イサーク・アルベニス等)

あ、ちょっと話はそれますが、
現フランス大統領夫人のセシリアさんは、アルベニスの曾孫だそうです。
サルコジ就任式典では、アルベニスの曲が流れました。



そうそうたる弟子たちの中で、その後のフランスピアニズムに大きな影響を与えたのがこの人。

c0086674_1746980.jpg
ルイ・ジョセフ・ディエメール
(Louis Josephe Diémer 1843-1919)

この人はパリ音学生時代も、そして卒業後もピアニストとして高く評価された人で
サラサーテと演奏旅行をしたほどの実力の持ち主。
数々の作曲から曲を献呈され、また自身の教養の広さもずば抜けていたようで
編曲や楽譜校正など、幅広く活躍しています。
今でもディエメールの音源は手に入るそうなので、是非聴いてみたいです。


パリ音にて師マルモンテルの後任を務め、亡くなるまで後進の指導にあたったディエメール。
育てた弟子たちの面々が素晴しいです。
ロベール・カサドシュ、ラザール・レヴィ、イヴ・ナット、マルセル・シャンピ…。


この辺りの時代まで来ると、身近に感じるピアニストたちが沢山います。
そして、ディエメールの弟子としてここで登場するのがこの人。

c0086674_1812655.jpg
言わずと知れた、アルフレッド・コルトー
(Alfred Cortot 1877-1962)

もう説明は要らない位ですね。
ところでコルトーの写真って陰鬱なのばっかりで…。


コルトーはハイドシェック家に家庭教師としてピアノを教えに来ていたと聞いていますが
色んな意味で「怖い」先生だったようです。
ハイドシェックが忘れられない、と語るコルトーのレッスンは
「ピアノの前で演奏しないで楽譜を読むことを要求された。
どうしたらいいかわからなくてまごまごしていると、読みなさい…とただ静かに指示が出るのみ。
まだ子供だった自分は何を要求されているのか分からなかったが、
演技は通用しないだろうという事と、とても大事な事を要求されているようだと自覚だけはあった。
あれほど怖いレッスンはなかった」

…だそうです。
このレッスンは当時のハイドシェックが感じた通り、非常に深い意味、というか暗示的だと思います。
私も今、これをレッスンでやられたら…想像しただけで冷や汗が出ます。

さて、コルトーに才能を認められたハイドシェックは、パリ音に進学。
マルセル・シャンピ(Marcel Ciampi 1891-1980)のクラスに入ります。
c0086674_1818325.jpg

シャンピの門下には、ハイドシェックの他にもとても沢山の弟子がいるのですが
今私が思いつくのは、大活躍のジャン・マルク・ルイサダかな。



ところで、ハイドシェックはシャンピよりも
アシスタントだった、ブランシュ・バスクレ・ド・ゲラルディ(Blanche Bascourret de Guéraldi)
の話をよくします。(残念ながら映像はなし)
ハイドシェックのずんぐりした手を見て「おまえはベートーヴェン弾きだね!」と言った、まさに「運命のオンナ」(笑)
ハイドシェックのピアニズムにかなり大きな影響を与えた人だと思います。


少し話が展開しますが
c0086674_18272849.jpg
青柳いずみこさんの「ピアニストが見たピアニスト」によりますと、



c0086674_18291052.jpg
実はハイドシェックはシャンピではなく、
シューマンやシューベルト、ブラームスなどのロマン派作品を得意とする
イヴ・ナット(Yves Nat 1890-1956)に師事したかったと書かれています。
でも、コルトーとシャンピの関係から決まってしまったと。
この辺りは、門下生としてのしがらみから仕方がなかったと思います。

ところでイヴ・ナットってハンサム…きゃ(*^_^*)



コホン…。

そもそも、ジンメルマンよりさらに遡って大元を探していくと
そこにはショパンの名が登場するわけで、
フランスピアニズムと言うのは、奥が深くそして絶対的。

Le chemin de musique continue.......
音楽の道は続く・・・



音楽ブログランキング

[PR]

by moncheminparis | 2007-09-28 11:43 | ピアノ piano | Comments(11)
Commented by magnet at 2007-09-29 23:32 x
<chachat様>
こんばんは♪
フランスピアニスト列伝を眺めているとホント錚々たるメンバーですね。
こうした長い歴史と伝統の中で、フランスから多くの優秀なピアニストが生まれていますが、コルトーの貢献度がずば抜けている気がします。
chachatさんもこんな偉大な流れの中にいらっしゃるのかと考えると「凄い!」と思ってしまいます。
遠い未来にchachatさんの名前がこの列伝に加わって伝説のピアニストとして語り継がれるかも!
chachatさんゾッコンのイヴ・ナットは私も好きなピアニストなのですが、シューマンは最高です。

ところで、手のお怪我は大丈夫ですか?くれぐれもお大事に!
Commented by のぶりん at 2007-09-30 01:06 x
個人的にフランスで偉大なピアニストとして後世に名を残すのは、アルフレッド・コルトーとマルグリット・ロン、そしてエリック・ハイドシェックだと思います。

ロベール・カザドシュとか、マルセル・シャンピはディエメール門下なんですね。でもコルトーはやはりその中でも群を抜いた存在だと思います。第1次世界大戦以後のヨーロッパの楽壇ではコルトーは別格でしょう。なにせ『ニーベルングの指環』のパリ初演をしたのはコルトー本人なのですからね。それにコルトーは確かショパンの直弟子ドゥコンブの弟子だったはずですよね。ですからアルフレッド・コルトーはショパンの孫弟子に当たるわけですよね。
Commented by EYASUKO at 2007-09-30 08:47 x
おはようございます。
まあ!ピアニストの命の手をざっくり!大丈夫ですか?お大事にね。
家の栗の木が、さかんに実をつけています。去年ミラノでいただいた焼き栗を思い出しています。
パリでも、焼き栗売りがいますよね。秋が深まって行きますね。
リパッティ→コルトー→ハイドヘックと辿りついた私は、ひたすら「8才でコルトーに師事したハイドシェックって、すごい!」と思っていましたが、才能が在れば在ったで、ものすごいレッスンだったのですね。
お弟子さんとのセッションで、真剣勝負を挑むハイドシェックのルーツは、こんな体験からうまれているのでしょうか。
でも、コルトーの兄弟弟子は、すごいメンバーですね。この中で切磋琢磨したんですね。
Commented by chachat at 2007-10-01 19:05 x
★magnetさん
ADSLの調子が悪く、返事が遅くなりました。ごめんなさい。
私もこのそうそうたるフランスピアニスト列伝にぼやんと漂ってるだけじゃなくて、
しっかり受け継がなくては。意識を高く持たないといけませんね。
Commented by chachat at 2007-10-01 19:11 x
★のぶりんさん
お返事遅くなってごめんなさい。
家のネット環境の調子がすごく悪いです。
このピアニストたちの歴史を辿っていくと、ショパンに行き着くところが感動。
やはり、ヨーロッパにいる価値というのはこういう部分にあるなぁと改めて実感しています。
どこかよその国で生まれた音楽…という感覚では、たどり着けないもっと生々しい感覚が必要だといつも思うからです。
同じ街の同じ風景を、彼らも見たに違いないと思ったりする瞬間が私は本当に好きです。
Commented by chachat at 2007-10-01 19:13 x
★EYASUKOさん
上のお2人にも書きました。何だか家のADSLの調子がすごく不安定で…。
返事が遅くなってしまいました。ごめんなさい。
手の方はもうすっかり大丈夫です。ホント、気をつけないと。
パリも焼き栗の季節です。寒いです。秋ってもう終わってしまったのかな。
Commented by BB at 2007-10-02 01:09 x
>手の方はもうすっかり大丈夫です。
良かったです。おなかが空いてるのに足を停めさせてしまって、その後で もう どっちがパンでどっちが手だか分かんなくなっちゃったのかと思ってちょっぴり責任を感じてたとこです。(笑)
あのサヴァイヴァル島のお屋敷は、そもそもはアンブロワーズ・トマが建てたものらしいですよw その頃はビゼーとかも遊びにきてたかもね☆なんて言ってましたww もうね、どんだけ〜って感じですよね。
ADSLは途中で線に何かつまってるんじゃないんですか?
Commented by chachat at 2007-10-02 21:44 x
★BBさん
まーBBさんって想像力「だけ」は豊かなのね。。
ご心配してもらっただけ、感謝しておきます。

イリアックには、いつか行ってみたいですね、やっぱり。
写真や話しか聞いたことがないので、想像がどんどんふくらみます。
あ、「まともな」想像のほうね。
Commented by ya at 2010-11-28 03:14 x
こんにちは、はじめまして。2009年ころからこの記事に書かれているようなことに関心をもち、その研究をライフワークにしているものです。私もちょうど機会を得てパリで大学・研究生活を送っています。フランスのピアニズム、確かに調べていくと限りなく奥が深いです。日本の修士論文のテーマはジンメルマンとパリ音楽院についてでした。今年の春だったか、去年だったか、国立楽器のハイドシェーク氏の演奏会にも行きました。ハプニングもあって少々ひやりとしましたが、とても面白かったです。
さて、細かいことですが、ブログの内容についてコメントさせてください。ジンメルマンの没年は1855年ではなく53年です。それから、系譜図のところで、ロンはアントワーヌ・マルモンテルの弟子となっていますが、アントナン・マルモンテルの弟子だったと思います。アントワーヌにも習いに行こうとしたら、その日にアントワーヌ先生が亡くなったとかいう劇的なエピソードをロンの回想録かなにかで昔読んだ気がします(あいまいな記憶で済みません)。
Commented by ya at 2010-11-28 03:14 x
ともかく、ピアノ演奏史において非常に重要なフランス・ピアニズムの歴史についてあまり関心を持つ方が少ないのは非常に意外なことです。研究する人だってまだ決して多いとは言えません。鈴木さんのような視点をお持ちの演奏家の方がいらっしゃることを嬉しくおもいます。私は自分の研究のことは話して話が通じる人がほとんどおらず、ちょっとだけさみしいですから(笑)この記事を読んで、私も研究をもっと頑張らなくては、と思いました。
Commented by chachat at 2010-11-29 19:36 x
★yaさん
ヨーロッパに住んでいますと、日本にいた頃とは違って歴代の偉大な作曲家や演奏家の歴史を肌で感じる機会が多く、それだけでも日本を出てこちらで生活する価値があるなと思う事があります。フランスだけでなく、ヨーロッパはクラシック音楽の基盤でありすべての歴史が繋がっていますよね。奥の深さを身近に感じ、刺激を受ける日々です。
パリでご研究されているのですね、ご活躍お祈りしています。内容についてのアドバイスもありがとうございました♪


<< 心が戻る場所      Galerie Lafayet... >>