<   2018年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2018年 05月 30日
いまさらですが、ハイドシェック来日情報!遅くなってごめんなさい。
今更書いてももうみんな知ってるハイドシェックの来日ですが、、、
(6月26日~7月8日)

ちょっとだけ時間をさかのぼります。
去年の9月、そして今年の2月。
日本から指揮者の田部井剛さんがパリにいらっしゃいました。

c0086674_01000924.jpg



奥が田部井さん
手前がハイドシェック



















2人のマエストロ、2台ピアノでなにやら、ごにょごにょ。



そのごにょごにょが、今回の来日の核となります!
メインプログラムであるモーツァルトのピアノ協奏曲数曲をパリのハイドシェック自宅にて2台ピアノでリハーサル。
ちなみに2月の時点ですでに、2人の息はぴったり過ぎるほどぴったり。
お互いを尊敬し合うミュージシャン達の粋な会話って感じでとっても素敵でした。
日本では、田部井さんが弾かれたピアノがオーケストラで演奏され、そこにハイドシェック節が重なるわけですね。
特に今回は、ピアノ協奏曲の2楽章のみをセレクト、という非常にコアな内容。
ハイドシェックの弾く緩叙楽章、、、マジックな音色がこれでもかと溢れる魔法の世界になることでしょう。

c0086674_01022646.jpg



ところで。。。

ハイドシェックって、、、
自由奔放、気まぐれ、ちょっと変わってるピアニスト、
という肩書きを信じているみなさま。

ちょっと変わってる、、のはハイ、
その通りなのですが
(彼より面白いヒトはあまりいないと思う)


自由奔放、気まぐれ、については
この写真見てください。
びっちりと書き込まれたボロボロの楽譜。
今もまだなお、進化する楽譜です。
好き勝手やってるんじゃないです!
たった一度でもいいから、真実を掴みたい。
そんな音楽への姿勢。

気まぐれなんかじゃ説明付きませんね。


***************************************

と、いうわけで、ハイドシェック。来日間近です。
詳細に関しては、私よりずっと対応の早かった
をご参照いただきたいと思います。管理人の南部さん、ありがとうございました。
今回は大阪を初日に、前橋、東京、の3公演、+サントリーホールでの特別出演(7月7日)というスケジュール。
日本のみなさまに会えることを何より楽しみにしているハイドシェックです。
是非足をお運び下さい!



**ブログ内ハイドシェック情報**

[PR]

by moncheminparis | 2018-05-30 19:00 | ハイドシェック来日ツアー2018 | Comments(0)
2018年 05月 29日
ハイドシェック新譜情報2018


c0086674_23525690.jpg















上の写真は、ハイドシェックの自宅で新譜の最終確認をしているところ。
日本からSAKURAレーベルの天沼さん、パリ郊外からPOLYMNIE社のデュランテルさん、
そしてハイドシェックと、、、、私。

と言うのも今回の録音、日本とフランスの両方での発売が決まっているのですが
ハイドシェックの来日に合わせてまずは日本で先行発売。(6月中旬)
それに伴い、CD内の曲目解説(ハイドシェックオリジナル)の全翻訳を担当しました。
日本のみなさまに、日本語で、ハイドシェックの面白解説をお届けします。
ただの解説、ではないですよ。面白解説104.pngです。ここ肝心。

ハイドシェックに出会い渡仏して今年で丸19年を迎えます。長い付き合いになってきました。
もちろん今でも師匠だと思っていますが、お互いにまぁ人生色々とありました(笑)、、、
今では家族のような、友達みたいな暖かい関係かな。
でも親しくても、私にはいつでも神々しい大きな存在。どんなに感謝しても足りない存在でもあります
今回翻訳という形で録音に協力出来たこと、本当に光栄に思います。少し恩返しできたかな。

録音の内容については、上のリンクからタワーレコードのHPで確認してみて下さい。
ハイドシェックもうすぐ82歳。入魂の、バッハ&ベートーヴェンです。


c0086674_00283745.jpg

















もはや私のフランスの実家、ハイドシェック家。
奥様のテーブルコーディネート、さすがです。


**ブログ内ハイドシェック情報**

[PR]

by moncheminparis | 2018-05-29 00:03 | ハイドシェックの録音 | Comments(0)